増殖するG サイチェン

増殖するGのサイチェン事情。採用率低下の訳とは@週刊手札誘発ランキング、デッキランキング


今日は《増殖するG》の採用率低下の理由とサイチェン事情を週刊手札誘発ランキングに乗せてお届けします!

 

sponsored link

 

増殖するGの採用率低下

 

早速ですが、今週の手札誘発ランキングを見てみましょう。

 

■集計方法
集計方法リンク先参照
■期間
2018年2月23日~2月28日
■集計デッキ数
2大会 上位8デッキ

 

上記の表は環境に於ける手札誘発モンスターの初手率を示しています。

(細かい・・・( ´Д`))

 

《増殖するG》の行をご覧ください。

 

《増殖するG》2018.01の平均初手率は30%ほどあるのですが、今週や先々週は26,7%に留まっています。

 

 

 

なぜこのように初手率が下がることがあるのか?

 

 

 

《増殖するG》は手札誘発モンスターとして、相手の動きを妨害する上で非常に優秀ですが、一時的な下げ幅が《灰流うらら》より大きいのはなぜなのか。

 

これは《灰流うらら》と比較して《増殖するG》が先行を取った場合、それほど威力を発揮しないという理由で、メインデッキではなくサイドデッキに積まれていることがある為です。

 

 

増殖するGのサイチェン事情

つまり、ジャンケン(及びサイコロ)に相当な自信がある猛者が構築する先攻特化型のデッキには、《増殖するG》がサイドからになることがまれにあるのです。

 

sponsored link

 

今回入賞した《増殖するG》サイド3のリンクユニオンを使用した方も、ジャンケンに相当な自信があったに違いありません。(確信)

 

※今週の週刊デッキランキングはこんな感じ↓

 

そんな《増殖するG》に比べて《灰流うらら》は自身が先攻でも機能します。(相手の《増殖するG》を止められるのはデカい)

 

《増殖するG》が後攻向けである理由はもう一つあります。

 

それはズバリ後攻ワンキルの危険性を伴う、という点です。

 

例えば、自分が先攻で《増殖するG》を持っており、先攻展開をしようとしたが、相手の妨害によって盤面を整えられなかったとします。

 

その状態のまま相手のターンになり相手は展開を始めようとしたところに、(相手の特殊召喚効果にチェーンするなどして)《増殖するG》を発動すると思うのですが、

 

相手によっては3-4回の特殊召喚で総攻撃力が8000を上回ってワンキルしてくることもあります。

 

《増殖するG》でアドバンテージを得たとしても、ライフを削り切られてしまっては何の意味も無いので、先行の場合、《増殖するG》を握れていたとしてもこのリスクを考える必要があります。

 

以上のように《増殖するG》が本領を発揮するのは後攻であり、先行のが確定している(負け先攻を貰える)場合などはサイドに眠っていて貰うという選択もありだと思います。

 

というわけで、本日は《増殖するG》の採用率低下の理由とサイチェン事情についてお伝えしました!

 

それではまた次回お会いしましょう!(^^)/

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック