盆回し 初手

盆回しの初手率の高さwww@週刊除去妨害カードランキング


毎度ありがとうございます。

 

本日は「週刊除去妨害カードランキング」をお届けします。

 

その中でも今日は《盆回し》の初手率にフォーカスしたいと思います。

 

 

sponsored link

 

《盆回し》

速攻魔法(準制限カード)
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、その内の1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 

まずは今週のエクストラデッキランキングを見ていきましょう。

 

盆回しの初手率は?

 

■集計方法
集計方法リンク先参照
■期間(更新分)
2018年5月2日~5月9日
■集計デッキ数
3大会 上位13デッキ

 

 

 

《盆回し》の初手率は5.7%で5位

 

このカードが登場したのは2016年最後のパックであるマキシマムクライシスで、ノーマルレアとして収録されました。

 

このパックは《灰流うらら》【真竜】も収録されており非常に人気のパックだったので、発売当時《盆回し》はそこまで注目されなかったのですが、のちに《テラフォーミング》が準制限、制限と規制を受け、代替えカードとして注目を浴び始めました。

 

現在は《盆回し》自身も2018.01に準制限となるも、その人気は衰えていないようです。

 

環境デッキの中では以下のテーマで採用されています。

 

【リンクユニオン】→《ユニオン格納庫》

【セフィラ】系→《セフィラの神託》

【召喚獣閃刀姫】→《暴走魔法陣》

 

【閃刀姫】→エリアゼロ・・・は流石に見ない。

 

 

sponsored link

 

現在《テラフォーミング》が制限カードなので2枚目以降の《テラフォーミング》として採用されているようです。

 

《盆回し》を採用すると2種類以上の

フィールド魔法を採用しなければならず、若干使い辛さはあるのですが、《メタ・バース》と比較して即効性で勝ります。

 

また《拮抗勝負》《無限泡影》もケア出来る点も重要で、この2枚の初手率を合わせると15%を超えるので、立派な環境メタと言えるでしょう。

 

それでは今日はこの辺で!また明日の手札誘発モンスターランキングでお会いしましょう!

【広告:最新のストラクを値上げ前にチェック!】

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック