アンダークロックテイカー トポロジックボマードラゴン

アンダークロックテイカーとトポロジックボマードラゴンを用いたトーチゴーレム後攻1キルルート


前回はなるべく少ない出張枚数で《トーチ・ゴーレム》を用いた後攻ワンキルをご紹介しました。

 

しかし前回ご紹介したワンキルルートは相手のフィールドがガラ空きの状態というのが条件なので若干現実的では無いんですよね。(相手フィールドにはモンスターがいる場合がおおい。あたりまえ体操)

 

sponsored link

 

なので今回はEXデッキへの出張枚数は多くなりますが、相手フィールドにモンスターがいるときのワンキルルートをご紹介します。

 

アンダークロックテイカーとトポロジックボマードラゴンを用いる

今回の1killルートはアンダークロックテイカーとトポロジックボマードラゴンのコンボを用いた動きです。

 

かねてから相性がいいと言われている《アンダークロックテイカー》と《トポロジックボマードラゴン》ですが、ここで改めて効果を確認しておきましょう。

 

《アンダー・クロック・テイカー》

 

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。

 

 

《トポロジックボマードラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

※今回は効果(2)の方を使用します。

 

 

アンダークロックテイカーとトポロジックボマードラゴンを用いたトーチゴーレム後攻ワンキルルート

[ケース1]と[ケース2]の2パターンに分けで解説します。

 

[ケース1]
■相手フィールドの状況
攻撃力0〜2500のモンスターが1体攻撃表示で存在。

 

■必要なカード

メイン(手札):3枚
  ・《トーチ・ゴーレム》1枚
  ・任意の効果モンスター1
エキストラ:8枚
 ・リンクリボー      :2枚(1枚でも可)
・リンクスパイダー :1枚(リンクリボー1枚なら2枚)
 ・アカシックマジシャン  :1枚
 ・セキュリティドラゴン  :1枚
 ・アンダークロックテイカー:2枚
 ・トポロジックボマードラゴン:1枚
 ・ファイアウォールドラゴン:2枚

>上記モンスターの効果の確認は前回の記事を参照下さい。

 

■手順
1.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
2.トークン2体を《リンクリボー》A,Bに変換し《アカシック・マジシャン》をリンク召喚。同カードの効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
3.トークン2体を《セキュリティ・ドラゴン》に変換。同カード効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
4.トークン2体とアカシックマジシャンをファイアーウォールドラゴンAを《アカシックマジシャン》がいたEXモンスターゾーンに特殊召喚。同カード効果で《トーチ・ゴーレム》バウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
5.トークン2体と《セキュリティドラゴン》をファイアーウォールドラゴンBに変換。同カード効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。《ファイアウォール・ドラゴン》Aの効果で手札の効果モンスターAを特殊召喚。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
6.トークン1体をリリースして《リンクリボー》Aを蘇生。
7.《リンクリボー》Aと効果モンスターAで《アンダークロックテイカー》Aを《ファイアウォール・ドラゴン》Bの右にリンク召喚。
8.《アンダークロックテイカー》Aの効果で《トーチ・ゴーレム》の攻撃力を500にする。
9.トークン1体を《リンクスパイダー》に変換。
10.《ファイアウォールドラゴン》Aと《リンクスパイダー》で《アンダークロックテイカー》Bを《ファイアウォール・ドラゴン》Bの上にリンク召喚。
11.《アンダークロックテイカー》Bの効果で相手モンスターの攻撃力を0にする。
12.《アンダークロックテイカー》A、Bで《トポロジックボマードラゴン》をEXモンスターゾーンにリンク召喚。
~バトルフェイズ~
13.《トポロジックボマードラゴン》で《トーチ・ゴーレム》に攻撃で5500ダメージ。(戦闘ダメージ2500と効果ダメージ3000)
14.《ファイアウォール・ドラゴン》で相手モンスターに攻撃で2500ダメージ。

 

 

合計8000ダメージ!!!

 

 

今気づきましたが、この動き・・・。前回ご紹介した《ヴァレルロード・ドラゴン》での1キルよりも手札消費少ないし、だいぶ優秀ですね。

 

今回は相手フィールにモンスターが存在する場合の例を示しましたが、存在しない場合なら、手順10の代わりに「《アンダークロックテイカー》と《ファイアウォール・ドラゴン》と《リンクスパイダー》で《トポロジックボマードラゴン》をリンク召喚」にすれば、自分の盤面には《ファイアウォール・ドラゴン》1体と《トポロジックボマードラゴン》。相手フィールドには、攻撃力500の《トーチ・ゴーレム》となるので、合計ダメージは8000となります。(Ex出張も7枚で済みます)

なので、今回紹介したコンボは前回のコンボのほぼ上位互換と言っても過言ではないと思います。
《ヴァレルロード・ドラゴン》コンボの場合は攻撃宣言時に優先権で《ヴァレルロード・ドラゴン》攻守500ダウンの効果を使えば、相手の攻撃宣言時に発動する罠カードなどを発動させないというメリットがありますが、500ダウンしてしまうと合計ダメージが7500となり、ワンキルに届かないというしょっぱさ。)

 

 

 

sponsored link

[ケース2]
■相手フィールドの状況
2体のモンスターが存在。(暫定的に《青眼の白龍》Aが攻撃表示、《青眼の白龍》Bが守備表示で並んでいるものとする)

 

■必要なカード

メイン(手札):3枚
  ・《トーチ・ゴーレム》1枚
  ・任意の効果モンスター2体

 

エキストラ:8枚
 ・リンクリボー      :2枚(1枚でも可)

 ・リンクスパイダー     :1枚(リンクリボー1枚なら2枚)
 ・アカシックマジシャン  :1枚
 ・セキュリティドラゴン  :1枚
 ・アンダークロックテイカー:2枚

 ・電影の騎士ガイアセイバー:1枚
 ・トポロジックボマードラゴン:1枚
 ・ファイアウォールドラゴン:2枚

 

 

>上記モンスターの効果の確認は前回の記事を参照下さい。

 

《電影の騎士ガイアセイバー》

リンクモンスター
リンク3/地属性/機械族/攻2600
【リンクマーカー:左/右/下】
モンスター2体以上

 

■手順
1.《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
2.トークン2体を《リンクリボー》A,Bに変換し、《アカシック・マジシャン》をリンク召喚。同カードの効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
3.トークン2体を《セキュリティ・ドラゴン》に変換。同カード効果で《トーチ・ゴーレム》をバウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
4.トークン2体と《アカシックマジシャン》を《ファイアウォール・ドラゴン》Aに変換(アカシックがいたEXモンスターゾーン)。《トーチ・ゴーレム》バウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
5.トークン1体と《セキュリティドラゴン》で《電影の騎士ガイアセイバー》を特殊召喚。《ファイアウォール・ドラゴン》Aの効果で効果モンスターA特殊召喚。
6.トークン1体と《電影の騎士ガイアセイバー》で《ファイアーウォールドラゴン》Bを特殊召喚。効果モンスターB特殊召喚。
7.効果モンスターABで《アンダークロックテイカー》を《ファイアウォール・ドラゴン》Bの右に特殊召喚。《アンダークロックテイカー》Aの効果で相手フィールドの《青眼の白龍》Aの攻撃力下げる。
8.《ファイアーウォールドラゴン》Bの効果で《トーチ・ゴーレム》と《青眼の白龍》Bをバウンス。再度《トーチ・ゴーレム》特殊召喚。
9.トークン1体を《リンクスパイダー》に変換。
10.トークン1体をリリースして《リンクリボー》A蘇生。
11.《リンクリボー》Aと《ファイアーウォールドラゴン》Aで《アンダークロックテイカー》BをEXモンスターゾーンに特殊召喚。効果で《トーチ・ゴーレム》の攻撃力を2500ダウン。
《アンダークロックテイカー》A,Bで《トポロジックボマードラゴン》をリンク召喚。
~~バトル~~
12.トポロジックで《トーチ・ゴーレム》に攻撃。5500ダメージ。
13.ファイアーウォールBで攻撃力を、下げたモンスターに攻撃。2000ダメージ。
14.リンクスパイダーでダイレクトアタック。1000ダメージ。

 

合計8500ダメ―ジ!

 

また、手順11の代わりに《アンダー・クロックテイカー》Aと《リンクリボー》Aで《星杯戦士ニンギルス》を作って、《リンクスパイダー》と相手モンスターを墓地送りにすれば、相手モンスターが《ヴァレルロード・ドラゴン》の様な対象にとれないモンスターであったり《SPYRAL GEAR ラストリゾート》を装備した破壊耐性を持つモンスターも除去できます。

 

《星杯戦士ニンギルス》

 

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

そのあと《ファイアーウォールドラゴン》Aと《星杯戦士ニンギルス》で《トポロジックボマードラゴン》を出せば、もちろんそのままワンキルも可能です。

 

・・・《トーチ・ゴーレム》やべぇな。

 

シングル購入は【条件次第では送料無料の】トレトクでどうぞ

 

■まとめ
・《アンダークロックテイカー》と《トポロジックボマードラゴン》を用いれば、相手フィールドの状況に柔軟に対応しながら1キルできる。
・《ヴァレルロード・ドラゴン》のワンキルルートのほぼ上位互換。
・相性がいいデッキについては前回記事の最下部を確認。

以上、《アンダークロックテイカー》と《トポロジックボマードラゴン》を用いた《トーチ・ゴーレム》ワンキルルートについてでした!

 

※僕の思いつく限りではこんな感じですが、もっといいコンボがあったら教えて頂けると幸いですm(__)m

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ゆう(Yuu)
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック