闇の増産向上 使い方

闇の増産工場の使い方【3つのポイントと相性の良いデッキ紹介】  


こんにちは、ポッターです。

 

今日は《闇の増産工場》の使い方についてです。

 

このカード、マジで強くないですか?(konami感)

 

 

sponsored link

 

それではまずは効果からどうぞ!

 

《闇の増産工場》

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

 

闇の増産工場の使い方

 

ぱっと見地味ぃーな効果ですが、僕はこのカードめちゃくちゃ強いと思ってます。

 

その理由は以下の3つです。

 

汎用性の高い(指定のない)リリースアンドエスケープ

相手の対象を取る《閃刀機-ウィドウアンカー》や《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》などの効果にチェーンして発動することで、

 

対象のモンスターをコントロール奪取や効果の無効化、デッキバウンスさせることなく墓地へ送ることができます。

 

特にこちらのモンスターの効果発動にチェーンして発動された効果を無効化する《エフェクト・ヴェーラー》の様なカードにチェーンして闇の増産工場を発動し、対象から外すことで効果を処理できる状態にすることができます。

 

この、墓地へモンスターを送り(リリース)つつ相手の効果を適用から逃れさせる(エスケープ)動きが、めっちゃ強いんですね。

 

そして、コストに指定がないのであらゆるデッキで採用を検討できます。

 

特に相性が良いと思うデッキは後半にご紹介しますね!

 

手札も墓地に送れる

墓地に置くことでアドバンテージを得られるモンスターが多い昨今、手札を墓地へ送ることがアドバンテージになることさえあります。

 

手札を墓地に送った上で1ドローできる。

 

それも毎ターン、強すぎます。

 

普通にワンドローは強い

上記の様に他カードとの併用によってアドバンテージを軽減しつつ1ドローできる。

 

うまくハマれば相手ターンと自分のターンで1回ずつ1ドローできちゃうんですね。

 

 

 

このように強力な効果を持っている《闇の増産工場》ですが、罠カードなので初動では使えないんです。

 

 

 

なので、初ターンに大量展開して勝負を決める様なデッキには採用されにくいですが

 

じわじわと相手のアドバンテージを稼いで行く様なデッキでは活躍できそうです。

 

中でも、相性の良さそうなテーマを次章で紹介していきますね。

 

そういえば余談ですが、こんなカードもありましたね。

永続魔法
自分のスタンバイフェイズ時に手札を1枚デッキに戻す事で、デッキからカードを1枚ドローする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

 

 

 

sponsored link

 

闇の増産向上と相性が良いデッキ

 

闇の増産工場と相性の良いデッキの特徴は以下の3点。

 

低速デッキ

このカード自身が永続罠カードなので、引いたターンには発動できません。なので、高速展開を前提としているデッキとは噛み合わないのですが、逆に低速ビートダウンの様なデッキとは噛み合いやすいです。

 

モンスターをフィールドに揃えやすいデッキ

モンスターリソースを潤沢に揃えられるデッキと相性が良いです。逆に一般的なメタビートデッキは低速なのですが、同時にモンスター1体の存在が貴重なのでここカードの効果で墓地へ送りたくないんですね。

 

なので、フィールドにモンスターを潤沢に揃えられるデッキと相性が良いと言えます。

 

 

手札やフィールドから墓地へ送って効果を発動するテーマ

手札やフィールドからモンスターカードが墓地へ送られることで、アドバンテージを得られる様なテーマと相性が良いです。

 

 

 

 

これらの条件全てに対応している必要は無いですが、2つ以上当てはまる様であれば採用の余地ありだと思います!

 

 

 

 

以下は僕が考える相性の良いテーマの具体例です。

 

 

【PSYフレーム】

→PSYフレームの共通効果で《PSYフレーム・ドライバー》をリクルート出来ますが、相手ターンにSSするとシンクロやリンク素材などにしにくくエンドフェイズに除外されてしまうのでこれを使わない手はありません。

 

 

 

【ブラック・マジシャン】

このテーマは様々なサポートカードが存在しますが、《永遠の魂》と並べることで実質ノーコストで毎ターン1ドローできます。

 

これはロマン!

 

《永遠の魂》

永続罠
「永遠の魂」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

 

 

 

【壊獣】

このテーマは手札に壊獣があまりやすく、また《KYOUTOUウォーターフロント》のカウンターを貯めるのにも重宝します。

 

《KYOUTOUウォーターフロント》

フィールド魔法
(1):フィールドのカードが墓地へ送られる度に、
1枚につき1つこのカードに壊獣カウンターを置く(最大5つまで)。
(2):1ターンに1度、このカードの壊獣カウンターが3つ以上の場合に発動できる。
自分はデッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードの壊獣カウンターを1つ取り除く事ができる。

 

 

【真竜】

永続魔法罠をリリースできる共通効果でリリースできるのはもちろん、手札にダブついた上級モンスターを墓地へ送ることもできます。

 

 

 

【剛鬼】

爆発力のある大量展開系はスピード重視なので、噛み合いが悪いのですが、

低速ビートダウン型の純剛鬼とは相性がよさそうです。フィールドから墓地へ送られた時に発動する共通効果は名称1ターンに1度なので、すでに発動した剛鬼モンスターをフィールドに置いて相手にターンを渡し、《》で墓地へ送ることでサーチ効果を無駄なく発動できます。

 

 

【サンダー・ドラゴン】

使用方法は【剛鬼】とほぼ同じで、効果を使用し終えたサンダードラゴンモンスターをフィールドに置いた状態でターンを渡し、相手ターンに墓地へ送ることで、サンダードラゴンモンスターの効果を発動しつつ1ドローできます。

 

 

 

【時械神】

時械神モンスターは共通効果で自分のスタンバイフェイズにデッキに戻ってしまうので、相手ターンの攻撃を防ぐ役目を終えた、相手ターンのエンドフェイズから自ターンのスタンバイフェイズに時械神をコストとする事で1ドローできればおいしいですね。

 

このテーマも基本的に1ターンに1度しか召喚しないので、手札にダブついた時械神を墓地へ送っても良いでしょう。

 

 

 

【ガスタ】

戦線を維持しやすいこのテーマではフィールドにモンスターを揃えやすいので、反転召喚したカムイや手札のガスタグリフを墓地へ送るといいでしょう。

 

特に《ガスタ・グリフ》は手札から墓地へ送られた場合に、効果を発動出来るので、特に相性が良いですね。

 

《ガスタ・グリフ》

効果モンスター
星2/風属性/鳥獣族/攻 800/守 300
このカードが手札から墓地へ送られた場合、デッキから「ガスタ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。「ガスタ・グリフ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

 

 

まとめ

闇の増産工場の使い方と相性の良いカードを紹介してみましたが、いかがでしたか?

 

僕が思い付いた闇の増産工場の使い方と相性の良いテーマを全て紹介しました。

 

相性の良いテーマについてはこれで全て紹介しきれているとは思いますが、(なぜか強気)

 

万一、過不足がありましたらコメント欄でご指摘頂けると嬉しいです。

 

と言うわけで今日はこの辺で失礼致します!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

コメントは2件です

  1. 匿名 より:

    ブログタイトル闇の量産工場になってますけど間違ってませんか?

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿