遊戯王 環境

遊戯王VRAINS 第三話「ファースト・コンタクト」考察


遊戯王VRAINSも早いものでもう第三話です!

 

sponsored link

 

第三話のサブタイは「ファースト・コンタクト」ということで、誰かと誰かが接触するっぽいですね!

 

誰と誰だ??

 

遊作とブルーエンジェル???(ではない)

 

遊戯王VRAINS 第三話で気になったカード

第三話もデュエルなし回だったので、チラ見えしたカードについて解説します。

 

遊戯王VRAINSの世界観では、データストームの中で手に入れたカードは現実世界に具現化できるという設定のようで、以下の画像は第二話で手に入れた《デコード・トーカー》を生成しているシーンです。

 

 

ということで、今回解説するカードはリンクモンスターの《デコード・トーカー》です!

 

デコード・トーカー

 

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

プレイメイカーのエースモンスターというだけあって、なかなかの汎用性。

スケープ・ゴートから出せるリンクモンスターでも紹介しましたが、↑にモンスターが入ればスケープゴート一枚から攻撃力3300を出すことができます。

第二話でもこの効果を使用して攻撃力3300になったこのカードで、守備表示となった《クラッキングドラゴン》を戦闘破壊しました。

 

この様に、高い攻撃力が武器の《デコード・トーカー》ですが、さらに注目すべきと思ったのがリンクマーカーの向きです。

↙↘向いた矢印は「今すぐ《ハニーボット》や《プロキシ・ドラゴン》してください!」と言わんばかり。

これらはどちらもサイバース族なので、遊作がこれらのカードを手にする日も近いかもしれません。・・・さすがにまだ早いか(´・ω・`)

 

 

sponsored link

 

 

遊戯王VRAINS 第三話のベストシーンは?

第三話のタイトルが「ファースト・コンタクト」というだけあって、今回は遊作とリボルバー(ハノイの騎士のリーダー)がコンタクトします。

と言っても、すれ違っただけですが。(ハノイの騎士は遊作の存在に気づいていない)

 

このシーンはVR世界の映像が現実世界でも見えているような描写でしたが、この世界ではそういう設定なんかな・・・?

だとしたら怖えぇ・・・。

 

それとも遊作が感じ取った感覚を描写しただけ??

 

よくわかんねぇ(*´ω`*)

 

遊戯王VRAINS 第三話のストーリーを3行で解説

・遊作が手に入れたAI(イグニス)はAi(アイ)と名付けられた。

・Go!鬼塚はプレイメイカーに対してのライバル視がハンパ無い。

・ハノイの騎士のボス(リボルバー)は自分のお父さんの願いをかなえる為に活動しているらしい。

 

というわけで、あっという間に第三話が終わってしまいました。

何というか、普通に面白いです。

 

次回はGo!鬼塚とPlaymakerのデュエルっぽいですね!

Go!鬼塚がリンクモンスターを使うのかどうかにも注目したいところであります(* ´艸`)

 

 

 

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ゆう(Yuu)
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック