墓穴の指名者 特殊裁定

墓穴の指名者の特殊裁定【あの効果は無効にならない!?】


どうも、ポッターです。

 

今日は環境でも非常に採用率の高い《墓穴の指名者》の裁定についてです。

 

「何で今更!?」

 

と思われるかもしれませんが、このカードに特殊裁定があることを最近知ったので、自分が忘れないようにというのと

 

「知らない方に展開」

 

という意味も込めて、記事にしてみました。

 

墓穴の指名者特殊裁定」と見てピンと来ない人は一読してみてください。

 

SPONSORED LINK

 

墓穴の指名者の特殊裁定

 

冒頭でもお伝えしましたが、この《墓穴の指名者》には特殊裁定(テキストに書かれてない処理を行う)があります。

 

《墓穴の指名者》

速攻魔法
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及び
そのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

 

 

→テキストにはありませんが、このカードの効果で無効化されるモンスター効果は

 

「フィールドで発動・適用される効果」or「フィールド以外で発動する効果」なんです。

 

つまり「フィールド外で発動を伴わずに適用される効果は同名モンスターを除外しても、もう1体効果を適用できちゃう」んですよ。

 

SPONSORED LINK

 

テキストにはそんなこと書いてないのに「フィールド外で適用される、且つ発動しない効果」であれば無効化されないという特殊裁定です。

 

 

コレ、このカードが登場しておよそ1年経ちますが、わりと最近知りました…。

 

フィールド外で発動せずに適用される効果を持つモンスターってそんなにいなかったから、しょうがないのかもしれませんが…。

 

ずっと知らなかったこの特殊裁定を知ることができたきっかけは、現在環境トップの【転生炎獣】のキーカードの一枚である《転生炎獣ベイルリンクス》のおかげです。

 

《転生炎獣ベイルリンクス》

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

ご覧の通りこのカードは(2)の破壊身代わり効果を持っているのですが、このカードがまさに

 

「フィールド外で発動せずに適用する効果」

 

なんですよね。

 

つまりこのカードが墓地に2枚いて、1体を墓穴の指名者で除外した後に、フィールドの【転生炎獣】カードを破壊しようとしても、2枚目の《転生炎獣ベイルリンクス》の身代わり効果は問題なく使えるんです。

 

今までは「フィールド外で発動を伴わずに適用する効果」を持つモンスターは環境では見かけなかったので、自分は知らなかったのですが、

 

(自分が《墓穴の指名者》をそんなに使っていなかったというのも理由の一つかもしれませんが)

 

皆さんはご存知でしたか?(ベイルリンクスをトリガーにして知ったのは自分だけ!?)

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿