閃刀姫カイナ 使い方

閃刀姫カイナの使い方は?【3つの使い方を解説!】


こんばんはポッターです。

 

今日は《閃刀姫ーカイナ》の使い方について解説していきたいと思います!

 

 

sponsored link

 

このカードは2018年10月13日発売のSavageStrikeで登場する【閃刀姫】のリンクモンスターです。

 

まずは効果を見ていきましょう。

 

《閃刀姫-カイナ》

 

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:右下】
地属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カイナ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターは相手ターン終了時まで攻撃できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が「閃刀」魔法カードの効果を発動する度に、自分は100LP回復する。

→カイナ以外のリンクモンスターであるハヤテ、シズク、カガリほど出番は多くなさそうですが、

 

このカードを1枚採用しておくことで、今まで

 

「負けることが確実!」(負け確)

 

であったシチュエーションを

 

「勝てるかもしれない!」

 

シチュエーションに変えることができます。

 

そんな【閃刀姫】の戦闘力をまた少し上昇させたのがこの《閃刀姫-カイナ》です。

 

今レギュレーション(2018.10)ではエンゲージとウィドウアンカーが準制限に指定され若干の弱体化となった【閃刀姫】ですが、ここにきてまた強化ですか…。

 

コナミさんは【閃刀姫】を強くしたいのか弱くしたいのかわかりませんね…(^_^;)

 

 

まぁ大人の事情も絡んでくると思いますのでその辺は置いといて。今日はそんな【閃刀姫】の戦闘力を高めた《閃刀姫-カイナ》の使い方について観ていきたいと思います。

 

 

sponsored link

 

 

閃刀姫カイナの使い方

閃刀姫カイナの使い方は主に以下の3つです。

 

 

 

閃刀姫カイナでワンキル対策

高速化した昨今、頻繁に行われる後攻ワンキル

 

 

その代表格を担っているのが以下のカードです。

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》

 

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/左下/下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、
そのモンスターの攻撃力は半分になる。

 

このカード+αのモンスターが並ぶだけでワンキルが簡単に決まってしまうんですね。

 

【閃刀姫】でもその例に漏れず、墓地の《閃刀姫-レイ》の蘇生効果を使えたとしても連続攻撃の物量で押し切られ、ワンキルまでもっていかれてしまう事があります。

 

そんな時に役に立ってくるのがこの《閃刀姫-カイナ》です。

 

使い方としては、相手ターンにフィールドの《閃刀姫-シズク》辺りが除去された時に《閃刀姫-レイ》の効果で自身を蘇生し、《閃刀姫-レイ》もう一つの効果で《閃刀姫-カイナ》をリンク召喚します。

 

更に《閃刀姫-カイナ》のリンク召喚成功時の効果で《ヴァレルソード・ドラゴン》を対象にすることで、攻撃力の高い《ヴァレルソード・ドラゴン》の攻撃を防ぐことができるので、受けるダメージを大きく減らしワンキルを免れる可能性が高まります。

 

とはいえ《閃刀姫-カイナ》をリンク召喚するタイミングで《ヴァレルソード・ドラゴン》などの攻撃を無効にしたいモンスターが不在の場合は上記の動きができないので、過信は禁物ですがこのカードを採用しておくだけで、以前までであれば1キルされていたところ、1キルされなくすることができるので、このカードの存在はわりと大きいのではないかと思っています。

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》を例に出しましたが、現環境では【召喚獣】で使われる《召喚獣プルガトリオ》や【恐竜】や【恐竜サンダー・ドラゴン】で使われる《究極伝導恐獣》が仮想敵となってくるでしょうか。

 

 

 

《召喚獣プルガトリオ》

 

融合・効果モンスター
星7/炎属性/悪魔族/攻2300/守2000
「召喚師アレイスター」+炎属性モンスター
(1):このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

《究極伝導恐獣》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

 

閃刀姫カイナでETEDを有利に進める

ET(エキストラターン)、ED(エキストラデュエル)では指定のターン数の経過後にライフポイントが多かった方が勝ちとなります。

 

8000ライフポイントを削り切らなくても、デュエルの勝敗がつくという事です。

 

なので、直接攻撃が可能な《閃刀姫ーハヤテ》の存在は【閃刀姫】のET,EDでの立ち回りを強化したカードであると言えます。

 

《閃刀姫ーハヤテ》

 

リンク・効果モンスター
リンク1/風属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下】
風属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-ハヤテ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。デッキから「閃刀」カード1枚を墓地へ送る。

 

※例えば、自分が先行で攻撃力の高いモンスターを何体も並べていたとしても、相手の《閃刀姫ーハヤテ》の直接攻撃できる永続効果でライフを削られてしまうので、自分は《閃刀姫ーハヤテ》に対して《無限泡影》《エフェクト・ヴェーラー》などの妨害札を当てる必要がありました。

 

ETEDではわずかなライフ差が命取りになりますからこのダメージを防ぐのは重要です。

 

逆に言えば、このような妨害により【閃刀姫】から受けるダメージを防いでいたんですね。

 

今までは…。

 

次からは…というと、

 

《閃刀姫-カイナ》の存在を考慮しなくてはなりません。

 

つまり《閃刀姫ーハヤテ》の直接攻撃によるダメージを防いだとしても《閃刀姫ーカイナ》の効果ダメージが待っているんですね。

 

いままでは妨害札1枚あればダメージを防げていたところがこれからは防げなくなる。

 

たかが100ポイントとは言え、カードの消費や召喚権の消費無しでライフに差をつけることができる、そういう面でも《閃刀姫ーカイナ》登場のインパクトは大きいと言えます。

 

また、出張を考えた場合、《閃刀機-ホーネットビット》から《閃刀姫ーカガリ》ssefホネビ回収、《閃刀姫ーカイナ》ss,ホネビ発動で、リンク2を立てつつ100回復が入るんですね(;^ω^)

 

閃刀姫カイナで反復横跳び

これは純閃刀姫でも、あまり使われないかもしれませんが触れておきます。

 

このカードと《閃刀姫ーハヤテ》は

 

「下側にリンクマーカーがついている」且つ「非常にリンク召喚しやすい(《閃刀機-ホーネットビット》一枚からでる)」

 

ので、それを利用して、メインモンスターゾーン2か所にEXデッキのモンスターを出す!という使い方が可能です。

 

以下の凡例で説明しますと

 

 

《閃刀機-ホーネットビット》を発動しトークンを生成。トークンを素材に《閃刀姫-カイナ》(リンクマーカー右下)をE2にリンク召喚。

 

M5にメインモンスターゾーンに出しておきたいEXデッキのモンスターを特殊召喚。

 

更に《閃刀姫-カイナ》を素材にE1orE2に《閃刀姫-ハヤテ》をリンク召喚。

 

M1orM3に任意のEXデッキのモンスターを特殊召喚できます。

 

上記の様に、メインモンスターゾーンに出したいEXデッキのモンスターをメインモンスターゾーンに出す手助けをする役割も担います。

 

まぁ同じことは《リンクリボー》でもできるのでこのカードを使うとしたら「M5」にEXデッキのモンスターを出したいときに《閃刀機-ホーネットビット》と一緒に出張することになるでしょう。

 

※今現在、ピンポイントでM5に出したいモンスターはおりませんが…(^_^;)

 

まとめ

《閃刀姫-カイナ》の使い方について簡単に解説してみましたがいかがでしたか?

 

【閃刀姫】を使われている方にとっては朗報、かもしれませんが相手にしている方としてはまた頭が痛くなるカードが登場した~という感じですね(^_^;)

 

【閃刀姫】に対しては「ターンを渡さないで後攻1キルする」というのが1つの勝ち筋だったのですが、その難易度が上がるというのは、対閃刀姫を考える上で影響は大きいですよ…。

 

・・・

 

という訳で今日はこの辺で!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!( ^∀^)ノ

 

コメントは2件です

  1. 匿名 より:

    カイナは回復効果では?

    • yugioh-kankyou より:

      ご指摘頂きありがとうございます!
      100バーンになっておりましたね、、修正させていただきました!

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
最近の投稿