環境2番手

環境2番手たちが決定!!・・・【サンダードラゴン】はどうなったのか?@週刊デッキランキング


こんにちはポッターです。

 

レギュレーション2018.07も今週で早くも5週目となり、中盤に差し掛かってまいりました。

 

ここまでくると、統計の精度が高くなってくるため、

 

1番手と2番手がハッキリしてくる頃合いでもあります。

SPONSORED LINK

 

1番手はご存知の通り【閃刀姫】なのですが、気になるのは2番手のデッキですよね。

 

 

環境2番手は・・・?

環境デッキを文字でツラツラァ~っと書いていくのもいいんですが、

 

やっぱりてっとり早いのはこの方法です。

 

そう、毎週紹介している環境デッキのシェアを示した円グラフです。

 

※先週発売のソウル・フュージョンで登場した【サンダー・ドラゴン】のランクインはありませんでした。。。ちょっと残念。

ちなみに今週の統計対象デッキは14デッキと平常時と比べて多く、3連休にたくさんのCSが行われていたことが分かるのですが、このブログが集計の対象にしているCS(参加人数40人以上の大会)においての【サンダー・ドラゴン】のランクインがありませんでした。

他ブログなどで【サンダー・ドラゴン】の優勝報告が上がっておりますが、それはおそらく上記の条件に満たない小さな大会でしょう。デッキのパフォーマンス的には大規模大会で入賞してもおかしくないと思うので、今後の動向に期待ですね!

SPONSORED LINK

 

本題に戻りましょう。

 

デッキシェアでみると「2番手」と言えるのはデッキシェア10%前後を占める、以下の3テーマです。

 

【オルターガイスト】

【リンクユニオン】

【剛鬼】(闇)

 

この様に、環境デッキのタイプが分かれているという事があり、今期は相対的に良環境と言えると思っています。

 

 

■デッキタイプ

【オルターガイスト】:罠で制圧し、魔法カードをメタる。

【リンクユニオン】:先攻制圧及び、後攻捲り性能も高く、先攻ワンキル型もある。

【剛鬼】:先攻制圧及び、後攻捲り性能が高いのは【リンクユニオン】と同様だが、貫通性能が異常に高い。

 

次回の環境デッキランキングでは「なぜ今期が良環境と言えるのか」について、具体的な理由を説明していこうと思います。

 

それでは、また次回お会いしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

《参考資料》

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿