燃え竹光

燃え竹光と端末世界で相手ターンスキップコンボ


サーキットブレイクで登場した《燃え竹光》と《端末世界》を使って、実質相手ターンスキップができるそうです。

 

sponsored link

というわけで今回は《燃え竹光》と《端末世界》を使った相手ターンスキップコンボについて解説します。

燃え竹光と端末世界の効果で相手ターンスキップ

このコンボは《燃え竹光》の効果で相手のメインフェイズ1をスキップし《端末世界》の効果で相手のメインフェイズ2をスキップすることで、相手のメインフェイズを行わせないというコンボです。メインフェイズが行えなければ、基本的に召喚やスペルスピード1のカードの効果は使えないので相手の行動を大きく制限できます。

というわけで今回のコンボに必要となるカードの効果を見ていきましょう。

《燃え竹光》

永続魔法
(1):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分が「竹光」カードを発動した場合に発動できる。次の相手メインフェイズ1をスキップする。

→ご覧のとおり、このカードだけでは相手ターンのメインフェイズ1をスキップすることはできません。

 

 さらなる竹光カードを採用しなくては!!

 というわけでおすすめの竹光カードのセットを以下にご紹介します。

 

《妖刀竹光》

装備魔法
「妖刀竹光」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターの攻撃力は0アップする。
(2):このカード以外の自分フィールドの「竹光」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻し、装備モンスターはこのターン相手に直接攻撃できる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「妖刀竹光」以外の「竹光」カード1枚を手札に加える。

 

→おすすめの竹光カードセットと言いましたが、このカードが2枚あればOKです。

 《妖刀竹光》Aの効果で《妖刀竹光》Bを手札に戻せば毎ターン竹光カードを発動することができるので、

 《燃え竹光》の相手ターンのメインフェイズ1をスキップすることができます。

   また、《妖刀竹光》Bの役割はバウンス効果なので以下のカードたちでも代用可能ですが、相性の良さが後述の《妖精伝姫-シンデレラ》に遠く及ばないので、

 竹光カードをバウンスして《燃え竹光》の効果を毎ターン使いたい場合、竹光サーチ&連続使用の役割を《妖精伝姫-シンデレラ》に任せた構築をお勧めします。

 

  《黒蠍-逃げ足のチック》

  《霞の谷のファルコン》

  《A・O・J サイクロン・クリエイター》

 

sponsored link

 

 《妖刀竹光》が墓地に送られてしまった時の保険として《折れ竹光》を採用しても良いでしょう。σ(゚∀゚ )

 

《折れ竹光》

装備魔法
装備モンスターの攻撃力は0ポイントアップする。

 

 

それ以外の竹光カードは単体では機能しないのですが、これらをフルで投入して竹光デッキにしても面白いかもしれません。

 

《黄金色の竹光》

通常魔法
自分フィールド上に
「竹光」と名のついた装備魔法カードが存在する場合に発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

 

 

《魂を吸う竹光》

永続魔法
「竹光」と名のついた装備魔法カードを装備したモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターが相手ライフに戦闘ダメージを与えた場合、次の相手のドローフェイズをスキップする。このカードは発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に破壊される。

 

 

 

竹光デッキにする場合は 《妖刀竹光》からすべてのカードをサーチできるので《妖刀竹光》をドローもしくは墓地に送るギミックを用意したいところです。

装備魔法をサーチできるカードとしてはお馴染み《アームズホール》や《名工 虎鉄》も良いですが、手札の《妖刀竹光》を墓地に送ることでアドバンテージを得られる《妖精伝姫 シンデレラ》がお勧めです。

 

《妖精伝姫-シンデレラ》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。この効果で装備された装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 

《妖精伝姫-シンデレラ》であれば以下の動きで、毎ターン竹光を発動&アドバンテージを得ることができます。

 

1.《燃え竹光》を発動。

2.《妖精伝姫-シンデレラ》の効果で《妖刀竹光》Aを捨てて《妖刀竹光》Bを装備。

3.《妖刀竹光》Aの効果で《黄金色の竹光》サーチ。

4.《黄金色の竹光》で2ドロー。(《燃え竹光》の効果で相手ターンのメインフェイズ1スキップが確定)

5.エンドフェイズに《妖刀竹光》Bが手札に戻る。

6.次ターンに2~5.

 

■必要カード

《燃え竹光》

《妖精伝姫-シンデレラ》

《妖刀竹光》

 

上記の必要カードがあれば、2ドローと相手ターンのメインフェイズ1をスキップさせることができます。

 

《燃え竹光》は永続魔法カードなので、《番犬-ウォッチドッグ》でサーチできます。(レベル1の棒立ちは《リンクリボー》でケアしましょうと言いたいところですが、このカードの効果を発動するターンは特殊召喚が出来ないですorz)

 

《番犬-ウォッチドッグ》

効果モンスター
星1/炎属性/炎族/攻   0/守   0
「番犬-ウォッチドッグ」の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功したターンのメインフェイズ2に
手札の魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

 

《妖精伝姫-シンデレラ》は《妖精伝姫-カグヤ》でサーチすることができるので、コンボパーツは比較的集まりやすいでしょう。

 

《妖精伝姫-カグヤ》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。
墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

上記のパーツに《端末世界》(と書いてターミナルワールド)を加えれば、相手のメインフェイズ1,2をスキップできるので、召喚とスペルスピード1の効果、セットが基本的に不可能になり(相手に《コズミックサイクロン》《幽鬼うさぎ》などを引かれなければ)、ほぼ勝利が確定するでしょう。

 

《端末世界》

永続魔法
このカードはメインフェイズ1でのみ発動する事ができる。このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのメインフェイズ2をスキップする。

→《端末世界》は永続魔法カードなので上述の番犬でサーチでできます。(このカードを先に出してしまうとメインフェイズ2が行えず、番犬の効果を発動できないので注意!)

 

以上《燃え竹光》と《端末世界》の相手ターンのメインフェイズスキップコンボでした!

 

・・・はい。コンボとして悪くはないです。

悪くないのですが、現在はコンボパーツ1~2枚でワンキル級のことが出来てしまう環境なので、このコンボはネタの域を出れず、環境で出くわすことは余程のことがないとありえないと思っています(*´ω`*)

 

以上、燃え竹光と端末世界の相手ターンメインフェイズスキップコンボについてでした。

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿