スケープゴート リンク召喚

スケープゴートからリンク召喚できるリンクモンスター


リンク召喚登場以降、再び注目を集めている《スケープ・ゴート》。

今回はスケープゴート1枚からリンク召喚できるリンクモンスターについて解説したいと思います!

 

sponsored link

スケープゴートから特殊召喚できるモンスターを以下の5つのポイントに分けて解説したいと思います。

 

除去カード

最高打点

最大ダメージ

手札交換

オススメの枚数・組み合わせ

 

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スケープゴートからのリンクモンスターで除去

スケープゴートから出せるリンクモンスターの内、除去効果を持っているカードは以下の2枚。

 

 

《星杯戦士ニンギルス》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:左/上/右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

自分フィールドのカードも墓地に送る必要がありますが、破壊を介さない「墓地へ送る」効果は強力。スケープゴート一枚から出せると思えば悪くない効果と言えるでしょう。召喚方法(一例)は以下の通りです。

 

1.トークンAで《リンク・スパイダー》を召喚。

2.トークンB,Cで《リンク・スパイダー》の先に《ミセス・レディエント》を召喚

3.《リンク・スパイダー》と《ミセス・レディエント》でこのモンスターを召喚

※余り:トークンD

 

 

sponsored link

 

スケープゴートからのリンクモンスターの最高打点

最高打点は3000の攻撃力を持つ《トポロジック・ボマードラゴン》です。

 

《トポロジック・ボマードラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

→リンクマーカーが下に3つついているので、エクストラデッキからの大量展開が可能かと思いきや、自身の(1)の効果でメインモンスターゾーンを焼野原にしてしまいます。純粋に攻撃力3000のアタッカーとして利用したほうがよさそうです。

 

また(2)の効果により、どんなモンスターを相手にしても攻撃表示であれば、3000の固定ダメージを与えることができます。

リンク召喚の方法(一例)は以下の通りです。

 

1.トークンA、Bで《ミセス・レディエント》をSS

2.トークンC、Dで《ミセス・レディエント》の先に《ミセス・レディエント》をSS

3.《ミセス・レディエント》2体でモンスターを召喚

※余り:なし

 

《デコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
→相手がエクストラモンスターゾーンの↑にモンスターを置いている場合《デコード・トーカー》の攻撃力を3300にすることができます。
 《デコード・トーカー》は汎用性が高いカードでもあり、今後は頻繁に遭遇することになることになりそうなカードだと思っています。
 そのため、自分のメインモンスターゾーンにモンスターを出すときはエクストラモンスターゾーンの↓にはモンスターを置かないというのが今のところのセオリーと言ってもいいでしょう。
 出し方は先述の《星杯戦士ニンギルス》と同じです。

スケープゴートからのリンクモンスターの最大ダメージ

最大ダメージは《ミセス・レディエント》、《リンク・スパイダー》2体で合計4900ダメージ。

 

《ミセス・レデイェント》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

《リンク・スパイダー》

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:下】
通常モンスター1体
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

→ダメージ4000越えという数字は2回通せばゲームエンドまで持っていける数字です。

 恐るべしスケープ・ゴート・・・

   《リンク・スパイダー》の攻撃力1000を晒したくないのであれば《ミセス・レディエント》2体でも総ダメージ4800になります。

 

スケープゴートからのリンクモンスターの手札交換

《ファイア・ウォールドラゴン》

 

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

《ファイア・ウォールドラゴン》は自身と相互リンクしているモンスターの数まで、自分相手のフィールド・墓地のカードを手札に戻すことができます。《スケープ・ゴート》のほかにモンスターが一体入れば以下の手順で自分の墓地のカードを手札に加えることができます。

1.トークンAで《リンクスパイダー》SS

2.トークンB,C,D,モンスター1体で《ファイア・ウォールドラゴン》SS

3.墓地からモンスターカードを手札に戻す。

 

(2)の効果をうまく活用して、相互リンク状態のモンスターを2体以上にすることで、2枚以上のサルベージも可能となります。

 

また、上記2の状態でキープしておくことで、相手フィールドのカードをいつでも除去できる状態を作ることもできます。

 

《リンク・ディザブル》

 

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

このカードを以下の手順でSSすることで、トークンを2体残しつつ手札交換をすることができます。

 

1.トークンA(EXモンスターゾーンの↓以外)で《リンク・スパイダー》をSS

2.《リンク・スパイダー》で《リンク・ディサイプル》をSS

3.《リンク・ディサイプル》効果コストでトークンBをリリースし効果を発動。

 

デュエル序盤では手札交換は特に有益なので、場合によっては積極的に狙っていきたいところです。

手札交換後に、残ったトークン2体を《ミセス・レディエント》に変換し《デコード・トーカー》などLINK3のSSを狙うこともできます。

 

スケープゴートからのリンクモンスターオススメ

ここまでで、代表的なリンクモンスターをご紹介してきましたが、頭を悩ませるのはどのカードを採用するか??ですよね。
リンクモンスターの場合、EXやSモンスターの様に自分のデッキで「出しやすいレベル・ランク」が決まるわけではないので、選択肢の幅が広がることで、取捨選択がさらに難しくなります。

EXデッキの枠は15枚まで限られているので、効率よく選びたいものですね。

 

できるなら「これがオススメ!」というようにご紹介したいのですが、人によって残されたエクストラデッキの枠は違うと思うので、一概には言えないです。

 

そこで、僕がお勧めするリンクモンスターの選び方をご紹介します。これはEXモンスターシンクロモンスター編でもご紹介した方法です。

その方法とは「自分のメインデッキに足りない性能を持ったモンスターを優先して採用する」です。

 

例えば僕がリンクモンスターを使用したいと思っているデッキは打点が明らかに不足しているので、

 

「高打点」

「総ダメージ」

 

を上げることができるモンスターを積極的に採用します。逆に除去はメインデッキのカードに任せておきます。(もちろん余裕があれば入れたいですが)

 

というわけで、今回僕が選定したエクストラデッキのリンクモンスターは以下になります。

 

■7枚

1 リンクスパイダー
2 ミセスレディエンド
1 ファイア・ウォールドラゴン

1 トポロジック・ボマードラゴン

 

僕のデッキはエクシーズもシンクロも使うので採用できるリンクモンスターはこの5枚だけででした(´・ω・`)

 

エクストラデッキをほとんど使わない真竜コズモであれば、リンクモンスターをフル投入できるので、それらのデッキにスケープゴートを出張させれば、多彩なリンク召喚が可能となり、スケープゴートの真価を発揮できると思います。

 

スケープゴートTSUEEEな。

 

僕のPSY真竜コズモにも入れようかなぁ。

スケープゴートは相手ターンのエンドフェイズに発動して、自分のターンに展開するという使い方が基本になるので、自分のターンの動き始めに自分フィールドを、開けておきたいサイフレームとは若干かみ合いませんが、採用を検討してみることにします。

 

スケープゴートとリンクモンスターの出張セット、あなたは採用してますか?

 

■おまけ

ライトロード・ドミニオン キュリオスをスケープゴートで

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》も以下の手順で出すことができます。

 

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》

 

 リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

1.トークン2体を《エクスクローラー・シナプシス》に変換。
2.トークン1体を《リンクリボー》に変換。
3.トークン1体(地:獣族)、《エクスクローラー・シナプシス》(地:昆虫族)、《リンクスパイダー》(地:サイバース族)で《ライトロード・ドミニオン キュリオス》をリンク召喚!

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ゆう(Yuu)
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック