ピンポイントランディング 相性

ピンポイントランディングと相性の良いテーマ!【夢の永続2ドロー!!!】


こんにちはポッターです!

 

今日は海外のCybernetic Horizonで先攻発売となったPinpoint Landing(おそらく日本語名は《ピンポイントランディング》になるであろう)と相性の良いテーマについてご紹介していきます!

 

SPONSORED LINK

 

それでは、まず効果の確認をしていきましょう!

 

《Pinpoint Landing》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスター1体のみが手札から特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分エンドフェイズに、このターンこのカードの(1)の効果でドローしなかった場合にこのカードは墓地へ送られる。

 

 

→効果は至って単純!

 手札から1枚のみのSSに成功したときに1ドローする効果!

 自分のターンにこの効果を使えないと自壊するので、何としてでもSSしたい所。

 そしてできれば相手ターンにも(1)の効果を使いたいところですね。

 

SPONSORED LINK

 

ピンポイントランディングと相性の良いテーマ

ここからはピンポイントランディングと相性の良いテーマをご紹介していきます!

 

 

【ジャックナイツ】

デッキを構成するモンスターが以下の共通効果を持っており、《ピンポイントランディング》が永続魔法というのも相まって非常に相性が良い。

 

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。

 

 

【六武衆】

デッキの中核をなすモンスター(《真六武衆-キザン》《真六武衆-カゲキ》《六武衆のご隠居》《六武衆の師範》)が手札からのSS効果を持っています。

 

《真六武衆-キザン》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 500
(1):自分フィールドに「真六武衆-キザン」以外の「六武衆」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドにこのカード以外の「六武衆」モンスターが2体以上存在する場合、このカードの攻撃力・守備力は300アップする。

 

【P召喚】

ペンデュラム召喚でもこのカードの適用条件を満たすことができますが、2枚以上のカードをSSすると適用されない点に注意!

 

【SPYRAL】

こちらも手札からのSSが得意なデッキの一つ。純構築にして《SPYGAL-ミスティ》や《SPYRAL GEAR-ドローン》でデッキトップを確認しつつ、《SPYRAL-ダンディ》をSS出来れば《ピンポイントランディング》の1ドローが適用できます。

 

<ダメージ回避系モンスター>

テーマとは少しずれますが、以下の様に、相手ターンに誘発効果でSS出来るモンスターであれば、《ピンポイントランディング》の効果をより効率的に使用することができます。

 

《バトルフェーダー》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

《ガガガガードナー》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1500/守2000
相手モンスターの直接攻撃宣言時、このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードが攻撃対象に選択された時、手札を1枚捨てる事で、
このカードはその戦闘では破壊されない。

 

 

《護封剣の剣士》

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻 0/守2400
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、特殊召喚したこのカードの守備力がその攻撃モンスターの攻撃力より高い場合、その攻撃モンスターを破壊する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

 

《パーリィナイツ》

効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2300/守2100
(1):相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
その後、受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つモンスター1体を手札から特殊召喚できる。

 

 

まとめ

ぱーっと思いつく限りの《ピンポイントランディング》と相性の良いテーマとカードを上げてみましたが、いかがでしたか?

 

ちなみに、上記テーマを選出した基準は以下になります。

 

 

①手札から1体のみを頻繁にSSするテーマ(必須)

②構築次第で長期戦に持ち込めるテーマ

 

②についてはちょっと疑問に思う方もいると思うので、設定した理由をご説明します。

 

このカードは確かに膨大なアドバンテ―ジを稼ぐことができるのですが、1ターンに稼げるアドバンテージには限りがあります。

なので長期戦に持ち込んでこそ真価を発揮するカードと捉え、②の基準を設定しました。

 

また、このカードが環境で活躍するかどうかですが、正直微妙なところです。

 

同じような効果を持つカードで《補給部隊》がありますが、

 

《補給部隊》

 

永続魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

実はこのカード、登場前は「アドバンテージの塊や!!」的な感じで、結構騒がれていた記憶があります。しかし、ふたを開けてみれば大会などで遭遇することはほとんどありませんでした。

 

今回の《ピンポイントランディング》は「フィールドのカードが破壊された場合」から「手札から1体のみSSされた場合」に代わっている為、若干使いやすくはなっている印象ですが、これがどう転ぶか…。

 

いずれにしても、日本での発売が楽しみなカードではあります!

 

 

あなたは《ピンポイントランディング》をどのテーマで使いたいですか??

 

オススメのテーマがあったら教えて頂けると嬉しいです(^^)/

SPONSORED LINK

 

コメントは5件です

  1. 匿名 より:

    kozmoとか相性良さそう
    下級の効果で上級呼ぶ時は手札からだし相手ターンでも効果使えるから相性良いと思う

  2. 匿名 より:

    タスケナイトは手札からじゃないからドロー出来ませんね。。。

    • yugioh-kankyou より:

      >タスケナイトは手札からじゃないからドロー出来ませんね。。。
      ご指摘ありがとうございます!
      うっかりでした(´;ω;`)
      タスケナイトは削除します。

  3. 匿名 より:

    リリカルルスキニアはいかがでしょうか
    速攻型のデッキですが、レベル1を多数展開する点、金華猫で特殊召喚する機会が多い点、速攻型ゆえに1枚のドローが大きい点(かつ地獄の暴走召喚を採用する場合は強貪を使えない点)で相性がいいと思います

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿