てんい 出張

天威(てんい)出張の性能が高い


天威の出張性能高け~(*´Д`)

 

という事で、今回は天威出張について話していきたいと思います。

SPONSORED LINK

 

天威出張では、大きく分けて3パターンの出張パターンがあり、それぞれできることが違うのですが、

 

共通して言えるのは

 

召喚権を使わないでフィールドアドバンテージを得る

 

という事です。

 

天威モンスターは共通効果で「フィールドに効果モンスターが居ない時に手札にある自身をSSする」という効果があるので、それを使ってフィールドのモンスターの数を増やすんですね。

 

なので、どのパターンの出張を用いるとしても「フィールドアドバンテージを得たいデッキ」であればある程度相性は良いです。

 

天威出張パターン

ここからはそれぞれの出張パターンについて観ていきましょう。

 

天威出張パターン1 リソース循環型

[出張パーツ]

■メインデッキ

《天威龍-アーダラ》

 

EXデッキ

《天威の拳僧》

 

 

[カード紹介]

《天威龍-アーダラ》

 

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/幻竜族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、手札・墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

 

《天威の拳僧》

リンクモンスター
リンク1/地属性/幻竜族/攻1000
【リンクマーカー:下】
リンクモンスター以外の「天威」モンスター1体

 

SPONSORED LINK

[使用方法]

・《天威龍-アーダラ》は天威モンスターの共通効果で手札からSSする効果があるので、召喚権を使わずにフィールドにチューナーをSSすることができる。

・(2)の回収効果は同名カードを回収することが可能。つまり以下の条件が整えば、無限リソースとなる。

 1.除外ゾーンに幻竜族モンスターが存在する。

 2.《天威龍-アーダラ》が2体手札に存在する。

 3.《天威の拳僧》等の効果モンスター以外のモンスターがフィールドに存在する。

 

条件がそれなりに厳しいので、積極的に狙っていくものではないかもしれませんがSS出来るチューナーを無限供給できるのでハマれば強いです。

 

天威出張パターン2 レベル4を展開

[出張パーツ]

■メインデッキ

《天威龍-シュターナ》(or《天威龍-マニラ》or《天威龍-ナハタ》)

 

EXデッキ

《天威の拳僧》

 

[カード紹介]

 

《天威龍-シュターナ》

効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻 400/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):効果モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、その破壊されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

 

 

《天威龍-マニラ》

 

効果モンスター
星4/炎属性/幻竜族/攻 600/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):効果モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスターを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

 

 

《天威龍-ナハタ》

 

効果モンスター
星4/風属性/幻竜族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1500ダウンする。

 

 

SPONSORED LINK

[使用方法]

SS出来るレベル4モンスターとして使用します。レベル4である強みはランク4に成れることです。

・3種類のカードを紹介しましたが、使いやすいのは《天威龍-シュターナ》です。こちらはSS後、《天威の拳僧》に成って自爆特攻することで、戦闘破壊されたカードを蘇生しつつ相手フィールドのモンスターを選んで破壊できます。

ダメージステップに発動する対象を取らない破壊なので、なかなか重宝します。SS出来るレベル4モンスターとして汎用性が高い部類に入りそう。

 

天威出張パターン3 展開前の除去

最も性能が高いのと思われるのは最後に紹介するこのパターンです。

 

こちらは多くのデッキで現実的な出張パーツになるので厚めに解説します。

 

[出張パーツ]

■メインデッキ

《天威龍-ヴィシュダ》3枚

 

EXデッキ

《天威の拳僧》

 

 

[カードの紹介]

《天威龍-ヴィシュダ》

効果モンスター
星7/闇属性/幻竜族/攻1500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、手札・墓地のこのカードを除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

 

 

SPONSORED LINK

[使用方法]

・天威モンスターの共通効果でフィールドにモンスターを出しつつ(召喚権未使用)、相手フィールドのカードを手札バウンスできます。

 

これだけで強いです。

 

何が強いのかを箇条書きにしてみました。

[メリット]
・カードの種類を問わない除去(手札バウンス)

《墓穴の指名者》《無限泡影》等を踏んだうえで展開をスタートできる。

 

・破壊耐性を持つモンスターを除去できる。

初動ではなかなか除去しづらい、破壊耐性持ちのモンスターを除去できるのはでかい。超雷龍どかせられる。

・フィールドアドバンテージ+1

高リンクに繋げやすくなります。

 

・《天威の拳僧》は下マーカー

《トロイメア・ケルベロス》《トロイメア・フェニックス》の効果ワンドローや耐性付与が使いやすくなります。

 

・高レベルのモンスターを置ける
《天威龍-ヴィシュダ》自身がレベルが高いので《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》 やランク7Xモンスターに繋げやすい。

 

・壊獣、トーチゴーレム等と相性が良い

バウンス効果を最大限に活用するなら壊獣などの相手フィールドに特殊召喚するカードと混ぜると良いでしょう

 

・闇属性最上級

《ダーク・グレファー》のコストになれます。

展開ルートにトークン生成があれば、墓地効果も使用できます。

 

以上がメリットになります。

ここまで、良い所ばかり紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

[デメリット]
・手札バウンスは相手のトータルアドバンテージを減らせていない

EXデッキからSSされたモンスターであれば問題ないのですが、それ以外だとトータルのアドバンテージを稼いでいる訳ではないです。(±0)

アドバンテージを得られないのであれば、できることならそのターン中に勝負を決めてしまいたいところです。

・追撃には不向き

既に効果モンスターが存在する状態で引いてしまうと、手札で腐ってしまう事が多いです。

トークン生成カードや通常モンスターを展開に用いるギミック(【守護竜】など)を入れておけば手札からでも除去効果を発動できる為、ある程度このデメリットが軽減できます。

・墓地利用

【オルフェゴール】や【アンデット】等、墓地効果に依存したテーマに出張させた場合、墓地封印効果を持つ《王家の眠る谷-ネクロバレー》や《王宮の鉄壁》に屈することになります。除去をこのカードに頼りすぎるのは禁物。(もしくは割り切りが必要)

・エクストラ1枠を消費してしまう。

《天威龍-ヴィシュダ》を仮に3枚出張させたとしても、1デュエル中で引く確率は40%前後でしょう。

その40%の為にエクストラの枠を1枚割くべきかと言われると、検討が必要です。

決して効率が悪い方法ではないですが、この1枚のために他の1枚が入れられずに負ける、というのは十分に考えられるので、そこら辺をよく考えて採用可否を決めるべきと思います。

 

SPONSORED LINK

 

こちらの出張については動画でもまとめておりますので、併せてご確認ください!

 

 

まとめ

天威出張について3つのパターンを紹介しました。

 

どれもなかなか優秀な出張だと思いますが、中でも僕は3つ目の《天威龍-ヴィシュダ》はかなり現実的なラインかと思い、【オルフェゴール】に出張させたりもしていました。

 

今は「追撃に不向き」、「EX1枠割く」というデメリットを重く見て不採用にしているのですが、構築次第では結構使えると思います。

 

以上、天威出張3パターンについてでした!

 

 

 

ちなみに3つ目の出張ギミックは【オルフェゴール】仲間(どんな仲間?)のシルエットさん(@silhouette5050)に教えてもらいました。

 

シルエットさんのオルフェゴールは《天威龍-ヴィシュダ》を活かしやすい構築になっております。

 

このオリジナリティの高さ。

 

尊敬します。

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿