ハリファイバー 値段

ハリファイバーの値段がLVP1の定価を越えていくと思う【2つの理由】


2017年11月25日に発売のLVP1で収録された、汎用性が超絶高いカード、それが《水晶機巧-ハリファイバー》です。

 

今回は管理人ゆうが「水晶機巧-ハリファイバーの販売価格がLVP1の定価を越えていく」と予想する理由をお伝えします。

 

※個人的な予想ですので1つの参考意見としてお読みいただければと思います。

 

sponsored link

 

それではまず現状の店舗での販売価格と買取価格を見て観ましょう。(Twitterから引用)

 

 

 

 

https://twitter.com/cardbox_akiba/status/934236658303516672

とまぁこんな感じで、現状頑張れば定価の2250円以下で買えるという販売価格と、これから値上がりするのではないかという気配を感じさせるような買取価格ですが、皆さんは、今後の《水晶機巧-ハリファイバー》の値段についてどうお考えですか?

 

 

sponsored link

 

僕はしばらくすると《水晶機巧-ハリファイバー》はLVP1の定価以下では買えなくなるんじゃないかと予想しています。

 

 

その理由が以下の2つ

 

ハリファイバーの値段がLVP1定価を越えていくと思う【2つの理由】

 

理由1.現状、ハリファイバー以外のウルトラやスーレア、優秀な再録ノーマルがそれなりの値段で売れている。

 ・LVP1の収録カードの中でも水晶機巧-ハリファイバーの汎用性は群を抜いているのは、すでにご存じの通りかと思いますが、そのほかの収録カードも、そのカテゴリを使っている人にとってはナカナカ優秀なカードが多いんですね。

 

なので、発売初日から2,3日は「ウルトラレアなら500~700円くらい(平均600円)」「スーパーなら100~200円くらい(平均150円)」「ノーマルなら30~50円(平均40円)」で売れています。

 

 ・そう考えると、仮に販売者がLVP1を10箱開封したとすると、以下の収支になります。(シークレットは考慮しない)

  パック価格:22500円

  販売価格 :41100円(9600+19500+12000) + ハリファイバー4枚の値段

 

 

  (販売価格内訳)

  ハリファイバー:X円 * 4枚(10箱に平均4枚入っているという計算)

  ウルトラ   :9600円  = 600円(1枚当たりの平均価格) * 16枚

  スーパー   :19500円 = 150円(1枚当たりの平均価格) * 130枚

  ノーマル   :12000円 =  40円(1枚当たりの平均価格) * 300枚

 

 

  (販売者の利益)

  →18600円 (41100円 ー 22500円) + ハリファイバー4枚の値段 

 

  このように、ハリィ以外のウルトラやスーパー、再録ノーマルがそれなりの価格で売れれば《水晶機巧-ハリファイバー》をいくらで販売したとしても、利益が出るんですね。

 

  ですが、ハリィ以外のウルトラやスーパー、再録ノーマルが上記の値段で売れていくのは最初だけ、だと僕は思っています。

  みんな、水晶機巧-ハリファイバー狙いでどんどんパックを買っていきますから、ハリィ以外のカードの供給過多になることが予想されます。

 

  そうなると、どうなるか。

 

  上記に示した販売内訳が以下の様に変化します。

 

 

  (販売価格内訳)

  ハリファイバー:X円 * 4枚

  ウルトラ   :4800円  = 300円(1枚当たりの平均価格) * 16枚

  スーパー   :800円   =  50円(1枚当たりの平均価格) * 130枚

  ノーマル   :3000円  =  10円(1枚当たりの平均価格) * 300枚

 

  (お店の利益)

  → ー13900円 (8600円 ー 22500円) + ハリファイバー4枚の値段 

 

  ハリィ以外のカードを売っても利益にならず、13900円の赤字

 

  という事はハリィ4枚を13900円(1枚3475円)で売らないと、トータル赤字になってしまうという事です。

 

  上記の販売価格観点で考えると、ハリィの値段は安くても3200円オーバーになってくるのではないかと予想しています。

  ※ほんとは4000円くらいで売りたいところだけど、それだと高すぎて逆に売れない。(みんなパックを買っちゃう)

 

理由2.水晶機巧-ハリファイバーが環境で必須カードと認知されていく

現状では、以下の様に考えている人達は少なくないと思います。

 

・環境(SPYRALなど)にはどうせかなわねぇよ。

・先攻ワンキル率100%とか言うけど実践ではそんな強くないっしょ?

 

僕もそんな人たちの中の一人でしたが、その人たちの認識が以下の様に変わったとします。

 

・水晶機巧-ハリファイバーほぼどんなデッキにも入るじゃん・・・

・先攻ワンキルデッキってわりと実践でも使える・・・

 

そうなれば、それに追従するように《水晶機巧-ハリファイバー》への評価も上がり、需要が上がり、値段も上がっていくことが予想されます。

 

先日、以下の様な実践向けのワンキルデッキも開発されました。

 

この様に、理由その2は定性的な評価となりますが《水晶機巧-ハリファイバー》の強さが認知されればされるほど、その値段が上がってくるのではないかと、僕は予想しています。

 

 

 

 

で、何が言いたいかというと。

 

 

 

 

 

みんな!ハリィを今のうちに買っておくんだ!((*´∀`))ノ

 

 

(amazon価格一覧)

 

(販促記事みたいになってしまいましたがww ガチで高くなるとは思いますよ)

 

以上、ハリファイバーの値段がLVP1定価を越えていくと思う【2つの理由】についてでした。( ^∀^)ノ

 

※冒頭にも申し上げましたが、個人的な予想ですので1つの参考意見としてお読みいただければと思います。

 

P.S.ちなみに僕は、カードキングダムさんで2200円の水晶機巧-ハリファイバーを即買いしました。(自分で使う用ですよ!)

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ゆう(Yuu)
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック