サイバース族 エクストラリンク

サイバース族でエクストラリンクする手順!


こんにちは。ポッターです。

 

今日はサイバース族でエクストラリンクするために必要なカードと手順を紹介します。

 

 

sponsored link

 

サイバース族でエクストラリンクするために必要なカード

 

 

必要カードは以下の14枚。

 

 

メインデッキ:7枚

《レディ・デバッガー》★

《バックアップ・セクレタリー》

《マイクロ・コーダー》

《リンク・インフライヤー》

《ドットスケーパー》

 

《サイバネット・コーデック》★

《サイバネット・オプティマイズ》

 

エクストラデッキ7枚

《コード・トーカー》

《トランスコード・トーカー》

《エクスコード・トーカー》

《ファイアウォール・ドラゴン》

《リンク・ディヴォーティー》

《トークバック・ランサー》

《リンクリボー》

※初手で必要なのは上記のうち★マークが付いている2枚です。

 

手札2枚からエクストラリンクとは・・・

 

なかなかやりよる!

 

次に、上位カードのイラストとカード効果を確認していきましょう。

 

《レディ・デバッガー》

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

 

 

《バックアップ・セクレタリー》

効果モンスター
星3/光属性/サイバース族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

 

 

 

 

《マイクロ・コーダー》

 

効果モンスター

星1/闇属性/サイバース族/攻300 /守0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

 

《ドットスケーパー》

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

 

《リンク・インフライヤー》

効果モンスター
星2/風属性/サイバース族/攻 0/守1800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードはフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。

 

 

《サイバネット・コーデック》

永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

 

《サイバネット・オプティマイズ》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。サイバース族モンスター1体を召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

 

《コード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、
このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

 

 

《トランスコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、このカード及びこのカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の
自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

 

《エクスコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、EXモンスターゾーンのモンスターの数だけ、使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。
指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
(2):このカードのリンク先のモンスターは、攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。

 

 

《ファイアウォール・ドラゴン》

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 

《リンク・ディヴォーティー》

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:上】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
このターン、自分はリンク3以上のリンクモンスターをリンク召喚できない。
(2):相互リンク状態のこのカードがリリースされた場合に発動できる。
自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。

 

《トークバック・ランサー》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:下】
レベル2以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターと元々のカード名が異なる自分の墓地の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

《リンクリボー》

 リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:下】
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

 

 

次にこれらのサイバース族を使って、盤面をエクストラリンクにもっていく手順を説明します!

 

 

sponsored link

 

サイバース族でエクストラリンクする手順

 

それでは早速みていきましょう。

 

 

<手順>

1.《サイバネット・コーデック》を発動。

2.《レディ・デバッカー》を召喚。効果で《バックアップ・セクレタリー》をサーチ、そのままSS

3.《レディ・デバッカー》《バックアップ・セクレタリー》で《コード・トーカー》

4.《サイバネット・コーデック》で《マイクロ・コーダー》をサーチ。

5.《コード・トーカー》と手札の《マイクロ・コーダー》でE2に《トランスコード・トーカー》をSS

6.《マイクロ・コーダー》のコード・トーカーモンスターの素材になったときの効果で《サイバネット・オプティマイズ》をサーチ。《サイバネット・コーデック》の効果で《ドットスケーパー》をサーチ。

7.《トランスコード・トーカー》の効果で《コード・トーカー》を蘇生。

8.《サイバネット・オプティマイズ》を発動し、効果で《ドットスケーパー》NS

9.《コード・トーカー》《ドットスケーパー》でM4に《エクスコード・トーカー》をSS《ドットスケーパー》をM2に自己蘇生。

10.《サイバネット・コーデック》で《リンク・インフライヤー》をサーチし、そのままSS

11.《リンク・インフライヤー》と《トランスコード・トーカー》でM3に《ファイアウォール・ドラゴン》SS

12.《ファイアウォール・ドラゴン》のバウンス効果で《リンク・インフライヤー》をサルベージ。

13.《ドットスケーパー》を素材に、《トークバック・ランサー》をE1にSS

14.《ファイアウォール・ドラゴン》の効果で、《リンク・インフライヤー》をM2にSS

15.《リンク・インフライヤー》を素材に《リンク・ディヴォーティー》をM2にSS.

16.《トークバック・ランサー》効果で《リンク・ディヴォーティー》をリリースし、《トランスコード・トーカー》をM2にSS

17.《リンク・ディヴォーティー》の相互リンク状態でリリースされた時の効果で、トークン2体をM1、M2にSS

18.トークン1体でE2に《リンクリボー》SS

 

エクストラリンク完成!

 

念願の「サイバース族縛りで手札2枚からのエクストラリンク」です!

 

サイバース族、登場から1年3か月・・・ようやくサイバース族が形になりました。

 

感無量!!

 

と言いたい所ですが、よく見るとこの盤面・・・

 

対して強くないんですよねwww

 

トロイメアの耐性もなければ《トライゲート・ウィザード》の妨害もなく《ファイアウォール・ドラゴン》のバウンスも使用済み。

 

あるのは《リンクリボー》の戦闘補助と、トランスの対象耐性とエクスコードの破壊耐性とそれぞれの攻撃力アップ効果となり、

 

所謂ガッチガチの環境デッキと比較すると及ばないところとありますが、

 

サイバース族で手札2枚からエクストラリンクができるようになったのは、大きな一歩ではないでしょうか?

 

コメントは6件です

  1. […] (2018.06.23 サイバース族でエクストラリンクできるようになりました) […]

  2. 風来のななし より:

    リンクインフライヤーのSSがターン1なのでは?

  3. 風来のななし より:

    2回目はファイアウォール効果ですね
    すみません勘違いしてました

  4. ニノ より:

    すごい!カードは揃ってるのに思いつかなかった……まだたまだですね///
    これからも更新頑張って下さい

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
相互リンク
最近の投稿