遊戯王 レベル7シンクロ

遊戯王のレベル7シンクロモンスターで安定・攻め・守りをするならこのカード


今回はレベル7シンクロモンスターについて解説したいと思います。

 

sponsored link

レベル7と言っても、すべてのレベル7を対象にするわけではなく、以下に当てはまるものを対象にします。

レベル7シンクロモンスター
・指定がないチューナー1体+チューナー以外1体でシンクロ召喚可能

これらをジャンル別に紹介したいと思います。

ここでいうジャンルとは以下のことを言います。

・条件を問わず出したいモンスター
・攻めるときに出したいモンスター
・守るときに出したいモンスター
・メタるときに出したいモンスター

ジャンル別にする理由は先日ご紹介した【レベル8シンクロモンスター】と同じですね。

要は「ジャンル別にかい摘んで採用することで、シチュエーションごとに選択肢の幅を持たせることができる」からです。
それでは、小難しいことは置いておいて、早速紹介に参りましょう!

レベル7シンクロモンスターで安定しているもの

"安定している"と言ってもレベル8の様に「とりあえず出しておけば・・・」的な《スターダストドラゴン》や《PSYフレームロードΩ》のような汎用性の高いモンスターは残念ながらおりません。(おりました→《F.A.ライトニングマスター》
ですので、若干心許なくはなりますが、僕が初ターンにとりあえず出すとしたら、以下のレベル7シンクロモンスターを選択します。というモンスター達をご紹介します。

 

竜星-ガイザー

→【竜星】の名を関しますが、あらゆる場面で活躍します。
 ATK2600で効果の対象にならない、万能破壊、幻竜族リクルート効果を持ち合わせる汎用性の高いモンスターです。。
  幻竜族を用いているデッキであれば、初ターンから立てておくことで戦線を維持しやすいでしょう。
  (2)の効果を持っているので相手はこのモンスターを若干前のめりになってでも破壊したがるはずです。
 

PSYフレームロード・Ζ

→特殊召喚を軸に戦線を構築するデッキに対しては有効です。
 アドバンス召喚軸の【真竜】や【帝】なども強力な効果を持っているものが多いので過信は禁物。相手を見極めてから出すが吉です。

 

妖精竜 エンシェント

→最近は強力なカテゴリサポートの《ドラゴニックD》や《トリックスター・ライトステージ》や《kozmo エメラルドポリス》などのフィールド魔法がありますね。またデッキスページが余ったらとりあえず入れて置ける《チキンレース》など
 汎用的なフィールド魔法も増えているので、このカードの効果を使用できる機会は非常に多いといえるでしょう。また、《青眼の白龍》の攻撃を耐えられる防御力を持っていおり
 自身がドラゴン族なので《デブリドラゴン》一枚から出せるのも強み。

エンシェント・フェアリー・ドラゴン

→こちらもフィールド魔法を使うデッキでは入れて起きたいカードです。
 状況によって《妖精竜 エンシェント》と使い分けもできるので、両方採用しても悪くないです。

 

《F.A.ライトニングマスター》別記事

 

sponsored link

 

 

レベル7シンクロモンスターで攻めたい

 

攻めっ気のあるレベル7シンクロと言えばやっぱりこいつ。

 

ブラック・ローズ・ドラゴン


→お馴染みの”ブッパ効果”でフィールドを空にして、存分に攻め込みましょう。
 最近は手札誘発が多様化してきたので、フィールドが空になったからと言って油断は禁物ですが。

 

スクラップ・デスデーモン

 

→素材指定なしレベル7シンクロの最高攻撃力だ!!!!

 

ダーク・ダイブ・ボンバー

→かつては環境一線で活躍したDDB。

 現在はエラッタされ、「1ターンに1度」と「メインフェイズ1に発動できない」誓約が付与され、禁止カードから帰ってきた。ET(エクストラターン)やED(エクストラデュエル)では結構活躍するかも。(店舗によっては効果ダメージがカウントされない(ダメージ0になる)ところもあるので注意!)

 

レベル7シンクロモンスターで防御したい

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》・《妖精竜 エンシェント》
 →先述したこちらの二枚のカードですが、防御力が高く、フィールド魔法があれば毎ターンアドバンテージを稼いでくれるので、
  ドローできるカードも含めて、防御面で有利に働きます。
  
《邪竜星ーガイザー》
 →こちらも先述のカードですが、効果の対象にならず、破壊された場合後続をリクルートできるので、守備表示で特殊召喚すれば、
  相手はダメージを与えることに苦戦するはずです。

レベル7シンクロモンスターでメタを張りたい

 

クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

→レベル5以上のモンスター効果とレベル5を対象とするモンスター効果に対するメタです。
 相手のデッキがレベル4(ランク4)で固めたデッキなど、上級モンスターを用いないデッキであれば、
 突破されやすいですが、逆に状況によってはなかなか厄介になる効果です。
 

月華竜 ブラック・ローズ

→レベル5以上のモンスターの展開を軸とするデッキには刺さります。(例:《源竜星ーボウテンコウ》を擁した【竜星】や【サイバードラゴン】)
 また、破壊耐性を持った《アルティメットサイキッカー》なども除去できるため、
 活躍の幅は広く、攻めたい場面、守りたい場面でも活躍できるカードです。
 

オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

→リクルータの除去に一役買い、相手の《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》による突破を許さないレベル7シンクロです。

 最近はバオバブーンや竜星各種が流行っているので相手がモンスターカードをセットして来たタイミングでレベル7シンクロモンスター
 出せればこのカードが有効に働いてくれるかもしれません。(最近はリクルータはそんなには見かけませんが・・・竜星くらいですかね。)

 

以上!レベル7シンクロモンスターについてのご紹介でした!

 

今回は「素材指定なし」限定でお届けしましたが、レベル7シンクロには素材指定ありモンスターも有効なものが多いので(特に光、闇縛り)調べてみる価値はありです!

 

因みに僕が真竜デッキ(盆回しとPSYフレームγ搭載)に採用しているのは以下の4枚です。

 

《妖精竜 エンシェント》

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》

《邪竜星ーガイザー》

《PSYフレームロード・Z》

 

宜しければご参考までに!

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
相互リンク
最近の投稿