制限改定2018年7月

制限改定2018年7月から読む、今後の環境予想@週刊デッキランキング


こんにちは。

 

ポッターです。

 

先日ついに、2018年7月からのリミットレギュレーションが発表されましたね。

 

巷では、昨日あたりから2018.07のレギュレーションで行われるCSが多くなっていると思います。

 

なので、本日発表する週刊デッキランキングの結果は2018.04レギュレーションの集大成となります!

 

終わったレギュレーションの結果なんて興味ねーよ!!

 

と聞こえてきそうですが、2018.07の環境予想とかもしているので、よろしかったら見ていってください。

※KONAMIの公認大会は6末まで2018.04レギュレーションです。

 

 

sponsored link

 

制限改定2018年7月の内容は?

それではまず、今回の制限改定の内容をご確認ください。

 

【禁止】

《キャノン・ソルジャー》

《トゥーン・キャノン・ソルジャー》

《マジカル・エクスプロージョン》

 

【制限カード】

《アストログラフ・マジシャン》

《調弦の魔術師》

《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》

《閃刀機-ホーネットビット》

《盆回し》

 

【準制限カード】

《エルシャドール・ネフィリム》

《エルシャドール・ミドラーシュ》

《SPYRAL GEAR-ドローン》

《SRベイゴマックス》

《DーHERO ディスクガイ》

《緊急テレポート》

 

【解除】

《WW-アイス・ベル》

《影霊衣の術士 シュリット》

《マスマティシャン》

《命削りの宝札》

《真竜の継承》

 

禁止化が予想されていた《ファイアウォール・ドラゴン》や《水晶機巧-ハリファイバー》《サモン・ソーサレス》の規制はなく、

 

まさかの《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》が制限カード化という、個人的には予想外の結果になりました。

 

まぁ《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》は汎用性の面では《水晶機巧-ハリファイバー》には及ばないものの、

 

【魔術師】では《アストログラフ・マジシャン》との相性も相まって、非常に強力な動きをしていたので、制限カード化は全く不思議ではないです。

 

他にも、様々なテーマの規制が行われたので、

 

ここで一度

 

各テーマがどれ程の規制を受けたのか、また緩和されたテーマはどれだけ強化されたのか、

 

を整理したいと思います。

 

 

sponsored link

 

まずは、規制されたカテゴリ、

 

次に「変化なし」のカテゴリ、

 

「緩和(強化)」されたカテゴリ

 

という順に紹介させて頂きたいと思います。

 

記載されたパーセンテージは現状の強さから変化した数値になります。

(完全に管理人の独断と偏見なので、ご意見ありましたらコメント欄へどうぞ!)

 

 

■規制

【マジエク1キル】100%↓

【リンクユニオン】65%↓

【魔術師】26%↓

【閃刀姫】 18%↓

【剛鬼】10%↓

【メタルセフィラ】8%↓

【トリックスター】4%↓

 

 

 

■変化なし

【オルターガイスト】0%

【インフェルニティ】0%

【彼岸】0%

【青眼】0%

【機界騎士】0%

 

 

 

■緩和

【WW】系 40%↑

【シャドール】29%!

【真竜】23%↑

【影霊衣】6%↑

【SPYRAL】5%↑

 

 

今回の改定に対して、皆さんいろいろな意見があると思いますが、

 

僕は

 

「まぁまぁ良かったんじゃないかな」と思います。

 

理由は以下の3つ

 

① 先攻1キルを規制した。

 →やっぱり先攻1キルは悪だと思うんです。

 なので、安定して先攻1キルを遂行してくる【リンクユニオン】

 規制したのは悪くなかったと思ってます。

 【マジエク1キル】は規制なくても良かったような気もしますがw

 

② 純構築の勢いを殺さず、出張性を削ぐような規制をした。

 →これは【閃刀姫】への規制を《閃刀起動-エンゲージ》ではなく《閃刀機-ホーネットビット》にしたことで、氾濫していた閃刀姫出張(エンゲージ3、ホーネットビット3、(ウィドウ1))をちょうどよく抑制することができたのではないでしょうか。僕も【剛鬼】デッキにこの閃刀姫出張セットを採用していたので、構築を見直すことになりました。

 

③ 中堅テーマを微妙に緩和

 環境で勝てそうで勝てなかったテーマをビミョーに緩和してきましたね。

 特に【WW】は《WW-アイス・ベル》と《SRベイゴマックス》が緩和されたので、《クリスタルウィング・シンクロドラゴン》が捗りそうです。

 

という事で僕はまぁまぁ良調整だったのかなぁと思っているのですが、皆さんは如何ですか?

 

ただ、水晶機巧-ハリファイバーから消費無で《ヴァレルロード・ドラゴン》《ヴァレルソード・ドラゴン》にアクセスできる《グローアップ・バルブ》は規制したほうが良かったのではないか?と思うのですが・・・。僕だけ?

 

2018年7月環境はどうなる?

上記の改定を受けて次期の環境はどうなるか?

 

予想の前に2018.04を振り返ってみましょう。

 

2018.04の環境は以下の通り、

 

■集計方法
集計方法リンク先参照
■期間(更新分)
2018年6月6日~6月12日
■集計デッキ数
1大会 上位4デッキ

 

 

 

ご覧の通り比較的に群雄割拠な環境でしたが、幅を利かせていたのは

 

【閃刀姫】【魔術師】【リンクユニオン】

 

の3テーマ。

 

上記した通り今回の改定では、この3テーマそれぞれが規制された為、

 

2018.07のデッキシェアは以下の様になると予想ししました。

 

 

僕が予想する環境トップ【オルターガイスト】で、このテーマは2018.04でもそれなりの実績(シェア6%)を収めつつも規制を免れたカテゴリです。

デッキパワー的に環境トップになってもおかしくないと思っているのですが、【オルターガイスト】は環境が一定のメタを張りにくいと環境だと相対的に弱体化するテーマでもあるので、今後(2018.07.14発売のSOFUあたりで)、ブチ込まれるであろう新カテゴリの内容次第でもあります。(今期はメインから《魔封じの芳香》や《王宮の勅命》を積んでも悪くなかったのですが、これらが刺さらないような新テーマが来ると話が変わってきます。)

 

個人的に注目しているのは【SPYRAL】で、先日の選考会でも【SPYRAL】で優秀な成績(代表獲得?)を収めた方がいつつ、2018.07改定では緩和されるという待遇…。来期の環境ではそれなりに遭遇するようになるのでは?と思っています。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は2018.07レギュレーションの環境予想をしてみたわけですが、プレイヤーの予想がいとも簡単に覆されるというのは遊戯王では良くあること。

 

もしかすると来期も2017.10レギュレーションの様に(以下グラフ)、新テーマが跋扈するような環境になるかもしれません。

 

 

(あ、マズい・・・変なフラグ立てたか・・・?)

 

という訳で今日はこの辺で!また次回の記事でお会いしましょう( ^∀^)ノ

【広告:最新のストラクを値上げ前にチェック!】

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック