増殖するG 使い方

増殖するGの使い方


大変今更なのですが、本日はゾウGこと、《増殖するG》についてお話ししたいと思います。

 

※基本的なところは間違っていないと思いますが、それ以外(主に後半)はあくまで持論です。

 

sponsored link

 

それではまずカードのイラストとテキスト、ステータスをおさらいしておきましょう。

 

《増殖するG》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

→なんともおぞましいイラストですね。。

この状況に出くわしたら全力で家を駆け出し、薬局でバルサン購入です!

 

このイラストとどのようなつながりか全くわかりませんが、相手が特殊召喚を、決めるたびにこちらがワンドローできるという効果です。(手札が増殖します)

 

増殖するGの使い方

このカードは《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》に並んで、デッキ採用率が高いカードでかつそれらと比較すると値段も安いので、キッズたちにも愛用されていると思います。

 

なのでキッズ達にも分かるように基本的なところからお話しします。

 

増殖するGの発動タイミングについて

まず初めに「増殖するGはどのタイミングで発動すればいいのか」についてお話しします。

 

・相手のチェーンに乗らない(リンク召喚やシンクロ召喚、エクシーズ召喚や《フォトン・スラッシャー》などの特殊召喚モンスターの)特殊召喚後に《増殖するG》を発動してもその特殊召喚分のドローはできない。

→これらの特殊召喚分のドローをしたければ、相手がこれらの行動をする以前に《増殖するG》を投げる必要があります。

 

とくに《フォトン・スラッシャー》などの特殊召喚モンスターはなんの前触れもなく特殊召喚されるので、どうしても特殊召喚されたくない、もしくはドローしたい場合はスタンバイフェイズやドローフェイズに《増殖するG》を投げておきましょう。

 

一方で、チェーンに乗る特殊召喚(《簡易融合》による融合召喚や《ジャンクシンクロン》などの効果による特殊召喚など)に対しては、その効果にチェーンして発動することで、ドローする事が出来ます。

 

基本的な使い方についてはこのくらいです。

 

また、このカードをデッキに採用するときは他の手札誘発と併用することをお勧めします。

 

増殖するGを採用する場合に気を付けたいこと

なぜ(。´・ω・)?

 

と思った方もいると思いますが、これにはちゃんと理由があります。

 

非常に高速化した現環境では、次のターンが回ってこない(ワンキルされる)可能性が高くなっているからです。

 

次のターンが回ってこないと、いくらこのカードをで手札を増殖させたとしても、なんの意味もない死に札になってしまいます。

 

そうならないためにも、ドローした瞬間に相手を妨害できる手札誘発モンスター《無限泡影》などを合わせて採用しておいた方が良さそうです。

 

 

sponsored link

 

増殖するG 制圧後に先打ちもあり

先行1ターン目でこちらが「次ターンに勝負が決められるくらいの制圧&火力を兼ね備えた盤面」を敷けたなら、次の相手ターンには相手は動くしかないので、それを見越して相手のドローフェイズに《増殖するG》を発動しておくのもいいでしょう。

 

例によって《PSYフレームギア・γ》には注意ですが(後述)

 

増殖するG対策

さて、現環境において初手で握れると大変心強い増殖するGですが、それは相手も同じ。

 

となると、《増殖するG》と対峙したときにどう振る舞うか、も抑えておきたいところですよね。

 

この章では、デッキ構築における増殖するGの対策と、いざ《増殖するG》と対峙したときの対策について、お話しします。

 

増殖するGを対策したデッキ構築

《増殖するG》は広く使われているカードとはいえ、このカードに固着しすぎると偏ったデッキ構築になってしまうので、あくまで汎用性のある対策をするという事が肝要です。

 

なので、次にご紹介するカードは汎用性の高いカードに絞っています。

 

天罰などの効果無効系カード

・《天罰》や《神の通告》の様な一発屋も強力ですが《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》や《Kozmo-ダーク・エルファイバー》などは、維持できれば他の手札誘発も含めて毎ターン無効化することができるので、相手にとっては脅威になります。

 

灰流うらら・ガンマ

《増殖するG》は歴とした「デッキから手札にカードを加える効果」なので《灰流うらら》で無効にすることができます。

 

逆に考えると《増殖するG》は「《灰流うらら》をつかわせることができるカード」と考えることもできます。

 

次に《PSYフレームギア・γ》ですが、こいつは形勢を逆転させる能力が非常に高いカードです。

自デッキが『フィールドにモンスターがいない状況からチェーンに乗る特殊召喚(もしくはサーチ、墓地落とし)をするシチュエーションが多いデッキ』であればこのカードを発動できるタイミングが多いので採用することをお勧めします。

 

除外で対策

《増殖するG》を発動するには、手札から墓地へ送る事ができる状況が必要です。

 

以下のカード群であれば、デッキから墓地へ送られるカードは除外される為《増殖するG》を発動することができません。

 

《マクロコスモス》

《次元の裂け目》

《異次元グランド》

《応戦するG》

《光の追放者》

《閃光の追放者》

《M・HERO ダークロウ》etc...

 

ただ、《M・HERO ダークロウ》を除いたこれらのカードは自分にも影響を与えるので、《天罰》などや《灰流うらら》よりは使い辛いでしょう。

 

手札誘発禁止の永続罠

ここで紹介するカードは汎用性が高いとは言えませんが、一応存在を紹介しておきます。

 

《メンタルドレイン》

永続罠
1000ライフポイントを払って発動できる。
このカードがフィールド上に存在する限り、手札のモンスターの効果は発動できない。

 

手札誘発が平均12枚とか採用される様になったらこのカードも日の目を浴びる可能性が出てくるかもしれませんが現在ではまだ微妙でしょう。

 

自分の先攻の動きに対する相手の手札誘発モンスターに対応出来ないのが痛い...。これなら《簡易融合》からの《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》を置いておいたほうが良さそうです。

(両者にメリット、デメリットありますので結局は状況次第ですが)

 

以上がデッキ構築における増殖するGとの付き合い方でした。

 

次に、いざ《増殖するG》を打たれた時にどの様に振る舞えばいいか、についてです。

 

特殊召喚しないデッキにする

デッキにテーマを抜本的に変更するという、本末転倒な対策方法。

あいての《増殖するG》を完全に腐らせたい事が目的であれば、無くはない選択かもしれません。

 

ただ特殊召喚しないと言うのが最低条件になるので【バーン】や【パーミッション】、【メタビート】寄りの構築になってしまうと思いますが。

 

以上がデッキ構築における増殖するGとの付き合い方でした。

 

次に、いざ《増殖するG》を打たれた時にどの様に振る舞えばいいか、についてです。

 

増殖するGを発動された時にするべきこと

選択は二つに一つ。

 

止まるか動くかです。

 

ただ、この二択が難しい...完全に止まるべきなのか、動き続けるのか。

 

プレイングが上手い人はこの辺の駆け引きが本当に上手いんですよね。

 

これはもう相手の手札によるので、正解はないのですが、最低限抑えておきたい考え方をお話ししておきます。

 

見返りが少ない場合止まる

特殊召喚を繰り返したとして、その先にワンキル制圧盤面やアドバンテージを確保出来るような状況に持っていけるならば、動くという選択もありです。

 

しかし、特殊召喚後にビミョーな結果しか得られない事が見えているならば、止まった方が良いでしょう。

 

場合によっては、途中まで動くという選択も必要になってきます。

 

ドローさせる回数と最終盤面を天秤にかけ、どの様な動きをするか決めていきましょう。

 

相手の手札誘発を警戒する

ワンキルできる手札が揃っていたとしても相手が他の手札誘発を引いて妨害してくると言うことを頭に入れておきましょう。

 

想定される手札に誘発としては、特に採用率の高い《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》を始め、《浮幽さくら》や《PSYフレームギア・γ》、《ドロール&ロックバード》などがあります。

 

当ブログで実施している統計では、相手に5枚ドローされた場合、67%前後の確率で何かしらの手札誘発を1枚以上引かれますので、一つの目安としてみて下さい。

 

■まとめ

・カードイラストが禁止級のグロさ

・相手のデッキ次第では完全に腐る

・汎用性の高いカードで対策することもできる。

・発動する側、発動される側共に高度なプレイングが求められる。

 

以上、増殖するGの使い方についてでした!(^口^)

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿