サイバードラゴン 出張

サイバードラゴン出張の除去性能が有能すぎぃぃwww


こんにちは、ポッターです。

 

今日は「サイバードラゴン出張の除去性能が有能すぎぃぃwww」という事で、

 

環境で使われている「サイバードラゴンの出張セット」の内容と「その出張セットで出来ること」について纏めてみました。

 

 

sponsored link

 

それではまず、効果をおさらいしておきましょう。

 

《サイバー・ドラゴン》

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

 

皆さんご存知の通りサイバードラゴン自体は除去効果を持っているわけではなく、

 

このカード融合素材とする融合モンスターを融合召喚する際に相手のモンスターを巻き込むことで除去を行う

 

んですね。

 

これを踏まえたうえで、サイバードラゴン出張の中身をひも解いていきましょう。

 

 

sponsored link

 

サイバードラゴン出張の内容は?

サイバードラゴンの出張で出来ることは以下の3つです。

 

サイバードラゴンでキメラテックフォートレスをだす

《サイバー・ドラゴン》と機械族を融合素材に《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を融合召喚します。

 

 

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。

 

■使い方

この出張で対策できるのは【サイバー・ドラゴン】と【機械族】テーマです。

 

【サイバー・ドラゴン】を対策する場合、出張パーツは《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》だけでよく、素材はすべて相手フィールドのモンスターでまかないます。

 

もちろん、相手のフィールドに《サイバー・ドラゴン》がいない場合もあるので、必ずしも《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》をSS出来る状況に訳ではないので注意が必要。

 

なのでこの対策はあくまでも「あわよくば相手フィールドを消費無しで一掃できる」手段くらいに思っておいた方が良いでしょう。

 

 

【機械族】テーマを対策する場合の出張パーツは《サイバー・ドラゴン》と《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の2種類です。

 

先述の対【サイバー・ドラゴン】デッキとは違い、相手フィールドに《サイバー・ドラゴン》が存在するシチュエーションはあまりないので、こちらで《サイバー・ドラゴン》を用意してやる必要があります。《サイバー・ドラゴン》と機械族がフィールドにそろえば、それらを素材にフォートレスをSSすることができるので、高い耐性を持った機械族モンスターを簡単に除去できるのが強みです。

 

サイバードラゴンでキメラテックメガフリートドラゴンを出す

 

《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》

 

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

 

■使い方

この出張では《サイバー・ドラゴン》モンスターと《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》を採用する事で、主にEXモンスターゾーンを使用するテーマの対策を行います。

 

現環境でいうなら【閃刀姫】【オルターガイスト】などの比較的低速なテーマから、モンスターの大量展開をするようなテーマまで幅広く対応できます。

 

中でもモンスターの大量展開盤面の突破手段になりえるのは優秀。

例えば相手が《トライゲート・ウィザード》の3相互+【トロイメア】の3耐性の盤面を敷いていたとしても、《サイバー・ドラゴン》をフィールドに出せてしまえば、相手のフィールドのEXモンスターゾーンのモンスターを素材にして《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》を出せるので少なくとも《トライゲート・ウィザード》の3相互状態は解除できます。(3相互がなくなればだいぶ楽になる)

 

この様なシチュエーションの場合《ラーの翼神竜-球体形》の方が有効になることが多いのですが、この出張は相手フィールドのモンスターカードが2枚以下であっても機能するので、《ラーの翼神竜-球体形》に比べて小回りが利く出張であるといえます。

 

また、EXモンスターゾーンのモンスター以外のモンスターは「サイバー・ドラゴンモンスター」であればいいので、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》などでも代用可能。

 

《トゥーン・サイバー・ドラゴン》

トゥーン・効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
(3):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。

 

→このカードは《サイバー・ドラゴン》と同じ特殊召喚条件を持ちながらも《トゥーンのもくじ》からもサーチできるので、墓地肥やし&デッキ圧縮をしつつ、より安定して手札に引き込むことが可能です。

 

 

サイバーエルタニンを出す

この章はおまけ程度に見てください(^_^;)

 

《サイバー・エルタニン》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
機械族・光属性モンスターを全て除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードを特殊召喚するために除外したモンスターの数×500になる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカード以外のフィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送る。

 

《サイバー・エルタニン》は主に【サイバー・ドラゴン】や【ヴァイロン】等の光属性・機械族のテーマで使用されるカードなのですが、以下のサーチカードの存在から以前よりも比較的安定して出張できるようになりました。

 

《エマージェンシー・サイバー》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター
または通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
(2):相手によってこのカードの発動が無効になり、
墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

→このカードで《サイバー・エルタニン》の召喚コストとなるモンスターと自身の両方をサーチできるのでどちらか片方が無いときに重宝します。

また、後述の《サイバー・ドラゴン・コア》とセットで採用する事で《サイバー・ドラゴン・コア》1枚から《サイバー・エルタニン》SSまでを行うことができます。

 

まぁ、SS時の効果が派手なだけにそこまで安定しません(^_^;)

安定性を求めるのであればやはり光属性・機械族のテーマで用いた方が無難でしょう。

 

素材指定の緩い且つ強力な光属性・機械族のリンクモンスターとかが出てくれれば、もっと使いやすくなるのですが、現状そこまで汎用性の高いのはいないんですよね。

 

まぁ効果は強力なので、将来に期待しましょう。

 

サイバードラゴン扱いとできるカード

ちなみにー、ですが《サイバー・ドラゴン》扱いとできるカードを紹介しておきましょう。

 

お使いのデッキの都合上、上級モンスターである《サイバー・ドラゴン》は使いにくい等がある場合は下記のカードでも代用できます(*´ω`*)

 

《サイバー・ドラゴン・ネクステア》

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 200/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

《ワン・フォー・ワン》で持ってこれるのは優秀ですね('ω')

手札からSS出来るモンスターというだけでも汎用性は高いです。

《機械複製術》にも対応。

 

《サイバー・ドラゴン・コア》

効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 400/守1500
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した場合に発動する。デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

→召喚権を使い、アドバンテージを得ることができるこのカード。(3)の効果もめっちゃ強い。なんだこのアドバンテージの塊はw

 

 

《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードのレベルをターン終了時まで5にする。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地からこのカード以外の「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

→他のカードと比べると出張としては若干扱いづらそうです。墓地へ送られた時のサルベージは悪くないのですが初動になりにくいんですよね。

 

環境で実際に使われているサイバードラゴン出張は?

環境で使われていサイバードラゴン出張は以下の通りとなります。

 

 

 

①《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》1枚のみ

②《サイバー・ドラゴン》1~2枚と《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》1枚。

 

①はEXデッキに余裕のある人が、環境でもたまに見る【サイバー・ドラゴン】デッキを対策した出張内容となります。

が、この出張内容は本当にたまにしか見かけません。

 

 

②のセットでの採用は大会で頻繁に見かけます。

当ブログの統計対象のデッキには【サイバー・ドラゴン】カテゴリがランクインしていないにもかかわらず、《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》の平均採用枚数が0.16枚(下記参照)となっているので、皆さんそれなりにこの出張をしているのがうかがえます。

 

 

※【剛鬼】や【たんぽぽサンバ】のような大量展開系のデッキはもちろん【閃刀姫】【オルターガイスト】でも機能するのが良いですね。

また、打点2100のSS出来るモンスターは純粋に強いよな(*´ω`)

 

■まとめ

本日はサイバードラゴン出張セットついてでしたがいかがでしたか?

 

環境では上記②の出張セットが殆どでしたが、今回はそれ以外の出張セットについても触れてみました。

 

この記事があなたのデッキに、より合ったサイバードラゴン出張セット発見の糸口になれば、嬉しく思います。

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
最近の投稿