召喚獣

召喚獣のデッキレシピ 回し方と出張と対策は?


お手軽で強力な出張テーマであるWW出張ですが、実は環境では召喚獣出張の方が好成績だったりします。

 

sponsored link

今回はそんな召喚獣について解説していきます。

召喚獣のデッキレシピ

デッキレシピを紹介する前に、まずは召喚獣の主要パーツをご紹介していきましょう。

 

《召喚師アレイスター》

 

 効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800
(1):このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

→【召喚獣】の《融合》をサーチできる!

 

《召喚魔術》

 

通常魔法
「召喚魔術」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

→空いたの墓地のモンスターにまで手を出せる。さらに《アレイスター》をサルベージして、自身を再利用とか強すぎ。

《暴走魔法陣》

 

フィールド魔法
「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

→【召喚獣】優遇されすぎじゃないでしょうか?

 

 

sponsored link

 

以上が【召喚獣】の主要パーツです。相手の墓地のカードを除外しつつ手札消費なしで以下の融合体を融合召喚できます。

■各種融合モンスター

召喚獣カリギュラ》

 

融合・効果モンスター
星4/闇属性/獣族/攻1000/守1800
「召喚師アレイスター」+闇属性モンスター
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれのバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。

 

 

召喚獣コキュートス》

 

融合・効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻1800/守2900
「召喚師アレイスター」+水属性モンスター
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、攻撃力の数値を適用してダメージ計算を行う。

 

召喚獣プルガトリオ》

 

融合・効果モンスター
星7/炎属性/悪魔族/攻2300/守2000
「召喚師アレイスター」+炎属性モンスター
(1):このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

召喚獣メガラニカ》

融合モンスター
星8/地属性/岩石族/攻3000/守3300
「召喚師アレイスター」+地属性モンスター

 

 

 

召喚獣メルカバー》

 

融合・効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻2500/守2100
「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
(1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし除外する。

 

召喚獣ライディーン》

融合・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻2200/守2400
「召喚師アレイスター」+風属性モンスター
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

召喚獣エリュシオン》

 

融合・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3200/守4000
召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。
(2):1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

以上が主に使用される【召喚獣】カードです。

 

手札にアレイスターがいれば手札消費実質0で各種融合モンスターを融合召喚することができます。

ですが、そのためには墓地に出したい融合体の属性を持ったモンスターを置いておく必要があります。(相手の墓地を使用するという手もありますが、能動的に動けるようにしておいたほうがいいでしょう)

そのため【召喚獣】パーツ以外の枠は、手札誘発モンスターなど、モンスターを墓地に送りやすい構成にすることが肝要です。

次のデッキレシピを見てみましょう。

>>純召喚獣

このデッキを例にして次章で回し方を解説します。

召喚獣の回し方

 

1.《召喚師アレイスター》or《暴走魔法陣》を手札に引き込む。

2.《召喚師アレイスター》を召喚して《召喚魔術》をサーチ

~~~ここまでで、自分の墓地or相手の墓地にモンスターを送って置く~~~

3.《召喚魔術》の効果で【召喚獣】の融合体を融合召喚!(あわよくば相手の墓地のモンスター除外)

4.《召喚魔術》の墓地効果で《召喚師アレイスター》を手札に、召喚魔術はデッキに。(手札消費0で融合体を出せている(゚∀゚))

 

→これを繰り返して、じわじわアドバンテージを奪っていきます。

 

召喚獣の出張

召喚獣の回し方でご紹介したように、主要3種類のカードで強力な動きをすることができます。

 

オススメの出張枚数は以下。

 

《召喚師アレイスター》3枚

《召喚魔術》2枚

《暴走魔法陣》3枚

《テラ・フォーミング》2枚(準制限カード)

 

《テラ・フォーミング》は他のフィールド魔法もサーチできるので【真竜】など、強力なフィールド魔法をサーチしたいデッキと特に相性が良いです。

→CS優勝の真竜召喚獣デッキ

 

また、《召喚師アレイスター》は魔法使い族なので、魔導書出張とも相性が良いです。この場合《魔導書士バテル》と召喚権を奪い合うので注意。

 

召喚獣対策

ここまでの解説でご理解頂けたと思いますが、【召喚獣】を相手にすると非常に厄介です。

 

 

なのでこの章では【召喚獣】と対峙したときにどのように対策すればよいかについてご説明します。

 

ライオウ

 

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1900/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。

→サーチ封じの第一人者。サンダーキングこと《ライオウ》です。

 

 【召喚獣の出張パーツ】の章で示した通り、主要パーツのほとんどがサーチ効果を持っています。

 これは安定性を考えるうえで非常に重要な要素なのですが、同時にサーチを封じられたときに何もできなくなるという弱点でもあります。

 更に《召喚師アレイスター》は攻守1000/1800と《ライオウ》に突破されるステータスなので、下手するとこの一枚で完封されることもあります。

 

 しかし、《ライオウ》は自分もサーチできなくなってしまうので、若干扱いにくいのがネック。

 

 そんな時には、こちらは如何でしょうか?↓

 

アーティファクト -ロンギヌス

 

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):手札または自分フィールドのこのカードをリリースして発動できる。このターン、お互いにカードを除外できない。この効果は相手ターンにのみ発動できる。

→使い方は、《召喚魔術》にチェーンして発動することで、《召喚魔術》の効果処理時に除外できなくなります。

 除外できないという事は「墓地のモンスターを融合素材に使用すること」が出来なくなるので、相手は「手札に融合素材がそろっていないと融合召喚が出来ず《召喚魔術》は不発」となります。

 

1対1交換なので、アドバンテージ上プラスではないですし、《アーティファクト -ロンギヌス》1枚で完封できるわけではないですが、相手の融合召喚を止められるのはかなりデカいので、【召喚獣】相手ならばサイチェンでフル投入も検討に値する選択と言えるでしょう。

 

■まとめ

・アドバンテージ損失なしで融合体を出せる

・相手の墓地のカードを除外して素材にできる

・サーチ札が多く安定性が高い。

・サーチを妨害されたり、除外を封じされると辛い

 

解説してて気がつきましたが、やっぱ強いわ【召喚獣】。

環境で暴れているだけあると思います。

 

場合によってはメインデッキから対策札を入れていきたいところですね。

 

以上【召喚獣】についてでした(* ̄▽ ̄)ノ

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
相互リンク
最近の投稿