ドロール&ロックバードで全ハンデス

ドロール&ロックバードで全ハンデスのタイミングと裁定 サーチ方法は?


おはようございますー!

本日はドロバこと《ドロール&ロックバード》について語りたいと思います。

 

sponsored link

それではまずは効果のおさらいから。

 

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻   0/守   0
相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

 

( ゚Д゚)?

 

アドバンテージ失ってね!?

 

はい。

 

アドバンテージ『-1』なので、安易に組み込むとディスアドバンテージになるだけであり、相手を見極めた上でサイドからの採用になると思います。
※【命削り真竜】など、1ターンに大量ドローを前提としたデッキにはそれなりに刺さります。

と言うことで、メインからの採用は余程の環境でない限りはありえないのですが、特定のコンボを決めたい時にはメインからのフル投入が推奨されます。

その特定のコンボとは・・・そう。

(実質)先攻全ハンデスです!

 

sponsored link

 

ドロール&ロックバードで全ハンデス

■必要札
《擾乱作戦》×2
《ドロール&ロックバード》×1

以上、合計3枚です。

撹乱作戦の効果はこちら↓

 

 

 

通常罠
相手は手札をデッキに加えてシャッフルした後、
元の手札の数だけデッキからカードをドローする。

カード名を《陽動作戦》とよく間違えるのですが"ようどう作戦"ではなく"かくらん作戦"なのでご注意を。

ハンデスの具体的な手順は次章で解説いたします!

ドロール&ロックバードのタイミングと裁定は?

ドロール&ロックバードの効果のこの部分

このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる

つまり、発動できるのは、デッキからカードを手札に加えた効果処理後のタイミングです。

逆に、何でもないときに発動した手札にカードを加える効果にはチェーンできないことに注意しましょう。

また、相手ターンの効果処理後にクイックエフェクトを発動できる優先権はターンプレイヤーにあるので、ターンプレイヤーがこのタイミングで《サイクロン》などを発動することができます。

しかし非ターンプレイヤーはその《サイクロン》などのクイックエフェクトにチェーンして《ドロール&ロックバード》の効果を発動することができます。

要は以下のような手順で全ハンデスが可能です。

1.《擾乱作戦》Aを発動
2.効果処理後のタイミングで相手が《サイクロン》(なんらかのクイックエフェクト)を発動。(発動しなくても良い)
3.『2.』があった場合、それにチェーンして《撹乱作戦》Bを発動。『2.』が無ければ、効果処理後のタイミングで同カードを発動。
4.『3』にチェーンして《ドロール&ロックバード》を発動。

で、逆順処理をしていきます。

まず、《ドロール&ロックバード》の効果が適用される為、相手はドローができなくなります。

しかし、撹乱作戦はすでに発動済みなので[カードをデッキに戻す処理]だけが行われます。

 

 

すると相手は「カードをデッキに加えて終了。」

 

 

全ハンデス\(^o^)/

 

この様に《撹乱作戦》と、もう一枚の《撹乱作戦》+《ドロール&ロックバード》でチェーンブロックを分けて発動することで、相手の手札を全てハンデスすることができます。

 

※ダメージステップでは《ドロール&ロックバード》は発動できません。

※《ドロール&ロックバード》の効果適用後に《撹乱作戦》は発動できません。

 

この動きは《攪乱作戦》を《トリックスターリンカネーション》に置き換えた場合でも再現できます。

 

《トリックスターリンカネーション》は《トリックスターキャンディナ》や《トリックスターライトステージ》でサーチ可能なので、《撹乱作戦》よりも扱いやすいでしょう。

 

ドロール&ロックバードをサーチ

《ドロール&ロックバード》を使ってお手軽全ハンデスできることが分かったからには、何としてでもこのカードをサーチしたいと思うのが鬼畜デュエリストとしての性だと思います。

 

というわけで、この章ではドロバのサーチ方法をご紹介しましょう。

 

《魔装戦士 ドラゴディウス》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分のモンスターが相手の表側表示モンスターと
戦闘を行うダメージステップ開始時に手札を1枚捨てて発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は半分になる。
【モンスター効果】
(1):自分のモンスターゾーンのこのカードが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「魔装戦士 ドラゴディウス」以外の攻撃力2000以下の、
戦士族または魔法使い族モンスター1体を手札に加える。

 

遅いなぁ・・・。先攻1ターン目じゃないと意味ないんだよ・・・。

というわけでおすすめはこちら↓。

 

《マジカル・アブダクター》

 

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1700/守1400
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
デッキからPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×100アップする。
(3):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
デッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を手札に加える。

 

モンスターカードゾーンに存在している状態で、例えば《テラ・フォーミング》《トリックスターライトステージ》+魔法カードを発動するだけで、《ドロール&ロックバード》をサーチできます。

先攻1ターン目に何としてでもドロバを引きたければ、検討に値する1枚。レベル1魔法使い族には、汎用的な手札誘発モンスターである《エフェクトヴェーラー》もいるので、《ドロール&ロックバード》がすでに手札にある場合はそちらをサーチすると無駄がありません。

 

《黒き森のウィッチ》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

→もちろん《黒き森のウィッチ》でもサーチ可能。このカードが一番実用的か。

 

■まとめ

・発動タイミングは癖があるので注意が必要。

・トリックスターを交えることで先攻全ハンデスが決まりやすくなる。

・サーチは《マジカルアブダクター》がおすすめ。

 

正直【トリックスター】登場で即規制されると思ってましたが、ふたを開ければノータッチ。

 

でも、環境上位になかなか顔を出さないんですよねー。と思っていたら、2017年WCS西日本の代表を取ったようですし。。。

 

もうよくわかりませんが、今後注目の1枚であるとは言えるでしょう。

 

以上、《ドロール&ロックバード》についてでした!(* ̄▽ ̄)ノ

 

 

 

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ゆう(Yuu)
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック