サイドデッキ構築 ETED

サイドデッキ構築 応用編(ETED,ドロー加速,伏せ除去)


今回はサイドデッキ構築応用編ということで、前回はお話できなかった

 

3つの観点

 

について触れて行こうと思います。

 

SPONSORED LINK

 

前回のサイドデッキ構築 基本編では以下の点について説明しました。

 

 

・環境対策

・先攻後攻による切り替え

・デッキテーマスイッチ

 

 

上記の観点はサイドデッキに対する基本的な考え方で、

 

サイドデッキを組んだことが無い方に対する導入編としては重要ですが、大会などで勝つためにはこれだけでは不十分だと思い、

 

本記事を作成しました。

 

本記事で説明するのは以下の観点です。

 

 

・ETED用のカード

・ドロー加速

・伏せ除去

 

 

順に見ていきましょー!

 

サイドデッキ構築 ETED用のカード

ETEDでは既定のターン数(4ターン)が経過したときのライフ差で決着がつきます。

 

つまり、相手に1ダメージでも与えられれば、後は自分のライフを守り切れば勝利です。

 

通常は有利になりやすい先攻プレイヤーはETEDではバトルフェイズが1度しか行えない為、EDに入る際の先攻後攻選択は慎重に行いたいところです。

 

そんなETEDで、有利に立ち振る舞えるようにするカードの種別として以下の3種類があげられます。

 

 

・相手の攻撃を防ぐカード。

・バーンダメージを与えるカード。

回復(キュア)効果を持つカード。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

相手の攻撃を防ぐカード

相手の攻撃を防ぐ《威嚇する咆哮》等を採用する事で、相手のバトルフェイズを実質スキップさせ、ETEDを切り抜けるという作戦です。

 

以下は相手の攻撃によるダメージを回避するためのカードです。

 

《威嚇する咆哮》

通常罠
(1):このターン相手は攻撃宣言できない。

 

 

《和睦の使者》

通常罠
(1):このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

 

 

《超電磁タートル》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 0/守1800
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。

 

《仁王立ち》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの守備力は倍になり、ターン終了時にその守備力は0になる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このターン、相手は対象のモンスターしか攻撃できない。

→(2)の効果で対象に取ったモンスターがフィールドから離れた場合、相手は他のモンスターだけでなく、直接攻撃も行う事ができない。

 

《覇者の一括》

通常罠
相手スタンバイフェイズで発動する事ができる。
発動ターン相手はバトルフェイズを行う事ができない。

 

《一時休戦》

 

通常魔法
(1):お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。

→効果ダメージにも対応。が、自分もダメージを与えられなくなる。

 

《ホーリーライフバリアー》

通常罠
手札を1枚捨てる。
このカードを発動したターン、相手から受ける全てのダメージを0にする。

 

バーンダメージを与えるカード

バーンダメージであれば戦闘ダメージと比べて、相手の盤面に左右されずに相手にダメージを与えることができます。

 

単体で且つ、発動条件やコスト無しで使用できる魔法罠のなかで最もダメージを与えられるのは《ご隠居の猛毒薬》です。

 

モンスターの中で最も使いやすいのは、召喚権を使わずに1000ライフを与えられる《ファイヤークラッカー》辺りでしょうか。

 

《ファイヤークラッカー》

効果モンスター
星4/炎属性/悪魔族/攻1700/守 200
「ファイヤークラッカー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える。

→ドロースキップ効果もターン数が限られているET,EDであれば気になりません。

 

バーンダメージを与えるモンスターの中には、これ以外にも戦闘を介したり召喚権を使ってダメージを与えるモンスターが居ますが、ETEDに関しては《ファイヤークラッカー》が一番使いやすいと思います。(《墓穴の指名者》の的になるという欠点もありますが)

 

《時械神ミチオン》の4000バーン(ライフポイントを半分削る)もかなり魅力的ですが、こちらは召喚権+戦闘を介するのでダメージを与えるハードルが高くなります。

 

 

《時械神ミチオン》

 

効果モンスター
星10/炎属性/天使族/攻 0/守 0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手のLPを半分にする。
(4):自分スタンバイフェイズに発動する。このカードを持ち主のデッキに戻す。

 

バーンダメージを与えるカードの一覧については→バーンデッキを参照

 

 

次に回復カードについてです。

 

回復効果を持つカードについて

通常のデュエルでは直接勝利につながらない回復効果より、ライフを削り切って勝利することができるバーンダメージの方が優先されがちですが、ETEDにおいては「ライフ差」で決着がつくため、回復とバーンを同等に扱うことができます。

 

 

また、遊戯王カードはバーンによって与えられるダメージの数値より、ライフポイントを回復する数値の方が多めにデザインされているので、ETED用のカードとして考える場合は、回復カードを用いた方が合理的です。

 

それもあってか、しばしば環境でもETED用のカードとして以下のカードが採用されることがあります。

 

《天使の涙》

《副作用?》

《儚無みずき》

 

 

ETED用のサイドデッキカードについての説明は以上です。

 

 

これらのカードで、ETEDを上手く立ち回りましょう!

 

 

 

注意1:遅延行為は良くない

これらのカードを使うために故意に思考時間を長く使う、挙動を遅くする、トイレに籠る、等の遅延行為は良くないと思います。(この点に関しては様々な意見があると思うので、ここでは「私は良くないと思う」という事だけお伝えしておきます)

 

注意2:禁止カードになっていることも!?

上記で紹介したカードはCSやWCS(店舗代表決定戦、ブロック代表決定戦、選考会)等では、特別レギュレーションにより使用できないことがあるので、使用する場合は事前に大会HP等で確認しておきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

サイドデッキ構築 ドロー加速

環境読みが追いついておらず、サイドデッキ入れたいカードがない場合や、メインデッキで環境メタカードを多めに採用している場合におすすめなのが、このドロー加速カードを採用するという考え方です。

 

 

ここでいうドロー加速カードとは、《成金ゴブリン》や《闇の誘惑》、《トレード・イン》等の(できれば相手の手札を増やさずに)自分の手札を交換するカードです。

 

 

本来であれば、先述の通り相手の動きを妨害するカード(対策カード)を採用したいのですが、群雄割拠な環境では様々なデッキと遭遇するので、相対するデッキによっては「このカードを抜きたいんだけど、サイドデッキのどのカードも刺さらない…」という事態になります。

 

 

また、自分のデッキとの兼ね合いで影響力の強いカードをそもそも採用し辛いという場合もあります。(《王宮のお触れ》《王宮の勅命》《虚無空間》《魔封じの芳香》《インスペクト・ボーダー》等)

 

 

そようなリスクの緩和するための潤滑油(オールマイティ枠)として、敢えてドロー加速カードを採用するという考え方です。

 

 

もちろん初動札を増やすという方法もアリなのですが、「召喚は1ターンに1度まで」という遊戯王のルールや「このカード(の効果)は1ターンに1度までしか使用できない」という誓約がある以上、初動札が被るリスクもあるので、デッキ全体の初動札と妨害札のバランスを取るという意味でも、ドロー加速カードは悪くない働きをしてくれます。

 

SPONSORED LINK

 

サイドデッキ構築 伏せ除去

相手のメインギミックが伏せカードに頼らないようなデッキであったとしても、

 

マッチ2戦目以降は《サイクロン》《ツインツイスター》を始めとする伏せ除去カードを採用すべき

 

という考え方があります。

 

 

これは特に環境デッキを使用している場合に言えることなのですが、マッチ2戦目以降は相手も何らかの対策をしてくることが考えられます。

 

この時、対策する側として考えるのが「どうせだったら1枚で決着がつくレベルのカード」を採用したいと思うはずです。

 

なので、環境対策をしよう思ったら「環境デッキに刺さる永続魔法、永続罠、フィールド魔法」などの、ずっとフィールドに居座り続けるカードを採用したくなるんですね。

 

これらを除去するための手段として《サイクロン》等のバックを割るカードをある程度採用しておいた方が良いという考え方です。

 

永続系のカードを張られないとしても、最近では《墓穴の指名者》《無限泡影》などの、2ターン目以降は伏せることになるカードの採用率が高いので、バック除去カードが完全に腐ることは少ないです。

 

また、バック除去だけでなく《インスペクト・ボーダー》や《虚無魔人》等の対策手段として《精神操作》や《深淵の宣告者》などのモンスター除去カードの採用も特に後攻用のカードとして有効です。

 

まとめ

サイドデッキ構築 応用編として、ETED対策、ドロー加速、伏せ除去について説明させて頂きました。

 

これらに加えて前回ご説明した「環境対策」、「先攻後攻」、「スイッチ」など、サイドデッキ構築にはいろいろな考え方があります。

 

15枚の枠内で、これらの要素を全て含ませることは不可能なので、どれかを選択することになります。

 

どれを選ぶにしても、相手を出し抜けるような、自らが納得のいくサイドデッキを組んでいきたいものですね!

 

ただ、そうは言ってもぶっちゃけサイドデッキ構築はすごく難しいです(^_^;)

 

納得のいくプランができたとしても、実際にサイドチェンジした後にデッキを回してみたら「初動が引けなくなった!!」だったり、逆にサイドデッキから入れたカード全然引けない!」となることは普通にあります。(これはある程度割り切るしかないですが)

 

この様にサイドデッキ構築やサイドチェンジのプランを考えるのは非常に難しく「慣れ」が必要な作業ですが、これが遊戯王のやり込み要素だったりもするので、難しい中でも楽しみながら、サイドデッキを組んでいきましょう!

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿