グラットン 

グラットンがトリックスター採用でランキング●●位!!使われる理由とは?@週刊除去妨害カードランキング


今週も環境で使われている除去妨害カードランキングをお届けします!

 

 

sponsored link

 

[ランキング内容]

○環境除去妨害カードランキング

 

■集計方法
集計方法リンク先参照

■期間
2018年1月18日~1月24日

■集計デッキ数
4大会 上位11デッキ

 

それでは早速ですがランキング結果を発表します!

 

 

今週のデッキランキングでは【セフィラ】と並んで【トリックスター】環境トップにのし上がってきたので【トリックスター】で採用されやすい除去妨害カードがランクインしました。

 

その中でも、目を引いたのが《トリックスター・ライトステージ》と同率3位にランクインした、トリックスターとの相性が非常に良いこのカード。

 

グラットンとトリックスターの相性が良い

《百万喰らいのグラットン》

特殊召喚・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを裏側表示で除外する。

 

グラッドンでもクラットンでもなくグラットン!

 

よろずぐらいのグラットンです。

 

このカードについて簡単におさらいしておきましょう。

 

 

sponsored link

 

百万喰らいのグラットンについて

 

■メリット

 

① 召喚権を使わない

 →フィールドの状態に縛られずに特殊召喚できるのは非常に大きい。

② リンク召喚と相性が良い

 →いざとなったら《リンクリボー》に変換することができる。

  墓地にリンクリボーが存在すれば、このカードの除外効果に加え、相手の攻撃を合計2回無効化することができる。

③ 属性に恵まれている

 →《闇の誘惑》や《ダークアームド・ドラゴン》、カオスなど闇属性であることはメリットになります。

④ 耐性持ちやリクルート・サーチ効果を持ったモンスターカードへの回答になる

 →最も大きなメリットであり、このカードを採用する理由になります。

 

 

■デメリット

 

① ダメージ効率が悪い

 →相手モンスターの除去には長けますが、それほど大きなダメージを与えられるカードではない。

② 実質、エクストラデッキ枠を割いてしまう。

 →特殊召喚する際には、フィールド、手札、EXデッキからの裏側除外が必要ですが、

  フィールド、手札からの除外はアドバンテージを失うことになる為、除外箇所は実質EXデッキからになります。

  エクストラ枠を多用するデッキとは相性が良くありません。 

③ 除去に戦闘を介する。

 →対象を取らない破壊以外の除去という点では非常に優秀ですが、戦闘を介する必要があるので攻撃反応型のトラップカードなどには弱いです。

 

さて、そんな《百万喰らいのグラットン》ですが、なぜここまで環境で使われ続けるのでしょうか?

 

グラットンはなぜ環境で使われ続けるのか?

上記でもお伝えしましたが、このグラッドンが使われ続ける理由はメリット④の「耐性やリクルート・サーチ効果を持ったモンスターカードへの回答になるから」ですね。

 

手札誘発モンスターなどで相手の動きを妨害しても、その妨害を掻い潜られた末に出されたモンスターが非常に高い耐性を持っていたり、破壊やフィールドを離れた時などに発動するサーチやリクルート効果を持たれていたりすると非常に厄介ですよね。

 

このカードは破壊を介さない除去であるため、それらの厄介なモンスターへの回答になりつつ、裏側表示での除外のため、再利用を許しません。

 

つまり、環境に破壊耐性や対象耐性、またそれに加え優秀なリクルート・サーチ効果を持ったモンスターの割合が多ければ多いほどこのカードの採用率も高くなる、つまり使われ続けます。

 

これほど便利なグラットンですが、採用されるデッキにはある特徴があります。

 

エクストラ枠が空くデッキ

先述の通り、フィールドに出すためには最低5枚ものカードをEXデッキから除外することになります。

エクストラデッキがキッツキツの現環境において5枚除外というのは非常にデカい。

 

よってこのカードを採用するデッキは【トリックスター】や【サブテラー】など、比較的EXデッキのモンスターに依存しないデッキであることが特徴です。

 

■まとめ

《百万喰らいのグラットン》はキッツキツのEXデッキ枠を割いてまでも入れたいほどのカードではないが、そうでなければ、除去が困難なモンスターへの回答として是非とも採用したいカード。

 

以上、グラットンと今週の除去妨害カードランキングについてでした!

 

それではまた次回( ^∀^)ノ

【広告:値上がり必至の二十周年記念箱】

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック