トーチゴーレム 出張

トーチ・ゴーレム出張の条件


《セキュリティ・ドラゴン》が登場してからというもの、価格高騰や禁止可カード候補に挙げられるなど、何かと話題の《トーチ・ゴーレム》

今回はそんな《トーチ・ゴーレム》の出張についてまとめてみました。

 

sponsored link

《トーチ・ゴーレム》

効果モンスター 星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300 このカードは通常召喚できない。 このカードを手札から出す場合、自分フィールド上に「トーチトークン」 (悪魔族・闇・星1・攻/守0)を2体攻撃表示で特殊召喚し、 相手フィールド上にこのカードを特殊召喚しなければならない。 このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚はできない。

 

トーチゴーレム出張で実用性のある使用方法

《トーチ・ゴーレム》1枚で《ファイアウォール・ドラゴン》を2体並べてからの展開でFTK(先攻ワンキル)もありますが、FTKともなるとメインデッキに採用する必要があるカードも増えるので出張とは言い難く、これではもはや起業です。

引用:SNOO GAMES様

なので今回は『出張』と言えるくらいのコンパクトな枚数で収まる動きについて解説しようと思います。

 

トーチ・ゴーレム一枚でできること

先述の通り《トーチ・ゴーレム》一枚からファイアウォールを2体並べることが出来ます。

が、ここで紹介するコンボはそれでは《ファイアウォール・ドラゴン》2枚では飽き足らず、後攻ワンキル盤面までもっていきます!

そのために必要なパーツと手順について確認しましょう!

 

 

sponsored link

トーチゴーレム出張パーツ

メイン(手札):3枚
  ・《トーチ・ゴーレム》1枚
  ・任意の効果モンスター2体

エキストラ:8枚
 ・ファイアウォールドラゴン:2枚
 ・アカシックマジシャン  :1枚
 ・セキュリティドラゴン  :1枚
 ・リンクリボー      :2枚
 ・プロキシー・ドラゴン  :1枚
 ・ヴァレルロード・ドラゴン:1枚

  それではまず、それぞれのカード効果についておさらいしておきましょう。
 

《ファイアウォール・ドラゴン》

リンク・効果モンスター リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】 モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、 自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 (2):このカードのリンク先のモンスターが、 戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。 手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 

 

《アカシック・マジシャン》

リンク・効果モンスター リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700
【リンクマーカー:上/下】 トークン以外の同じ種族のモンスター2体
自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。 このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。 (2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。 このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、 その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。 それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

 

《セキュリティ・ドラゴン》

リンクモンスター リンク2/光属性/サイバース族/攻1100
【リンクマーカー:上/下】 モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードが相互リンク状態の場合に相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

リンクリボー

リンク・効果モンスター リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:下】 レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。 その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。 (2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

 

《プロキシー・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1400
【リンクマーカー:左/右】
モンスター2体
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

 

《ヴァレルロード・ドラゴン》

リンク・効果モンスター リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】 効果モンスター3体以上 (1):このカードはモンスターの効果の対象にならない。 (2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 (3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。  

 
  それでは、次に手順をご説明します!

■手順
1.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
2.トークン2体を《リンクリボー》A,Bに変換し、《アカシック・マジシャン》をリンク召喚。同カードの効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。
3.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
4.トークン2体を《セキュリティ・ドラゴン》に変換。同カード効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。
5.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
6.トークン2体と《セキュリティ・ドラゴン》を《ファイアウォール・ドラゴン》Aに変換(メインモンスターゾーン)。同カードの効果で《トーチ・ゴーレム》バウンス。
7.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。

8.トークン2体と《アカシックマジシャン》で《ファイアウォール・ドラゴン》Bをメインモンスターゾーンにリンク召喚。《ファイアウォール・ドラゴン》Aの効果で手札の効果モンスター1体(効果モンスターA)を同カードの隣に特殊召喚。《ファイアウォール・ドラゴン》Bの効果で《トーチ・ゴーレム》バウンス。

9.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。

10.トークン1体と効果モンスターAで《プロキシー・ドラゴン》をメインモンスターゾーンにリンク召喚。《ファイアウォール・ドラゴン》Aの効果で手札の効果モンスター1体(効果モンスターB)を特殊召喚。

11.トークン1体をリリースして《リンクリボー》Aを蘇生。
12.《プロキシー・ドラゴン》と効果モンスターBと《リンクリボー》Aで《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚。

以上で盤面は自フィールドに《ファイアウォール・ドラゴン》A、《ファイアウォール・ドラゴン》B、《ヴァレルロード・ドラゴン》、相手フィールドに《トーチ・ゴーレム》となりました。
《ヴァレルロード・ドラゴン》は自身の効果で自身のダメージステップ開始時に相手のモンスターを奪うことができるので、与えられるダメージ数は

《ファイアウォール・ドラゴン》A:2500
《ファイアウォール・ドラゴン》B:2500
《トーチ・ゴーレム》      :3000

で、合計8000!!

・・・まぁ、他にもいろいろと動き方はあると思いますが、最もコンパクトに収まるのはこの方法ではないでしょうか?(もっとコンパクトにイケル方法があったら教えてほしいですm(__)m)

 

トーチゴーレム出張の条件

上記コンボの最小構成は《トーチ・ゴーレム》1枚+ほとんどのデッキに入っているであろう効果モンスター1体だけなので、条件は相当ゆるいように思えます。

しかし、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、このコンボEX枠を結構使っているんですよね。

現環境では「エクストラ枠が余っているというデッキの方が少なく」特にランク4などのは大接戦で《鳥銃士 カステル》と《泥酔魔獣バグースカ》どっち採用しようか三日三晩悩んで、結局は《竜巻竜》を採用したなんてことがあるほど、エクストラ枠はキツキツなんですよね。

そんな、エクストラ事情を知ってか知らずか、このコンボでのEXデッキの必要枠は8枠

まぁそのうち、《ファイアウォール・ドラゴン》と《リンクリボー》と《プロキシー・ドラゴン》辺りは、すでに採用済みと考えても、残りの5枠を確保する必要があります。

なので《トーチ・ゴーレム》出張をするうえでの唯一の条件を上げるならば、EXデッキに余裕があるデッキなのではないでしょうか?

まぁ、EXを多用するデッキでも「割り切ってザックリ既存のEXモンスターを不採用とする」という選択も可能ですが、あまりお勧めしません。

なぜなら、デッキパワーを底上げするための《トーチ・ゴーレム》出張なのに、本来出せるはずであったEXモンスターの選択肢を減らしてしまったら、本末転倒となるからです。

まぁ、このコンボ《灰流うらら》の妨害も受けないしEXを犠牲にしてでも採用する価値もないわけではないのですが、爆発力が上がる分、安定性が損なわれることは頭に入れておきましょう!安定性重要ですw 

 

また、トーチゴーレムを特殊召喚すると、召喚権を失います。

 

ですが、ファイアウォールドラゴンの(2)の効果で手札からモンスターを出すことは可能なので、トーチゴーレム出張が原因で手札がだぶつくことはないでしょう。

 

ですが、召喚という行為はできなくなるため"召喚時効果を軸にしているデッキ"との相性はあまり良くないです。

 

逆に《ファイアウォール・ドラゴン》のおかげでフィールドに出した後、墓地に送ることはできるので、特殊召喚時に発動の効果や起動効果、墓地で効果を発動するモンスターを軸にしたデッキとは相性がいいでしょう。

 

■まとめ

・メインデッキパーツはトーチゴーレム1枚で後攻ワンキルルートがある

・トーチゴーレム出張が有効に働きやすいデッキの条件は以下の2つ

    ①エクストラに9枠空きを作っても支障がないデッキ

    ②召喚時の効果を軸にしていないデッキ

  ③特殊召喚時効果、フィールドでの起動効果、墓地効果を多用するデッキ

 

以上、トーチゴーレム出張の条件についてでした!それではまたヽ( ^∀^)ノ

 

追伸:手札の効果モンスター1体でもワンキルできた・・・。

【広告:最新のストラクを値上げ前にチェック!】

 

コメントは6件です

  1. 名無し より:

    とても分かりやすく素晴らしい記事でした。お疲れ様です

    • yugioh-kankyou より:

      読んで頂きありがとうございます!そう言って頂けると励みになります(*´∀`*)

  2. 名無し より:

    上記の手順ですが、10番の「ファイアウォールBとトークン1体でファイアウォールC」はできません。
    リンクモンスターを素材とする場合、「リンクマーカー分の素材」または、「1体分の素材」のどちらかにしかなりません。

  3. 名無し より:

    手順10がよく分からないのですが、ファイアウォールBとトークン1体ではリンク2しかでないのでは?ここでトークンを2体使ってもヴァレルロードまでいくなら必要な効果モンスターは2体で、適当なリンク3も必要ではないでしょうか

  4. 名無し より:

    リンク4を1体とモンスターを1体で、リンク4をリンク召喚できませんよ。
    この場合、リンク4はモンスター1体分の素材にしかなりません。
    従って、このケースではリンク2しか出せないハズです。

    • yugioh-kankyou より:

      手順10についてご指摘を頂きありがとうございます。
      申し訳ありません。こちら誤りになります。
      記事修正させていただきますm(__)m

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック