LVP1 テーマ

LVP1の禁止化候補生たち【まとめ】


2017年11月25日発売のリンクブレインズパック(LVP1)。

 

遊戯王OCGオリジナルテーマを強化するという名目のパックですが、テーマサポートの域を盛大に超えてしまったカードが存在します。

 

本日はそんな、カテゴリの枠に収まりきらなかった「はみ出しカードの達」についてご紹介したいと思います。

 

sponsored link

 

もうみなさんご存知の通り、リンクブレインズパックでは遊戯王OCGオリジナルテーマ(全20テーマ)をそれぞれのテーマごとのリンクモンスターを1種類ずつ登場させることで、そのテーマの強化を図っています。

 

懐かしのテーマを強化する事でリンク召喚ルール(新マスタールール)導入で離れてしまったユーザが戻ってくれることを期待した、というのもこのパックの目的の1つだと思います。

 

しかし、今回登場するリンクモンスターには意図したサポートテーマ内に収まりきらず、

種族ごとサポートできたり、種族の枠さえも通り越してしまった問題児くん達も収録されます。

 

というわけで今回は、枠をはみ出してしまったヤベー奴らをご紹介していこうとおもいます。

 

LVP1 テーマという枠を超えたサポートカード達

以下にLVP1に収録されるテーマを強化するリンクモンスターの一覧を記載します。

※テーマの枠を飛び越えたリンクモンスターには★マークを付けています。

 

■ ウルトラレア(5種)
《ライトロード・ドミニオン キュリオス》★★
《天球の聖刻印》★★
《魔導原典 クロウリー》
《聖騎士の追想 イゾルデ》★★
《水晶機巧-ハリファイバー》★★★

■スーパーレア
《パーペチュアルキングデーモン》★

《剣闘獣ドラガシス》
《ジェムナイト・ファントムルーツ》
《インヴェルズ・オリジン》
《甲虫装機 ピコファレーナ》★
《フレッシュマドルチェ・シスタルト》
《水精鱗-サラキアビス》★
《シャドール・ネフィリム》
《クリフォート・ゲニウス》★
《聖霊獣騎 キムンファルコス》
《セフィラ・メタトロン》★
《アロマセラフィ-ジャスミン》★
《彼岸の黒天使 ケルビーニ》★★
《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》★★
《暴走召喚師アレイスター》

 

一覧を確認していただいたところで、次に★が付いたカードを順に紹介していきましょう。

 

《水晶機巧-ハリファイバー》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

→言わずと知れた壊れカード。登場早々(登場前から?)、禁止候補ともいわれるほど、高いポテンシャルを持ったカード。

 (1)の効果はチューナーが墓地で発動する効果であれば、このターンでも発動可能という裁定がでているので、まずはこの効果と相性の良い《BF-隠れ蓑のスチーム》や《グローアップ・バルブ》から規制がかかるか・・・?

 

 

 

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左は下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

→一見出し辛そうだが、条件さえ揃えば難しくない。墓地に送るカードは魔法トラップでもよく、(3)の効果も合わせれば、擬似的にサーチもできる。色々と悪用できそうなカード。

 

 

《彼岸の黒天使 ケルビーニ》

 

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
レベル3モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。
(2):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。
(3):デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。

 

→彼岸をサポートするのはもちろんのこと、あらゆるレベル3主体のデッキで活躍可能。《魔開発現世行きデスガイド》《クリッター》《クレーンクレーン》《ダンディライオン》《ギャラクシー・ワーム》などと相性が良く、特に《ダンディライオン》は(3)の効果で墓地に送ることも可能で、即座にリンク4に繋げられる。(3)の効果はケルビーニ自身も対象に取ることができるため、彼岸デッキでなくても使用可能。

 

 

 

 

《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》

 

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの
表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(3):自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

→メタルフォーゼ始めあらゆるPモンスターテーマと相性がいい。

特に【魔術師】は非破壊時に効果を発動するものが多いため、カード名の【メタルフォーゼ】を差し置いて、もっとも相性の良いテーマと言えるでしょう。

(3)の効果は相手にPゾーンのカードを破壊させないためのけん制にもなります。

 

 

《アロマセラフィ-ジャスミン》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/植物族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
植物族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPが相手より多い場合、
このカード及びこのカードのリンク先の植物族モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。
デッキから植物族モンスター1体を手札に加える。

→LP回復時に発動する効果やLPが相手より上の時に適用される効果は、確かにアロマと相性がいい。

 しかし《ヴァレルロード・ドラゴン》を《マスマティシャン》1枚から出せてしまうのは如何なものなのか・・・。

 

sponsored link

  1.《マスマティシャン》で《ダンディ・ライオン》を墓地に送る。トークン2体生成。

  2.《アロマセラフィ-ジャスミン》をリンク召喚。リンク先の《マスマティシャン》を墓地へ送り《グローアップ・バルブ》を特殊召喚。

  3.《グローアップ・バルブ》を《リンクリボー》に変換。《グローアップ・バルブ》蘇生。

  4.3体で《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚。

 

《セフィラ・メタトロン》

 

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/幻竜族/攻2500
【リンクマーカー:左下/下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先の、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地のモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、
モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):このカード以外の、自分及び相手フィールドのEXデッキから特殊召喚されたモンスターを1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスター2体をエンドフェイズまで除外する。

→今回のはみ出しカードの中で唯一可能性を感じられないカード。

全体的に効果が重たいんですよね。何かのコンボに使われるのか。

 

 

《クリフォート・ゲニウス》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
(1):リンク召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず
このカード以外のリンクモンスターが発動した効果も受けない。
(2):1ターンに1度、このカード以外の、
自分及び相手フィールドの表側表示のカードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカード2枚の効果をターン終了時まで無効にする。
(3):このカードのリンク先にモンスター2体が同時に特殊召喚された時に発動できる。
デッキからレベル5以上の機械族モンスター1体を手札に加える。

→ターン1制限のない(3)の効果が強力!相性がいいのは、ペンデュラム召喚ができる【クリフォート】【ダイナミスト】や《シンクロキャンセル》や《機械複製術》で発動条件を満たせる【カラクリ】や【スクラップ】。

 

 

《水精鱗-サラキアビス》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/海竜族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
魚族・海竜族・水族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、
デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

→全《マスター・ボーイ》が泣いた!

 

(3)の効果が特に強力で墓地に水属性がいれば、墓地に送ったカードを蘇生することも可能(シーラカンス出せちゃう)。

 

しかし、(3)は自爆特攻でも発動できないため、ほぼ完全に相手依存。

 

本領を発揮するにはやはり【水精鱗】と組む必要があるか。

 

《甲虫装機 ピコファレーナ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、
このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから昆虫族モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力500アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
(2):自分の墓地の昆虫族モンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

→昆虫族全般で活躍可能。

   《ギャラクシー・ワーム》であれば、手札一枚からリンク召喚できる。

しかし、効果を(1)の効果を発動するにはもう一体の昆虫族がフィールドに必要だが、その効果は擬似的な墓地送りであり、非常に優秀。

(2)の効果は昆虫族専用の《ダイガスタ・エメラル》効果。

2つの効果のかみ合いもよく、【昆虫族】であれば召喚も難しくない。

【昆虫族】テーマのデッキパワー底上げしたカードと言えると思います。

 

※名前も可愛い

 

《パーペチュアルキングデーモン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
悪魔族モンスター×2
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎に500LPを払う。
または払わずにこのカードを破壊する。
このカードの(1)(2)の効果はそれぞれ同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):自分がLPを払った場合に発動できる。
その数値と同じ攻撃力か守備力の悪魔族モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
(2):悪魔族モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
サイコロを1回振り、その内の1体に出た目の効果を適用する。
●1:手札に加える。
●2~5:デッキに戻す。
●6:特殊召喚する。

→リンクマーカーが下に向いているので、悪魔族全般で活躍可能。

《醒めない悪夢》などでライフ1000を払《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》を墓地に送れば、その時点でアドバンテージを回復できる。

しかし、【彼岸】には強力なライバル《彼岸の黒天使 ケルビーニ》が存在するので、彼岸での採用は2番手としても難しいか。

 

このカードを採用するなら、リンクマーカー確保要員と割り切って【悪魔族】での採用になるか。

 

 

《聖騎士の追想 イゾルデ》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

→壊れという観点で言えば《水晶機巧-ハリファイバー》に次ぐカードだと思っています。

【聖騎士】で強いのはもちろん事、【HERO】や【剛鬼】など様々な戦士族テーマで活躍可能。

 

装備魔法とレベル1戦士族をセットで採用すれば効果(2)を使用する事で、フィールドアドバンテージを得ることができる。

 

《屈強の釣り師》であれば《水晶機巧-ハリファイバー》に繋げることができるため

、もう一体フィールドにモンスターがいれば次の相手ターンに《水晶機巧-グリオンガンド》をシンクロ召喚する準備が整う。

 

手札に《大盤振舞侍》があれば《サモン・ソーサレス》と絡めて6枚ドローのルートも。

 

とにかく色々と可能性があるカードである(禁止カード化の可能性も含め・・・)

 

《天球の聖刻印》

 リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/ドラゴン族/攻 0
【リンクマーカー:左下/右下】
ドラゴン族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手ターンに1度、このカードがEXモンスターゾーンに存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
(2):このカードがリリースされた場合に発動する。手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 

→万能リクルートと対象を取らない破壊以外の除去を兼ね備えた壊れカード。(2)のリクルート効果は攻守が0になるものの、効果は保持したまま。

 

《レッドアイズ・ダークネス・メタルドラゴン》の効果で失ったアドバンテージを回復でき、純粋にドラゴン族の動きの幅を広げる事に成功してます。

 

■まとめ

今回はリンクブレインズパックのはみ出しカード達を紹介しましたが、いかがでしたか?

 

個人的には、ハリファイバー、聖刻、イゾルデ、メタルフォーゼは壊れカードに認定しても良い(将来禁止候補)と思うのですが・・・。

 

もしこれらが全て禁止カード化するとしたら、リンクブレインズパックはコナ●の新たな黒歴史となりさらなるユーザ離れを引き起こしそうなので、今回のパックで登場したカードが例え、壊れてしまっているカードだとしても、コ●ミさんには禁止化以外の措置を取ってほしいものです。

 

と言うわけで今回はリンクブレインズパックのはみ出しカード達についてでした!

 

それではまた次回(^Д^)ノ

 

 

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ゆう(Yuu)
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック