手札誘発 一覧

手札誘発一覧【実用度順】【24選】


この記事では遊戯王の手札誘発モンスターを

 

採用優先度順に(管理人の主観を含みます)

 

かつ

 

網羅的に(ぬけがあったら教えてください)

 

紹介していこうと思います!

 

SPONSORED LINK

 

手札誘発一覧

手札誘発モンスターたちを紹介していこうと思いますが、以下の点にご注意ください。

 

・採用優先度順に紹介しておりますが、優先度は「その時の環境」や「自分が使用するデッキ」に寄りますので目安としてお考え下さい。

手札から発動できる罠カード(《タイフーン》《無限泡影》)を含みます。(《レッド・リブート》は除外しました)

 

それではどうぞ!

 

灰流うらら

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

 

<コメント>

効果は地味といえば地味ですが、なんといっても発動タイミングの広さがピカイチです。

 

無限泡影

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
セットされていたこのカードを発動した場合、
さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

 

<コメント>

ヴェーラーと比べて、自ターンに打てることに加え、セット時の効果も重宝する。《墓穴の指名者》を食らわないのも◎。

 

増殖するG

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

 

<コメント>

展開系キラー。

「Gさえもらわなければ勝ってた」

彼らはそう言い残して、静かに席を立った。

 

幻創龍ファンタズメイ

効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、
相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。
(2):自分フィールドのモンスターを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

<コメント>

リロード!耐性!ステータス!

 

発動できさえすれば、めちゃくちゃ強い!

 

ただ、《PSYフレームギア・γ》《無限泡影》とは相性が悪いので注意です‼

 

SPONSORED LINK

屋敷わらし

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果

 

<コメント>

対抗馬に《増殖するG》《スカル・マイスター》がいますが、このカードのポイントは「発動無効」であるという点。

これにより「ダメステに発動可能」である点で差別化できる。他には、長い間環境に居続けている【サンダー・ドラゴン】対策カードとして株が上がった1枚でもある。

 

エフェクト・ヴェーラー

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 

<コメント>

汎用手札誘発の元祖。幅広い環境で一定の能力を発揮する。性別は女性。

 

ドロール&ロックバード

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

<コメント>

この1枚でアドバンテージは稼げない(むしろ失う)ので投入するのに勇気のいるカード。

しかし、「他の誘発は貫通できたのにこの1枚で詰む」という状況も珍しくはない。

相手の《増殖するG》のドロー後に打てるのも忘れてはいけない。

 

幽鬼うさぎ

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、
またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、
自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する。

 

<コメント>

環境次第で評価が大きく分かれるカード。

相手のモンスターと魔法罠両方に触れるのは強いが、破壊してもそれほど効かないテーマには弱い。

 

原始生命態ニビル

効果モンスター
星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

<コメント>

対展開系に対して圧倒的な存在感。

この一枚で勝負がひっくり返ることもある。

ただ、サイドデッキに積まれやすいこのカードを警戒して2戦目以降は、

《召命の神弓-アポロウーサ》や《外神アザトート》を先に出したり、そもそも5体以上モンスターを場に出さない展開をされたりと、

ケアルートを踏まれることもある。

また、リリースするのは自分のフィールドのモンスターも含むので注意(自戒)

 

PSYフレームギア・γ

特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

<コメント>

発動できれば、破壊+無効なので2枚分くらいの威力を持った強力なカード。

ただ、発動条件が厳しいので、デッキを選ぶ。

相手のターンに使われると、出てきた2体をそのまま展開に使われるので、要注意。

 

スカル・マイスター

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

 

<コメント>

発動タイミングはそこまで広くないが環境次第では重宝する。

この手のカードにしては珍しく、悪くない攻撃力も持っている。

 

 

浮幽さくら

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードを手札から捨てて発動できる。
自分のEXデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。
その後、相手のEXデッキを確認し、
選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

<コメント>

その華奢な身体に似合わないどえらくゴツイ鎌を持ってらっしゃいますね。

【SPYRAL】など、特定のEXデッキのモンスターに依存して展開するデッキの首を取りに行きます。

 

ノーマテリア

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。

 

<コメント>

発動タイミングは「モンスターSS時」と若干限定的だが、展開系に対して発動できればそのターンの動きは大体とめられる。

現代のように高速化した環境では1ターン止められるのはそれだけでかなりでかい。

 

 

タイフーン

通常罠
相手フィールドに魔法・罠カードが2枚以上存在し、
自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

<コメント>

発動条件が若干シビアだが、先攻1ターン目にバックを割れるのは大きい。

ペンデュラムテーマ対策や《王宮の勅命》対策として重宝する。

 

SPONSORED LINK

 

D.D.クロウ

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):このカードを手札から墓地へ捨て、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

<コメント>

異次元からやってきた烏。

その汎用性は意外と広い。

 

アーディファクト-ロンギヌス

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):手札または自分フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。
この効果は相手ターンにのみ発動できる。

 

<コメント>

凄く…大きいです。

展開ルートに除外を経由する展開系デッキに対して有効。

相手の《墓穴の指名者》、《抹殺の指名者》に対して打てるのも強い。

 

 

古聖戴サウラヴィス

儀式・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2800
「精霊の祝福」により降臨。
(1):自分フィールドのモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、
フィールドのこのカードを持ち主の手札に戻して発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを除外する。

 

<コメント>

おじいちゃんドラゴン。

私はこのカードを入れるくらいだったら展開札を増やす方がいいと思うのだが…。どうなの?

 

ディメンション・アトラクター

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

<コメント>

手札から発動できるマクロコスモスと聞くと強そうだが、競合が多く、2ターン以降使いづらいのがやはり痛い。

 

儚無みずき

チューナー・効果モンスター
星3/水属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。このターン、以下の効果を適用する。
●相手がメインフェイズ及びバトルフェイズに効果モンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。

この効果で自分のLPが回復しなかった場合、エンドフェイズに自分のLPは半分になる。

 

<コメント>

悪用されると思っていたが、実際そうでもなかった。

でも悪用できると思う。

 

カオスハンター

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守1600
(1):相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、
このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はカードを除外できない。

 

<コメント>

手札を捨てたい系」のデッキであれば密かに強いと思っている。サイドにわんちゃん。

 

バトルフェーダー

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

 

<コメント>

2007年くらいの環境ではそれなりに見かけたが、

発動を無効にできるモンスター(《ヴァレルロード・S・ドラゴン》など)を出してから攻撃することが多くなったからか、

最近はほとんど見ない。

 

クリフォトン

効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から墓地へ送り、2000LPを払って発動できる。
このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
手札から「クリフォトン」以外の「フォトン」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

<コメント>

リソースを使い果たしてワンキルをしてくるデッキに対して有効。

【ガンドラ1キル】流行ったときにサイドに忍ばせてました。

 

応戦するG

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の
昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

 

<コメント>

対展開系デッキ(魔法でSSする展開ルートがある&除外で止まる)に対して有効。

範囲が狭いんじゃ…orz

 

 

エクストラ・ヴェーラー

効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻 600/守 200
相手がモンスターを特殊召喚した時、手札からこのカードを特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したターン、
相手のカードの効果によって発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。

 

<コメント>

対【ガンドラ1キル

それだけ。

SPONSORED LINK

 

手札誘発実用度の根拠(笑)

 

(笑)とある通り、確固たる根拠ではないのですが、

 

指標というか、

 

「どうやってこの順位にしたのか」

 

それが気になる方もいると思うので、掲載しておきます。

 

こちらです。

 

書いてある通り

 

(目安)

 

であり

 

(仮)

 

であり、同時に

 

(独断と偏見)

 

です。

 

特にエンディミオンはほとんど知識なくて…

 

まぁつまり…

 

くそクオリティwww

 

なわけです。

 

このクソさをどうにかしたいので、有識者の方に突っ込みを入れてほしいのですが、

 

きっと

 

「俺の意見なんて反映されないんだろうなぁ」

 

とか

 

「俺もそれほど知識があるわけではないしなぁ」

 

とか思われている方が多いようで、

 

それほど指摘をいただけてないんですよね。

 

SPONSORED LINK

 

という事もあり、

 

今週のどこかで、

 

Youtubeの生配信をしながらこの表の完成させたい

 

と思います。

 

その際は皆様のご助言をいただけると大変助かりますので、

 

ご参加いただけると嬉しいです。

 

こちらのリンクです→ポッターチャンネル

 

もちろん見ていただけるだけでもOKですので、告知をお待ちください!!

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿