後攻デッキ カード

後攻で光るカードとテーマ【39選】


最近、後攻テーマにハマっており、その流れで

 

「後攻テーマ」

 

 

「後攻で使えるカード」について纏めました。

 

良かったら見ていてください(*^-^*)

SPONSORED LINK

 

後攻で使えるカードとテーマ!

後攻デッキで使えるテーマとカードについて紹介していくのですが、その前に後攻デッキの魅力について語らせてください!(少しだけ)

 

後攻デッキの魅力その1後攻1キル(捲るの)が楽しい

相手が作った盤面をちょっとずつ崩していって、捲っていくことに快感を覚えます。

隙あらば後攻1キルです!

 

後攻デッキの魅力その2どんなに強く作っても相手のデッキの動きが見れる

先攻制圧デッキって、先攻ワンキルに次いでソリティア的なデッキですよね。

相手が手札誘発を持っていなかったらほぼ不可能な盤面を構築して、相手は何もせずにデュエルエンドみたいな。

パワーのある先攻制圧デッキを回しているとそういうデュエルが多くなるんですけど、後攻デッキの場合はどんなに強く作っても「二人でデュエル」ができます。

 

対戦相手とコミュニケーションを取りやすいという意味でも後攻デッキお勧めです!

 

後攻で強いテーマは?

それではまず初めに、後攻で強いテーマとその理由について、ご紹介していきます!

 

サイバードラゴン

サイバードラゴンの召喚条件(相手フィールドにモンスターが存在するときにSSできる)

・相手のEXデッキのモンスターを素材として《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》を出せる。

・火力が高い。

 

 

インフェルノイド

・煉獄の虚夢の効果適用条件が後攻向け(エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合、自分のデッキのモンスターも6体まで融合素材とする事ができる)

・《インフェルノイド・ネヘモス》はモンスター全体除去、《インフェルノイド・リリス》は魔法罠全体除去効果を持っており、相手フィールドにカード存在していた方が、それらのカードでアドバンテージを得やすい。

・後述する《隣の芝刈り》《PSYフレームギア・γ》と相性が良い。

・高火力

 

列車

 

・緊急ダイヤの発動条件が「相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合」の為、後攻向け。

・高打点

 

 

 

方界

・少ない特殊召喚数で高打点(3000の2回攻撃)を叩き出せる。+3000バーン効果付き。

 

 

シャドール

・影依融合の効果適用条件が後攻向け(エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。)

 

 

恐竜

《ダイナレスラー・パンクラトプス》(相手フィールドにいるモンスターの方が多いときSSできる)、《究極伝導恐獣》(全体攻撃)の効果が後攻向け。

・《魂喰いオヴィラプター》から《怒炎壊獣ドゴラン》(後述の【壊獣】共通効果持ち)をサーチできる為、捲りやすい。

 

機界騎士

SSできる条件が相手依存。(2枚以上カードが存在する縦列にSSできる)

 

召喚獣

・相手の墓地にモンスターが存在したほうが、動きやすい。(《召喚魔術》は自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。)

・(相手の墓地にモンスターが居れば)1枚初動なので、手札誘発モンスターを積みやすい。

・《召喚獣プルガトリオ》は相手モンスターに1回ずつ攻撃できる為、モンスターを一掃及び1キルしやすい。

 

閃刀姫

・各カードが単体で機能する為、手札誘発モンスターを初めとする後攻札を採用しやすい。

・1対1交換を得意とするため、後攻で1枚手札が多くスタートできるのがメリットとなりやすい。

 

トリックスター

 

・1枚初動なので手札誘発等を積みやすい。

・《トリックスター・ライトステージ》はサーチに加え、相手の伏せを封殺除去を行えるので、効果でこそ真価を発揮する。

 

 

ハーピィ

・《ハーピィの狩場》はハーピィレディが出る度に相手のバックを割れるので、後攻だとアドを稼ぎやすい。

・レベル4テーマなので、後攻1キルできる《No.39 希望皇ホープ・ダブル》(後述)を出しやすい。

 

SPONSORED LINK

 

後攻で使えるカード

次に後攻で光るカードについてです。

 

バック除去カード

後攻だと相手の強力な伏せカードに屈することも大いに考えられます。

 

代表的な除去札としては《ハーピィの羽根帚》《ツインツイスター》があり、環境次第ではメインから投入しても活躍できます。

 

また、《王宮の勅命》(魔法無効)や《魔法族の里》(魔法を発動できない)の対策として《タイフーン》の採用も視野に入ります。

 

以下はオススメのバック除去カードです。

 

 

《ハーピィの羽根帚》

通常魔法
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 

 

《ツインツイスター》

速攻魔法
(1):手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

《サイクロン》

速攻魔法
(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

《コズミック・サイクロン

 

速攻魔法
(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

 

 

《タイフーン》

通常罠
相手フィールドに魔法・罠カードが2枚以上存在し、自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

 

手札誘発カード

後攻で相手を捲る用のカードを用意しても、相手に「どうやっても打開できない盤面」を作られてしまったり、「先攻ワンキル」をされたら元も子もありません。

 

なので、後攻デッキだとしてもある程度、手札誘発モンスターカードは積んでおいた方が良い場合もあります。

 

特に破壊と無効を同時に行える《PSYフレームギア・γ》は先攻だと腐りやすい反面、後攻だと発動しやすく、効果が強力である為オススメです。

 

《PSYフレームギア・γ》

特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

 

相手フィールドのモンスターをリリース

「このカードはリリースできない」という耐性を持っているカード以外であれば、ほとんどのカードを除去できます。

 

 

相手にモンスターを渡してしまうというデメリットもありますが、昨今はモンスター数が多くても妨害効果がなければ支障がない場合が多い為、あまり気にならない。

 

【壊獣】

以下の共通効果を持つ。

 

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

 

《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》

特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に相手フィールドに特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。
(1):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

 

《ヴォルカニック・クイーン》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2500/守1200
このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上のモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を墓地へ送る事で、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時にこのカード以外の自分フィールド上の
モンスター1体をリリースするか、自分は1000ポイントダメージを受ける。このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

 

 

《ラーの翼神竜-球体形》

効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、
自分フィールドのモンスター3体をリリースして自分フィールドに召喚、または相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚しなければならず、
召喚したこのカードのコントロールは次のターンのエンドフェイズに元々の持ち主に戻る。
(1):このカードは攻撃できず、相手の攻撃・効果の対象にならない。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「ラーの翼神竜」1体を、召喚条件を無視し、攻撃力・守備力を4000にして特殊召喚する。

 

 

《サタンクロース》

効果モンスター
星6/光属性/悪魔族/攻1200/守2500
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(2):このカードがこのカードの(1)の方法で
特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。
この効果を発動したプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

 

 

簡易融合

《簡易融合》からSSできる《サウザンド・アイズ・サクリファイス》は相手フィールドのモンスターを吸収できるので、後攻で活躍しやすいです。

更にこのカードから《サクリファイス・アニマ》になれば、(マーカーの向き方によっては)召喚権を使わずに合計2体の除去が可能。

《簡易融合》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》

融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、
このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。

 

《サクリファイス・アニマ》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/魔法使い族/攻 0
【リンクマーカー:上】
トークン以外のレベル1モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。

 

SPONSORED LINK

精神操作

相手のモンスターを無条件に奪えるのは強い。(シンクロ時代は制限カードに指定されていた)

 

攻撃できないが、リンク素材などにしてしまえば、相手の高耐性モンスターも怖くない!(対象耐性の前では無力)

 

《精神操作》

通常魔法
(1):相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。

 

拮抗勝負

相手のアドバンテージをごっそり奪っていけるカード。

 

相手の《神の宣告》等のこのカードを無効にする効果を他のカードに打たせて、如何にしてこのカードを通すかがプレイングのポイント。

 

《拮抗勝負》

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

 

 

影依融合

相手フィールドにEXデッキから特殊召喚されたモンスターが存在すれば、このカード1枚で、フィールドアドバンテージ、墓地リソース*2を稼げる壊れカード。

墓地へ送るシャドールモンスターで、最も汎用性が高いのは、素引きでもアタッカーとして使えバックを割れる《シャドール・ドラゴン》か。

 

 

《影依融合》

通常魔法
「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

 

《シャドール・ドラゴン》

リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1900/守 0
「シャドール・ドラゴン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

 

ダイナレスラー・パンクラトプス

後攻デッキ代表カードと言っても過言ではないくらいの採用率であるのと同時に、後攻サイチェンで採用されることも多いので、環境でもよく見るカード。

SSできる2600、且つフリチェ破壊は単純に強い。

 

※パンクラトプスのSS効果は名称ターン1ですが、除去効果は別のカードであれば名称ターン1ではない裁定。

 

《ダイナレスラー・パンクラトプス》

効果モンスター
星7/地属性/恐竜族/攻2600/守 0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

SPONSORED LINK

超融合

相手が苦労して作ったモンスター達を軒並み吸い取っていく。

 

もちろん先攻でも機能しないという訳ではないが、後攻でターンをもらうタイミングでは相手がリソースを割いて出したモンスターがフィールドに存在する場合が多いので、先攻よりアドバンテージを稼ぎやすい。

 

《超融合》

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

一撃必殺!居合いドロー

相手のフィールドのカードの数を参照するので、後攻2ターン目以降でないと機能しないが、決まれば強力。

手札を墓地へ送る

・墓地のリソース回収

・墓地肥やし

を一手に担う。

 

バーン効果の成功確率は3枚採用しても6%前後なので、一撃必殺は期待しない方が良さそう。

 

《一撃必殺!居合いドロー》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
相手フィールドのカードの数だけ自分のデッキの上からカードを墓地へ送り、その後自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、それを墓地へ送り、フィールドのカードを全て破壊する。
その後、この効果で破壊され墓地へ送られたカードの数×2000ダメージを相手に与える。
違った場合、自分はこの効果でデッキから墓地へ送ったカードの数だけ、自分の墓地のカードを選んでデッキに戻す。

 

隣の芝刈り

後攻はバトルフェイズを行えるので「このターン中に決め切ることができれば」たとえ《増殖するG》で大量にドローされようとも、関係ない!という発想で後攻ではわりと採用されることの多いこのカード。最近は手札誘発モンスターの数も増えている為、Gツッパが成功しないこともしばしば…。

 

 

ただ、《灰流うらら》待ちの《PSYフレームギア・γ》とは相性がよかったりする。

 

少ない特殊召喚数で高火力を確保しやすい【インフェルノイド】とは特に相性がよく、しばしば採用される。

 

《隣の芝刈り》

通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 

魔鍾洞

相手フィールドのモンスター数がこちらのモンスター数より多ければ、こちらは手札誘発モンスターを初めとする相手のモンスター効果におびえる必要がなくなる。

 

体制が整ったところで、このカードをどかす手段があれば、通常不利となりやすい後攻で立ち回りやすくなる。

 

相手のデッキ次第では、このカードを除去する手段がなく、ライフ差がつけばそのまま勝ちが確定することもある程のパワーカード。

 

《魔鍾洞》

フィールド魔法
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(2):自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。
このカードを破壊する。

 

SPONSORED LINK

No.39 希望皇ホープ・ダブル

このカードに《No.39 希望皇ホープ》を重ねて《ダブル・アップ・チャンス》を発動できれば、攻撃力10000で相手モンスターに殴り掛かることができる。

 

攻撃力2000以下のモンスターが相手フィールド上に存在し、ランク4を立てられればワンキルとなる為、わりと条件は緩い。

 

《No.39 希望皇ホープ・ダブル》

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻 0/守2500
レベル4モンスター×2
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「ダブル・アップ・チャンス」1枚を手札に加える。
その後、「No.39 希望皇ホープ・ダブル」以外の「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は倍になり、直接攻撃できない。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

《ダブル・アップ・チャンス》

 

速攻魔法
(1):モンスターの攻撃が無効になった時、そのモンスター1体を対象として発動できる。
このバトルフェイズ中、そのモンスターはもう1度だけ攻撃できる。
この効果でそのモンスターが攻撃するダメージステップの間、そのモンスターの攻撃力は倍になる。

 

《No.39 希望皇ホープ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2
(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスターの攻撃を無効にする。
(2):このカードがX素材の無い状態で攻撃対象に選択された場合に発動する。このカードを破壊する。

 

参考動画:

youtube
正しい URL を指定してください。

 

励輝士 ヴェルズビュート

発動条件こそありますが、全体除去効果を適用できれば一気にアドバンテージを稼ぐことができます。

相手が有利(リソースがある)な状況で発動できるので、戦況をひっくり返すのに一役買いますが、相手にリソースがあるという事は、妨害札も多い傾向となるので、全体除去効果が通ることは稀でしょう。

 

《励輝士 ヴェルズビュート》

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/悪魔族/攻1900/守 0
レベル4モンスター×2
(1):自分メインフェイズまたは相手バトルフェイズに、相手の手札・フィールドのカードを合計した数が自分の手札・フィールドのカードを合計した数より多い場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

 

 

ブラックローズ・ドラゴン

先述の《励輝士 ヴェルズビュート》と同様、こちらも全体除去効果を持っており、戦況をひっくり返しやすいですが、昨今はモンスター効果を無効にする妨害カードが簡単に飛んでくるので過信は禁物。

 

 

《ブラックローズ・ドラゴン》

 

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。フィールドのカードを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手の守備表示モンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力はターン終了時まで0になる。

 

 

ヴァレルソード・ドラゴン

後攻デッキに限らず、どんなデッキでも活躍シーンの多いカードですが、後攻1キルを狙っていきたいデッキでは必須カードとなります。

※このカード+攻撃力2000以上のカードで1kill

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》

 

まとめ

 

後攻デッキで活躍するんじゃないかなぁと思われるカードをまとめてみましたが、いかがでしたか?

後攻デッキで活躍できるカードには以下の特徴があります。

 

 

・優秀な除去効果を持つカード

・手札誘発カード

・全体攻撃ができるカード

・全体除去効果を持つカード

・高打点のカード

 

EXデッキ以外は)結構網羅的に書いたつもりですが、他にコレっ!っていうのありましたらご報告頂けると幸いです(*'ω'*)

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿