ライジングランペイジ 発売

ライジングランペイジ発売決定(2019年4月13発売)


2019年04月13日(土)に

 

ブースターパック「RISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)」が発売されることが決定しました!

 

SPONSORED LINK

 

現在2018年12月17日現在では、まだパックの内容は判明しておりません。

 

2019年4月13日(土)

 

何が収録されるのか気になりますね…。

 

ちなみにRISINGの意味は「上る」とか「反乱」とか。RAMPAGEは「暴れまわること」。

 

「上りつつ(反乱して)暴れまわる」的な意味です。

 

なんだか昇竜拳的なものを連想できるネーミングですが、新しいドラゴン族テーマ来る?

 

いや、昇るだけだったら別に鳥獣族でも幻竜族でもいいなぁ。

SPONSORED LINK

 

(少なくとも岩石族ではなさそう)

 

でも自分の中でライジングと言えばこのカード。

 

《レッド・ライジング・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守1600
悪魔族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の「リゾネーター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、
自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

ランページと言えばこのモンスターなのですが、

《キメラテック・ランページ・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻2100/守1600
「サイバー・ドラゴン」モンスター×2体以上
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードが融合召喚に成功した時、
このカードの融合素材としたモンスターの数まで
フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから機械族・光属性モンスターを2体まで墓地へ送る。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、
この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

収録内容に関係があるとは思えないですね…。

 

まぁそんなRISING RAMPAGEですが公式によると

 

このブースターには、TVアニメ『遊☆戯☆王VRAINS』で活躍した最新カードや新たなる強力テーマシリーズが収録される予定だ。

引用元:Yu-Gi-Oh.jp

 

とのことです。(この言い回しはいつもの事か…)

 

※個人的にはアニメ遊戯王VRAINSのブラッドシェパードが使う【ドローン】モンスターの登場を期待していたりします。

 

という事で今のところは、続報を待ちましょう!

(収録カードリストや当たりカードについては後日掲載していこうと思います)

 

それよりも今は直近(2019年1月12日(土)発売)のDark NeoStormの収録内容が気になる…。

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿