応戦するG 使い方

応戦するGの使い方で確認しておきたいところ


《応戦するG》の使い方について、改めて確認しておきましょう!

 

sponsored link
スパイラル環境真っ只中ですが、時が経つにつれて色々な対策カードが発見されますね!

今回はそんな対策カードの中でも比較的『安価で強い』,つまりコストパフォーマンスの高い《応戦するG》の使い方についておさらいしておきましょう。

応戦するGの使い方

 

それではまずカードの効果から見ていきましょう

《応戦するG》

効果モンスター

星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400

(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、

墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

 

 

⑴相手がモンスターを特殊召喚を含む効果を持った魔法カードを発動した時、それにチェーンして手札から特殊召喚できます。

この若干わかりづらい、⑴の効果についてですが、押さえておきたいポイントとしては以下の内容になります。

 

・対象を取らない効果

・モンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードのカードの発動に直接チェーンして発動する必要あり

・ダメージステップに発動不可

 

次章では具体的な例を用いて説明します。

 

sponsored link

応戦するG SPYRALに対する使い方

まずはスパイラルで使用される魔法カードの内、応戦するGがチェーンできるカードについておさらいしておきましょう!

 

・SPYRAL GEAR ビッグ・レッド

・ワンフォーワン

・機械複製術

・死者蘇生

・ソウル・チャージ

 

上記はどれも、モンスターを特殊召喚する効果を発動時に適用するカードなので、応戦するGのトリガーになります。

逆にチェーンして発動できそうでできないカードについてもチェックしておきましょう。

・SPYRAL MISSIONー強襲

→カードの発動ではなく、効果の発動であるため発動できないので注意です!

 

応戦するGは使い方次第でSPYRALを止められる?

SPYRALには様々な展開ルートがあります。

その様々な展開ルートの内、必ずと言って良いほど経由する【応Gトリガー】が《SPYRAL GEAR ビッグ・レッド》です。

ビッグ・レッド発動に応Gの特殊召喚効果を発動できれば、その後の展開を大幅に制限することができます。

応戦するGでSPYRALの動きをどの程度制限できるかどうかは後日『SPYRALの展開ルートは?』でお伝えいたします。

まぁ、今言えることは『それなりに止まる』くらいですかね・・・。

来週の手札誘発ランキングで応カードがどれだけ評価されるのか気になるところですね!

それではまた次回お会いしましょう!( ✧Д✧)

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
相互リンク
最近の投稿