超融合 オススメ

超融合でオススメの環境対策モンスター!【7選】【+おまけ】(アースゴーレム@イグニスター(ゆうせんどB)を追記)


《超融合》で汎用的に出せて環境対策になるモンスター、オススメ7選!

 

というニュアンスのタイトルにしましたが、

 

なぜ「7選」って限定した????やめとけって、おい!!

 

と数か月前の自分を小一時間問い正したい。

 

SPONSORED LINK

 

増殖する超融合で出したいモンスター

「”7選”にした自分を問い正したい」というのも、カードゲームというコンテンツの性質上、

 

日を追うごとにカードは増えていくわけで…

 

この記事を更新している2019年10月現在にはついにあの大台

 

10000種類

 

を超えようとしているところなんですよね。

 

いや増えすぎだろ。

 

単純計算1年で500種類くらい増えている計算になるので、

 

私が、この記事のタイトルを「オススメ7選」にしようが、「オススメ114514選」にしようが、

 

オススメするべき融合モンスターも時を経るに連れて増えていくんですよね。

 

なので、他のジャンルのブログでも気を付けなければいけないのですが、

 

こと遊戯王に関しては

 

「オススメ○選」なんてタイトルはご法度なんです。。

 

※まぁ「●選」ってやるとクリック率が上がるから付けたなんてここでは口が裂けても言えませんが。

 

はい。

 

ということで前置きが長くなりましたが、今日はそんな《超融合》から出せるモンスターが増えたので、

 

その分を加筆しにやってまいりました。

 

記載方法についてなんですが、今までは「オススメ7選+おまけ」という形にしていたのですが、

 

今回の更新で、優先度ごとに分けて記載いたしましたので、若干見やすくなったのではないかなぁと思います。

 

あ、その前に超融合の効果のおさらいをしておきましょうかね。

 

《超融合》

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。自分・相手フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

 

ツエェ!!!(決まれば)

 

「チェーンできない」ってなんだよ。

 

このカードの発動を無効にもできないし、リリース&エスケープも不可能。

 

そして「破壊」を介さず「対象」にもとらない除去。

 

なので、いくら妨害を構えようと、強力な耐性を持ったモンスターを並べようと

 

「ドラゴンリンク先攻7妨害!!!!!」

 

とかやられたとしても

 

「召喚条件さえクリアしてしまえば除去可能」

 

となるんですよね。(もちろん「融合素材にできない」とかの耐性があると無理ゲーですが)

 

まぁこの記事では《超融合》の凄さとか性能については置いといて、

 

《超融合》とセットで採用すべき、融合モンスターを紹介していきます。(お待たせしました)

 

 

超融合で出すモンスターを決める前に考えたいこと

 

ってまだ始まらんのかーい!!!( ゚Д゚)

 

すいません。

 

もう少々お待ちください。

 

オススメモンスターを紹介する前に、

 

この大前提を知っておいていただく必要があります。

 

これを知ってないと、次に紹介する融合融合モンスターたちを「どのような基準で選んだら良いのか」が分からなくなってしまいます

 

そうなってしまうと、以下に示す「優先度」も意味を成さないものとなってしまいますのでコレだけは知っておいてください。

 

その大前提とは…

 

「優先度は環境次第だがドロゴンとスターヴは入れたい」

 

ということです。

 

もう言葉のまんまです。

 

要は…

 

 

と言いたいところですが。

 

要約した結果が上記の赤字なので、これ以上噛み砕き様がありません。

 

微粒子レベルにかみ砕いて、この24文字に収めました。

 

ということで、この前提の認識を持った状態で超融合で出せるオススメモンスターについてみていきましょう!

 

(やっとだわ)

 

SPONSORED LINK

 

超融合で出せるオススメモンスター!

 

ゆうせんどS

優先度Sは

 

「よほど特殊な環境でない限り入れたいカード」

 

になります。

 

※ここに書いてあることはあくまで持論であり、絶対的な真理ではない点にご留意ください。

 

《沼地のドロゴン》

融合・効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1900/守1600
同じ属性で種族が異なるモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード及びこのカードと同じ属性を持つフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

→先述の「大前提」でも言及したドロゴンこと《沼地のドロゴン》です。

このカードを採用したい理由としては「明確なターゲットがいなくても超融合を打てるタイミングが増える」からです。

 

要は、超融合の仮想敵、仮想盤面とすべき相手に当たらなかった場合、超融合が腐ってしまうことがあるのですが、このカードの素材指定の緩さゆえ、様々なシチュエーションで超融合を発動することができるようになるんですよね。

 

もちろん万能ではありませんが、入れておいて損はない1枚です。

 

(耐性も案外強いです)

 

《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

→「スターヴ」こと《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》

こちらも大前提で記述しました。

 

こちらのモンスターをゆうせんどSに添えたのは1つの理由があります。

 

その理由とは

 

遊戯王が闇のゲームだからです

 

・・・( ^ω^)・・・?

 

わからなかった人のために少しかみ砕いて説明しましょう。

 

かれこれ20年続く遊戯王、カードプールは10000種類を届かんとしています。

 

そんな遊戯王のモンスターカードの属性のうち、最も多い属性は何かご存じでしょうか?

 

そう!

 

お察しがついている人が大半かとは思いますが、

 

最も多い属性は闇属性なんですよね。(闇属性:約1800枚、地属性:約1600枚、光属性が約1300枚、水属性・炎属性・風属性が約500~600枚台)

 

闇属性が優遇されているのはカードの数だけではありません。

 

現在、制限禁止カードに指定されているカードの内、最も多いのも闇属性なんですよ。

 

 モンスターは質・量ともに豊富であり、サポートカードも多数存在する。
 強力なカードが多いが故に禁止・制限カードに指定されているカードも多い。

引用:遊戯王wiki

 

2019.10レギュレーションでいうと、闇属性の制限or禁止に指定されているカードは36種類、時点の地属性が15種類なのでその差は歴然です。

 

で、ここで私が何を言いたいかというと…次の一言に尽きます。

 

いつの環境でも闇属性テーマがいるのでスターヴは入れ得!!

 

環境読み雑!?

 

と突っ込みをもらいそうですが、相当偏った環境でなければ「闇属性モンスターが2体並ぶことが珍しい環境」にはならないと思いますし、

 

その「相当偏った環境」になったとしても【HERO】や【アンデット】デッキは人気テーマであるため、それらのデッキに遭遇することはあると思います。

 

そういう意味で、よほどの理由がないかぎりは、スターヴは入れておいて損はない1枚だと思っています。

 

 

 

ここまでドロゴンとスターヴについて解説しましたが、「自分が入れたい」という事は「相手が入れている確率も高い」という事になりますので、

 

《超融合》で最低限この2枚は出されないケアプレイングを心掛けたいものです。

 

(自戒)

 

SPONSORED LINK

ゆうせんどA

はい、ここからは優先度Aということで

 

「枠が空いていれば環境問わずなるべく入れたい」

 

というラインの融合モンスターたちです。

 

ここまでで字数を使いすぎてしまったので、ここからは無駄な話とかうんちくとか一切なしで行きたいと思います。

 

《始祖竜ワイアーム》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
通常モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):「始祖竜ワイアーム」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、通常モンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されず、このカード以外のモンスターの効果を受けない。

→トークンも通常モンスターとして扱うので、環境でもよく見かける《ダンディライオン》《スケープ・ゴート》《トーチ・ゴーレム》《閃刀機-ホーネットビット》などを使用するデッキのメタにもなります。相手にしてみれば《レッド・リブート》《神の宣告》でも止められない《超融合》でトークン2体を除去されたうえ、高耐性を持った《始祖竜ワイアーム》が立ちはだかるという非常に厳しい状況になります。

 

このモンスター、デッキによっては除去困難で1枚で積むこともざらなので、意外なところで思わぬ活躍をしてくれるかもしれません。

 

《テセウスの魔棲物》

融合・チューナーモンスター
星5/水属性/アンデット族/攻2200/守1800
チューナー×2

《簡易融合》からSSされるモンスターとして良く見かけますが、《超融合》からでも出すことができます。

チューナーが2体並ぶことはそこまで多くない&効果を持たないので、採用優先度はそこまで高くないです。たまに《水晶機巧-ハリファイバー》に繋げる等、チューナーとしての役割を果たしてくれる場合もあります。

 

《捕食植物ドラゴスタペリア》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/植物族/攻2700/守1900
融合モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

→このカードは【サンダー・ドラゴン】【召喚獣】を始めとする融合テーマのメタになります。

効果も「相手ターンに相手フィールドに干渉できる」ため非常に強力です。

 

《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/植物族/攻3000/守3000
フィールドの闇属性モンスター×3
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカード以外のフィールドの
捕食カウンターが置かれたモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
(2):このカードが融合召喚されている場合、相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
(3):相手フィールドのモンスターに捕食カウンターが置かれている場合に発動できる。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

闇属性が跋扈している環境であれば、先述のスターヴに加え、このカードの採用もしておいて損はないです!

(1)、(3)の効果は単体では使えませんが、(2)の特殊召喚無効効果は汎用性が高く強力

 

名前が呼びずらいので愛称を付けました。

 

「トリッピー」です。

 

某教育教材会社のマスコットキャラクターのシマジ○ウの友達のあの鳥は関係ないですよ。

 

厳正(?)な審査をして決まったので、どうかみなさん”トリッピー”と呼んでやってください。

 

 

 

 

《重装機甲 パンツァードラゴン》

融合・効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻1000/守2600
機械族モンスター+ドラゴン族モンスター
(1):このカードが破壊され墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

《簡易融合》の先として優先度の高いこのモンスターですが、《超融合》の先としてもわりと重宝します!

具体的な使用方法としてはズバリ《水晶機巧-ハリファイバー》とドラゴン族の何かで混ざります。

《水晶機巧-ハリファイバー》は誘発即時効果で自身を除外することができるので、その効果を止めることは非常に難しいですが、

《超融合》はスタンバイフェイズもしくはメインフェイズに優先権を行使して打てるので《水晶機巧-ハリファイバー》の効果を使わせずに同カードを処理することができます。

 

ドラゴン族側は汎用性の高い《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を吸うことが多いです。

 

2019.10環境でいうと、仮想敵【魔術師】【オルフェゴール】でしょうか。

 

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》

融合・効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。
(2):このカードが元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ倍になる。
(3):「転生炎獣ヴァイオレットキマイラ」を素材として融合召喚したこのカードと戦闘を行うモンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ0になる。

→【転生炎獣】対策に加え、自身で《転生炎獣アルミラージ》を用意すれば、リンクモンスター全般を除去することも可能です。

他のカードと組み合わせて(2)の効果を使用すれば、予想外の大ダメージを与えられることも!

 

SPONSORED LINK

ゆうせんどB

優先度Bは、若干主観が入るのですが、優先度Aよりも範囲が狭い

 

「特定のテーマやジャンルのメタカード」

 

を紹介します!

 

《アースゴーレム@イグニスター》

融合・効果モンスター
星7/地属性/サイバース族/攻2300/守2000
サイバース族モンスター+リンクモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功したターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。
(2):EXデッキから特殊召喚されたモンスターをこのカードが攻撃するダメージステップの間、
このカードの攻撃力は元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊された時、「アースゴーレム@イグニスター」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

→素材指定が「サイバース+リンク体」という事で、汎用性の高さは「ゆうせんどA」以上には劣りますが、新たな選択肢として検討したい壱枚です。

奇しくもこのカードが登場した当時2019.10現在の環境には【未界域】という展開デッキが存在しており、そのデッキの先行展開では

 

 

・先攻2ハンデス

・《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》

・《召命の神弓-アポロウーサ》

・《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》

・墓地に《妖精伝姫ーシラユキ》

 

という盤面で、こっちのドローフェイズ(もしくはモンスターが場に出たタイミングで)《妖精伝姫ーシラユキ》の蘇生効果を起動し、+2ハンデスする、という動きをするのですが、

 

後攻で《超融合》を握れていれば、ウーサとガンブラーでこのカードを融合召喚できてしまうので1枚で解決可能なんですよね!

 

しかも+2ハンデスされないです!

 

さらにしかも、このカードの(2)の攻撃力倍化効果でタイタニックも撃破できます。

 

これは対【未界域】で入れない手はない!

 

 

《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
闇属性Pモンスター×2
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合に
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分または相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同じ,元々のカード名・効果を得る。このターン、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

 →《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》が制限カードになってから【魔術師】でよく使われるようになったこのカードですが、逆に【魔術師】対策にも使えます。ただ、このカードを出せる状況イコール、先述の《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を出せる状況でもあるので、相手ターンであればよほどの理由がない限り、出すのは《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》となるでしょう。このカードを使ってやりたいことがあるならワンチャン。

 

《ダイプレクサ・キマイラ》

融合・効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻2000/守 800
サイバース族モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。このターンのバトルフェイズ中にお互いは魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):融合召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地の、サイバース族モンスター1体と「サイバネット・フュージョン」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

→先日遊戯王VRAINSの放送が終わってしまいましたが、それでもまだまだHOTなサイバース族カテゴリ。

 

環境次第では一考の余地ありのカードです。

 

ただ今(2019.10)一番熱いサイバース族テーマ【転生炎獣】の対策なら先述のヴァイオレットキマイラでOK。

 

2018.07レギュレーションのころは【剛鬼】や【たんぽぽサンバ】などの《トライゲート・ウィザード》《ファイアウォール・ドラゴン》のエクストラリンクの盤面を返すのに使われていました。

 

懐かしいですね(^-^;

 

(1)の効果ですが、これがまた使えるのか使えないのかわからない効果です。

 

筆者はまだ使ったことがありません。

 

能動的にEXモンスターゾーンから退く手段としては使えそうですなのですがそんなに強くはないですね。(適当)

 

まぁ。そんなに強くはない効果が実はめちゃくちゃ強かったりするのが遊戯王の面白いところなので、使い方を考えてみてもいいかもしれません。

 

《冥界龍 ドラゴネクロ》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
アンデット族モンスター×2
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。
また、このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、そのモンスターの攻撃力は0になり、そのモンスターの元々のレベル・攻撃力を持つ「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

→2018年はアンデットYEARと言っても過言ではない程、新規アンデットテーマが登場&既存テーマが強化されました。

環境への進出度はまだ下火ですが、流行ってきたらこのカードの採用も検討できるでしょう。

ステータス、効果ともになかなか優秀である点も見逃せませんし、何よりトークンの名前がかっこよくないですか?

 

「ダークソウルトークン。出したい。」

 

《メタルフォーゼ・カーディナル》

融合モンスター
星9/炎属性/サイキック族/攻3000/守3000
「メタルフォーゼ」モンスター+攻撃力3000以下のモンスター×2

→【メタルフォーゼ】対策以外にも、【魔術師】等の《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を使用するデッキ対策になります。

先述の《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》と対策カテゴリの範囲がかぶり気味ですが、盤面によってはこのカードのほうが優秀に働く場合もあるので、環境次第では採用圏内です!

 

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星10/光属性/雷族/攻3200/守3200
「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

→対【サンダー・ドラゴン】ですが、このカードが出せる状況はそれほど多くないので、優先度は低めです。うまくいけば、相手のフィールドにサンダー・ドラゴンモンスターが3体で融合召喚することができるので余裕があれば&環境次第で再度にピン刺しもあり(?)

 

出すことさえできてしまえば、相手が手札で発動したサンダードラゴンカードの効果に直接チェーンして破壊効果を打てるのは優秀。

 

耐性も墓地の雷族とかサンドラカードとか関係なく持つことができます。

 

総じて、出せちゃえば結構強い、カードなのでワンチャン狙って入れるのもありかと。

 

《クインテット・マジシャン》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/魔法使い族/攻4500/守4500
魔法使い族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):魔法使い族モンスター5種類を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合素材にできず、効果では破壊されない。

【オルターガイスト】【魔術師】など、魔法使い族モンスターを大量展開するテーマの対策になります。

 

しかし、なかなか5体は並びにくいのでそのために1枚の枠割くかと考えると微妙なところ。

 

ただ決まれば、得られるアドバンテージは非常に大きいので、余裕があれば入れたい壱枚です。(オルターの大量展開盤面をまくったことが1度だけあります)

 

《F・G・D》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻5000/守5000
ドラゴン族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。

→先行展開でドラゴン族が5体並ぶ環境ってどんなんだろう・・・。

正直ゆうせんどBに書くか悩んだくらいなのですが、《クインテット・マジシャン》を書いて《F・G・D》を書かないのもいかがなものか?というのもあり書いておきました。

《クインテット・マジシャン》の方はほかの超融合先と被らないから優先度は少し高いのですが、こちらを出せる状況って同時にスターヴやトリッピーも出せる状況なんですよね。

 

なので正直微妙ですが、滑り込みセーフという事でこちらに書かせていただきました。

 

《星杯の守護竜アルマドゥーク》

融合・効果モンスター
星9/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
リンクモンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(2):このカードが相手のリンクモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時
その相手モンスターとリンクマーカーの数が同じリンクモンスターを
自分のフィールド・墓地から1体除外して発動できる。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

リンクモンスターで制圧する環境なら採用しておきたい1枚。

ただ、素材指定はリンクモンスター3体と重めなので「このテーマの子の盤面が今の環境には多い」など、具体的な理由がないと採用しても出せないことが多い。

 

 

SPONSORED LINK

 

ゆうせんどC

優先度Cは

 

「素材指定は比較的緩いが、実用性に乏しいモンスター」

 

を紹介していきます。

 

正直ここまで書く必要ある?という感じはしましたが、

 

自身のデッキや環境との兼ね合い次第で入らなくはないカードもあるのではないかと思います。

 

ここからはそれほど解説が必要でもなさそうなので、解説は割愛します。

 

決して手抜きをしているわけではないです!

 

そ、それではどうぞ!

 

《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》

融合・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3200/守2000
ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、墓地に存在するドラゴン族のシンクロモンスター1体をゲームから除外し、エンドフェイズ時までそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る事ができる。
また、このカードがフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、相手のカードの効果によって発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。

 

 

《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》

融合・効果モンスター
星10/光属性/魔法使い族/攻1400/守2800
魔法使い族Sモンスター+魔法使い族モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×1000アップする。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

《超合魔獣ラプテノス》

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2200/守2200
デュアルモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドのデュアルモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

 

 

《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星8/地属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
ドラゴン族・闇属性モンスター+獣族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合に
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

《覇勝星イダテン》

融合・効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻3000/守2200
レベル5以上の戦士族モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族・レベル5モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、手札を任意の枚数捨てて発動できる。
このカードの攻撃力は捨てた数×200アップする。
(3):このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つ相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
その相手モンスターの攻撃力をそのダメージ計算時のみ0にする。

 

 

 

《重爆撃禽 ボム・フェネクス》

融合・効果モンスター(制限カード)
星8/炎属性/炎族/攻2800/守2300
機械族モンスター+炎族モンスター
自分のメインフェイズ時、フィールド上に存在するカード1枚につき
300ポイントダメージを相手ライフに与える事ができる。
この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

《起爆獣ヴァルカノン》

融合・効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻2300/守1600
機械族モンスター+炎族モンスター
このカードが融合召喚に成功した時、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択した相手モンスターとこのカードを破壊して墓地へ送る。
その後、墓地へ送られた相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 

《ペアサイクロイド》

融合・効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻1600/守1200
同名の機械族モンスター×2
(1):このカードは直接攻撃できる。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

あなたのデッキと現環境にマッチする融合モンスターは見つけられたでしょうか?

 

冒頭でもお伝えしましたが重要なのは

 

「優先度は環境次第だがドロゴンとスターヴは入れたい」

 

という大前提。

 

ただ、本当に環境次第なので、場合によってはドロゴン、スターヴを入れないという選択もありです。

 

重要なのは環境をみてそれを決めること。

 

ただ「そもそも身内でやっているので環境とかはない」のであれば、

 

優先度順に許す限りの種類を

 

採用していただく感じでよいかと思います。

 

また、環境を見るのがめんどくさい!という方も同様に優先度順に採用していただければいいと思いますが、

 

環境は当ブログのこちら↓↓のコーナーで調査統計しているので、よかったらご参考にしていってください(^^♪

 

という訳で今日は《超融合》から出せる融合モンスターについてでした!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)/

SPONSORED LINK

 

コメントは4件です

  1. 池っち より:

    >>相手にしてみれば《レッド・リブート》や《神の宣告》でも止められない《超融合》で

    《レッド・リブート》って魔法もとめられたっけええええええ??

    • 匿名 より:

      ええ歳こいてガキみたいな煽りコメとかそんな恥ずかしい事するなよ恥ずかしい

  2. 匿名 より:

    サンダードラゴン対策としてドラゴスタペリア入れるのもありだけど、どっちかというとサンダードラゴン側が入れても問題なさそうな性能してる

  3. 匿名 より:

    しぃーら

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿