イゾルデ 使い方

イゾルデの使い方【6枚ドロー】【リンク4へアクセス】【聖騎士との相性】


今回は2017年11月25日発売のLinkVrainsPack(LVP1)に収録される《聖騎士の追想 イゾルデ》の使い方についてご紹介します。

 

sponsored link

 

という訳でまずはテキストを確認しましょう。

 

《聖騎士の追想 イゾルデ》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果を発動できない。
②:デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

→まず効果①は万能の戦士族サーチ効果。これによりあらゆる【戦士族】デッキの動きに安定性をもたらすが、このカードを出すために戦士族を2体並べる必要があるので、このカードを出すか、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》などを出すかは状況次第で使い分けたいところ。

サーチしたモンスターはあらゆる行動が禁じられるのでそのターン中に使うのは難しいので、手札コストにしたり、使用するのは次ターン以降に回したりすることになるでしょう。

 

→そして効果②は装備魔法を墓地に送ることをコストに、戦士族モンスターをリクルートする効果。

 ①の効果と合わせればこのカードだけでこのカードを出すために失ったアドバンテージを取り戻せる。

 ②の効果で更に戦士族を並べれば《サモン・ソーサレス》にアクセスすることもでき、あちらの効果でリクルートしたモンスターとでリンク4までもっていくことも可能。

 

→②の効果を悪用(?)して、墓地に送って有益な装備魔法を積みまくればいいのでは?と企んでみたのですが、墓地で効果を発動する装備魔法で強力なものは存在せず、【戦士族】という縛り抜きでも《神剣-フェニックスブレード》くらいしか見当たらず。本命の【聖剣】でさえもデッキから墓地へ送ることで有益なカードはありませんでした。

 

《神剣-フェニックスブレード 》

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、このカードを自分の墓地から手札に加える。

 

しかし【聖騎士】では、②効果のコストで「聖剣」と名のついた装備魔法カードを墓地に送ることで、今まで【聖騎士】の課題であった墓地肥やしが一気に、それも装備魔法ピンポイントで行えるため、【聖騎士】エクシーズモンスターの効果を最大限に発揮できる様になる。

 

《聖騎士王アルトリウス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2000
「聖騎士」と名のついたレベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、
自分の墓地の「聖剣」と名のついた装備魔法カードを3種類まで選択してこのカードに装備できる。また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールド上の「聖剣」と名のついた装備魔法カードの数まで、フィールド上の魔法・罠カードを選んで破壊する。

 

《神聖騎士王アルトリウス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/戦士族/攻2200/守2200
レベル5「聖騎士」モンスター×2
(1):このカードがX召喚に成功した時、
自分の墓地の「聖剣」装備魔法カードを3種類まで対象として発動できる。
対象のカードをこのカードに装備する。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル4以上の「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

という事で、相性が良い【聖騎士】で使用してこそその真価を発揮する《聖騎士の追想 イゾルデ》ですが、もっと広い範囲で活躍する方法もあります。

 

sponsored link

 

イゾルデ 戦士族へ出張で【6枚ドロー】

①の効果は【戦士族】全般で活かせる事はご説明しましたが、以下の方法で6枚ドローが可能です。

(勘の良い方はもう気づかれてるかもしれませんが、先日もご紹介した《サモン・ソーサレス》を経由する例のあれです)

 

 

■出張パーツ

<メインデッキ>

・《ADチェンジャー》1枚

・《団結の力》1枚 (装備魔法であればなんでもOK)

・《大盤振舞侍》1枚

 

EXデッキ

《聖騎士の追想 イゾルデ》

《サモン・ソーサレス》

 

■条件

・《大盤振舞侍》が手札にあること。(増援やイゾルデでサーチ可能)

・デッキに《ADチェンジャー》と攻撃力1000未満の戦士族と装備魔法があること。

 

《大盤振舞侍》

効果モンスター
星3/光属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、相手プレイヤーは手札が7枚になるようにカードをドローする。

 

《ADチェンジャー》

効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 100/守 100
自分のメインフェイズ時に、
墓地のこのカードをゲームから除外し、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの表示形式を変更する。

 

 

■手順

1.戦士族を2体並べ、《聖騎士の追想 イゾルデ》をリンク召喚。

2.《聖騎士の追想 イゾルデ》の①の効果で戦士族サーチ。(コンボに関係なし)

3.《聖騎士の追想 イゾルデ》の②の効果で装備魔法1枚を墓地に送り、《ADチェンジャー》をリクルート。

4.《聖騎士の追想 イゾルデ》と《ADチェンジャー》で《サモン・ソーサレス》をリンク召喚。

5.《サモン・ソーサレス》の効果で相手フィールドに手札の《大盤振舞侍》を特殊召喚し、自分フィールドに攻撃力1000未満の戦士族(便宜上《切れぎみ隊長》とします)を守備表示(強制)でリクルート。

6.墓地の《ADチェンジャー》の効果で《切れぎみ隊長》を攻撃表示に変更。

~バトルフェイズ~

7.《切れぎみ隊長》で《大盤振舞侍》に攻撃。《大盤振舞侍》効果で手札が7枚になるようにドロー。

※《聖騎士の追想 イゾルデ》効果①でサーチするカードが《白銀のスナイパー》であれば7枚ドローも可能。

 

《白銀のスナイパー》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1500/守1300
このカードは魔法カード扱いとして
手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが
相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
このカードを墓地から特殊召喚し、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

 

・・・

 

というわけで以上の手順であれば、比較的少ない出張枚数で6枚ドローができます。

 

《大盤振舞侍》はともかく《ADチェンジャー》や《団結の力》は単体でも比較的使いやすい部類に入るので、わりと現実的な出張かと。

 

貴方の【戦士族】デッキにも、是非一度《聖騎士の追想 イゾルデ》出張セットのご検討を(*´ω`*)ノ

【広告:前段では閃刀姫を輩出したDBP。今回も環境テーマくるか!?】

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック