ゼンマイワンキル

ゼンマイワンキルがランクインしたったwwwww


こんにちはポッターです。

 

毎週恒例でお届けしている、週刊デッキランキングですが、本日は2018.07レギュレーションにおける第12週目をお届けして参ります!

 

今レギュレーションもクライマックスですね!

 

今週はなんと…集計を開始してから初めてあのデッキがランクインしました!( ゚Д゚)ドレ?

 

そこら辺の解説もしていこうと思います!

 

 

sponsored link

 

それでは早速発表していきます。

 

以下の円グラフが2018.07レギュレーションにおける今週まで環境デッキのシェアです。

 

 

んもぅ…よくわからなくなってきておりますが、とりあえずバラけているように見えるから良環境なんじゃないか!?

 

という見解もございますが、先週お伝えした通り、上記の内30%近くは《ファイアウォール・ドラゴン》【トロイメア】を用いた制圧盤面(及び先攻ワンキル)を作るデッキなんですね。

 

なので、カテゴリがばらけているだけで「良環境」と言ってしまうのは安直なのではというお話をしましたが、そんなレギュレーションもクライマックスとなったさなか、登場したのがこのデッキです↓↓

 

【ゼンマイ】(先攻ワンキル

 

 

sponsored link

 

ゼンマイワンキルがランクイン

いやー、まさかと思いましたが、先週僕が大会で当たったあのデッキ(4戦目)が

 

 

大規模(100人弱)大会で2位に入賞していたんですよ。

 

集計をしていて驚きました。それと同時に「さすがに先攻ワンキルでここまで安定性してたらさすがに規制が入るだろう」とも冷静に思いました。

 

あ、でも、もうKona○iさんの中では制限改定の内容は決まっているのか…。でも、これは規制しないかったら次環境マズいんじゃないか…?、と危機感を感じるくらいヤバい先攻わんきるです。

 

ちなみに以下がゼンマイワンキルのデッキレシピになります。

 

 

【メインデッキ x 41枚】
ゼンマイネズミ x 3枚
ゼンマイマジシャン x 3枚
ゼンマイシャーク x 3枚
ゼンマイバット x 2枚
俊足のギラザウルス x 3枚
ジャンク・フォアード x 2枚
アマゾネスの射手 x 1枚
SRベイゴマックス x 2枚
SRタケトンボーグ x 1枚
EMディスカバー・ヒッポ x 1枚
灰流うらら x 2枚
幽鬼うさぎ x 2枚
墓穴の指名者 x 3枚
半魔導帯域 x 2枚
化石調査 x 2枚
死者蘇生 x 1枚
ソウル・チャージ x 1枚
超カバーカーニバル x 3枚
緊急テレポート x 2枚
レッド・リブート x 2枚

エクストラデッキ x 15枚】
発条空母ゼンマイティ x 3枚
M.X-セイバー インヴォーカー x 1枚
外神ナイアルラ x 1枚
外神アザトート x 1枚
リンクリボー x 1枚
トロイメア・フェニックス x 1枚
トロイメア・ケルベロス x 1枚
トロイメア・ゴブリン x 1枚
トロイメア・ユニコーン x 1枚
発条補修ゼンマイコン x 1枚
サモン・ソーサレス x 1枚
トロイメア・マーメイド x 1枚
ファイアウォール・ドラゴン x 1枚

【サイドデッキ x 15枚】
電送擬人エレキネシス x 2枚
増殖するG x 3枚
ラーの翼神竜-球体形 x 2枚
浮幽さくら x 2枚
ダイナレスラー・パンクラトプス x 2枚
禁止令 x 2枚
ハーピィの羽根帚 x 1枚
レッド・リブート x 1枚

 

 

初動として、ランク3を立てることを目標にしていますね。

 

目標にしているという表現は生ぬるいかもしれません。「ランク3を立てることに全てを掛けている」そんな構築です。

 

ランク3を立てるための展開札として採用されているのが以下のカード達です。

 

《俊足のギラザウルス》→3枚

 

効果モンスター
星3/地属性/恐竜族/攻1400/守 400
(1):このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合に発動する。相手は自身の墓地のモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 

 

《ジャンク・フォアード》→2枚

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 900/守1500
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

 

 

《超カバーカーニバル》→3枚

速攻魔法
(1):自分の手札・デッキ・墓地から「EMディスカバー・ヒッポ」1体を選んで特殊召喚する。
その後、自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を可能な限り特殊召喚できる。このトークンはリリースできない。
「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
この効果で「カバートークン」を特殊召喚した場合、ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。

 

 

《EMディスカバー・ヒッポ》→1枚(展開先)

 

効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功したターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに、レベル7以上のモンスター1体を表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。

 

 

《緊急テレポート》→2枚

速攻魔法
(1):手札・デッキからレベル3以下のサイキック族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズに除外される。

 

 

《SRベイゴマックス》→2枚

効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1200/守 600
SRベイゴマックス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「SRベイゴマックス」以外の「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 

 

《SRタケトンボーグ》→1枚

効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 600/守1200
自分は「SRタケトンボーグ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「スピードロイド」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

→めっちゃ入っとる・・・。

 

 

※また、これは余談ですが最近はやりの【たんぽぽサンバ】では、制圧盤面を通すために《レッド・リブート》《半魔導帯域》のどちらかが3枚採用されていいるケースがほとんどだったのが、こちらのゼンマイワンキルでは両方が2枚ずつ入っています。確かに4枚枠を裂けるなら、どちらかを片方入れるよりも2枚ずつ採用にしておいた方が対応範囲が増えて合理的のような気はします。

 

で、ランク3を立てた後、ワンキルまでの展開方法はどうやるのか?ですが、それについてはこちらの動画で非常に分かり易く説明して頂いておりました。(そして音楽が僕好みでした)

 

引用URL:https://www.youtube.com/watch?v=ueqyw63SA-Y

作成者様:杉崎あいす工房様

 

 

という訳で、今日はゼンマイワンキルについてご紹介させて頂きました。

 

個人的には、相手にデッキを触らせない先攻ワンキルデッキは滅べばいいのにゲームとしてちょっとどうなのかな?と思っていますが、出来るんだから仕方ないですね((*´∀`))

 

次回改定では先攻ワンキルができないような改定内容になってくれることを望んでますw

 

それではまた次回です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
最近の投稿