MXセイバーインヴォーカー 禁止

MXセイバーインヴォーカーは禁止になるのか?


おはようございます!ポッターです!

 

今日は本レギュレーション(2018.07)のEXデッキランキングをお届けするとともに「《M.X-セイバー インヴォーカー》が禁止になるのか」についても触れてみようとおもいます!

 

sponsored link

 

それではまず、《M.X-セイバー インヴォーカー》の効果の確認からどうぞ

 

《M.X-セイバー インヴォーカー》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/戦士族/攻1600/守 500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

→任意の戦士族or獣戦士族レベル4をリクルートできるという汎用性の高い効果を持っています。

【剛鬼】ではこのカードを用いることで、《剛鬼 スープレックス》をリクルートし《聖騎士の追想 イゾルデ》に繋げるという動きから制圧盤面を敷くことができます。

別の言い方をすると、このカードを用いることで、初動の手札に【剛鬼】カードが存在しなくても、《剛鬼再戦》を絡めた【剛鬼】展開ができてしまうという、わりとアカンくらい強力な動きができるんですね。レベル3モンスターには《ジャンク・フォアード》《SRベイゴマックス》、《マジック・ストライカー》など、展開を得意としたモンスターもそろっているので、非常に強力な(実現性の高い)コンボです。

 

《ジャンク・フォアード》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 900/守1500
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

 

 

《SRベイゴマックス》

効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1200/守 600
SRベイゴマックス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「SRベイゴマックス」以外の
「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 

 

《マジック・ストライカー》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 600/守 200
(1):このカードは自分の墓地の魔法カード1枚を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

 

 

また、《M.X-セイバー インヴォーカー》は有名な先攻1キルパーツの1つである《アマゾネス・アーチャー》もリクルートできるので、先攻1キルを行う【インフェルニティ】や【ゼンマイ】でも採用されています。

 

《アマゾネスの射手》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1400/守1000
(1):自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
相手に1200ダメージを与える。

 

こんな感じで、比較的禁止化のフラグが立っているといっても過言ではない《M.X-セイバー インヴォーカー》ですが、そもそも「《M.X-セイバー インヴォーカー》が禁止化される?」という今回の記事を書いたのには理由があるんですよね。

 

それがこちら↓

 

 

2018.07のレギュレーションが発表される直前のもあった、「内部文書が漏洩しちゃいましたよ」系のフラゲツイートです。

 

 

sponsored link

MXセイバーインヴォーカーは禁止になるのか?

まぁ、前回は真っ赤なデマ情報であったので、今回も嘘だとは思いますが、「禁止」のところだけちょっと気になったので、どれほど現実味があるのか今回の記事で取り上げてみた次第でございます。

 

んで、この《M.X-セイバー インヴォーカー》がどれくらい使われているのかというと、今レギュレーションにおいてはこんな感じ。

 

 

29位で平均採用枚数0.09枚ですね。

 

10人中1人が使っているという計算です。

 

もちろん(と言ったら失礼ですが)【X-セイバー】デッキは今レギュレーションでランクインはしていないので、使われ方としては上記で示したような1キル制圧盤面を敷くための大量展開のパーツとして利用されています。

 

ちなみに【X-セイバー】では、《M.X-セイバー インヴォーカー》は実はそんなに重要なパーツではないんですよね。僕も【X-セイバー】を組んでいた時期がありますが(今もデッキは残っていますが)そこまで重宝はしていなかったと思います。

 

にしてもですよ?

 

《M.X-セイバー インヴォーカー》を禁止するならば、先攻1キル大量展開の主軸を担う《アマゾネスの射手》や《聖騎士の追想 イゾルデ》に規制を掛けた方が良いとは思いませんか?

 

まぁ、「~であるべき」みたいな感じで考えても、それに沿った形の制限改定内容になることは稀なので、考えてもあまり意味がないですがw

 

いずれにしても、来週には2018.10のレギュレーションが発表されますからね((*´∀`)) 深く考えず楽しみにしておきましょ。

 

という訳で、今日はこの辺で終わりにしたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
最近の投稿