ベアトリーチェ

ベアトリーチェ 環境での採用率が異常な理由【彼岸だけじゃない!】@EXモンスターランキング


今週もやってきました週刊EXデッキランキング。

 

環境で使われているEXデッキのモンスターをランキング形式でお届けします。

 

sponsored link

 

[ランキング内容]

○環境EXデッキランキング

 

■集計方法
集計方法リンク先参照

■期間
2018年1月11日~1月17日

■集計デッキ数
1大会 上位12デッキ

 

 

ベアトリーチェ 環境での採用率が異常な理由

 

タイトルでもお伝えした通り、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》の採用率が異常なんです。

 

《永遠の淑女 ベアトリーチェ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/天使族/攻2500/守2800
レベル6モンスター×2
このカードは手札の「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの「ダンテ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの(1)の効果は発動できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。EXデッキから「彼岸」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

早速ですがランキングをご覧ください。

 

 

 

1位は安定の《水晶機巧-ハリファイバー》ですが、2位にはなんとランク6の《永遠の淑女 ベアトリーチェ》がランクインしています。

ランク6という、比較的エクシーズ召喚しづらいランク数にも関わらず、スコアは1.0ポイント、つまり1人1ベアトリーチェ

 

【広告:最新スリーブをチェック!】

 

ここまで採用率が高いと気になるのは各デッキで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》がどのような使われ方をしているのかデスよね。

 

環境で使われているデッキが【彼岸】で埋め尽くされているのであれば話は別ですが、週刊デッキランキングの集計対象となったデッキを見る限りではそうでもなさそう。

 

ということで今回は《永遠の淑女 ベアトリーチェ》が各カテゴリでどのような使われ方をしているのかをご紹介したいと思います。

 

彼岸でベアトリーチェ

これは説明不要かと思います。

 

彼岸ではランク3の《彼岸の巡礼者 ダンテ》を簡単にエクシーズ召喚できるので、それに重ねることで簡単に《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をエクシーズ召喚することができます。

 

もちろん、墓地で発動する効果を持った【彼岸】モンスターの共通効果とデッキからピンポイントで墓地へカードを送れる効果を持った《永遠の淑女 ベアトリーチェ》は非常に相性が良いです。

 

セフィラでベアトリーチェ

【セフィラ】では以下のカードを素材にして《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をエクシーズ召喚します。

 

《秘竜星-セフィラシウゴ》

ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/幻竜族/攻 0/守2600
【Pスケール:青7/赤7】
(1):自分は「竜星」モンスター及び「セフィラ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがP召喚に成功した時、
または自分のモンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
デッキから「竜星」魔法・罠カードまたは「セフィラ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

→【セフィラ】において、アドバンテージの源となる超重要カード!

セフィラは豊富なサーチカード故に抜群の安定性を持っていますが、そのサーチカードを駆使して最初に出したいのがこのカード。

 

このカードを守備表示でP召喚し、《竜星の九支》をサーチ、相手にターンを渡すというのがセフィラデッキの初動となることが多いです。

 

セフィラの回転の中心となるカードであることから、フィールド上に2枚以上存在する状況も珍しくなく、無理なくベアトリーチェにつなげることが可能です。

 

墓地に送るカードは、《亡龍の戦慄-デストルドー》や《グローアップ・バルブ》、ダークブルムや各種竜星モンスターなど豊富にあり、選択肢としてベアトリーチェを持っておく価値は十分にありそうです。

 

魔術師でベアトリーチェ

【魔術師】では以下のカードを素材にして、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をX召喚します。

 

《クロノグラフ・マジシャン》

ペンデュラム・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
「クロノグラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「時読みの魔術師」1体を選び、自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、手札からモンスター1体を特殊召喚できる。
(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

→こちらも、魔術師において回転を補助する重要な役目を担うカード。

 

【魔術師】《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》の登場で安定性がグンと増し、あらゆるPモンスターをEXデッキを経由して、容易に手札に加えることが可能となりした。

 

《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(3):自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

各種ペンデュラムモンスターを素材にこのカードをリンク召喚した後は、効果1で《クロノグラフマジシャン》をEXデッキに表側表示で加え、効果2でPゾーンのカードを破壊し、《クロノグラフマジシャン》を手札に加えます。

 

Pカードが破壊されたとき、《クロノグラフマジシャン》の効果で自身を特殊召喚後に手札からさらにモンスターを特殊召喚する事ができます。

 

そこから、またさらにエレクトラムの効果で1ドロー。

 

エクストラム一体からここまでの展開が可能で、エクストラムは数体採用されている事が多いためこの動きを繰り返せます。

(エクストラムの採用数もランキング3位に付けています。)

 

この動きを繰り返せる且つ、クロノグラフマジシャンは墓地へ送られる代わりにエクストラデッキに加わるので《クロノグラフマジシャン》を2体同時にフィールドに揃えることはそこまで難しくはありません。

 

そうなれば後は

 

《クロノグラフマジシャン》と《クロノグラフマジシャン》 合わせてベアトリーチェ~! 

 

にするだけ!

 

墓地へ送るカードは・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

ん?

 

ないぞ?

 

【魔術師】デッキに墓地へ送りたいと思えるようなカードが、ないぞ!

 

>>>【魔術師】のデッキレシピ ※いわゆる【EM魔術師】です。サイドにベアトリーチェいます。

 

・・・

 

もしかしてこれは、

 

《浮幽さくら》用なのではないか・・・?

 

(あ、多分そうだ。)

 

すいません。

 

ここまで説明しておいて、オチは《浮幽さくら》用でした。

 

逆にこの事実からわかる事は『大事な大事なEXデッキ枠を割いてでも《浮幽さくら》で対策するくらい、強力なカード』である事がわかります。

 

何と言ってもフリーチェーンでのデッキから墓地送りですからね。

 

墓地へ《彼岸の悪鬼 ファーファレル》を落とせば、フリーチェーンのモンスター除外ですよ。

 

《彼岸の悪鬼 ファーファレル》が同週の除去妨害カードランキングで1位になっており、その事からもベアトリーチェで墓地へ落とす効果を容易に発動できるという事が分かります。

 

《彼岸の悪鬼 ファーファレル》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守1900
「彼岸の悪鬼 ファーファレル」の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「彼岸」モンスター以外のモンスターが存在する場合にこのカードは破壊される。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエンドフェイズまで除外する。

 

除外したモンスターはエンドフェイズに戻ってきますが、相手の展開をフリーチェーンで妨害できる。

 

これが弱いわけがない・・・

 

剛鬼とベアトリーチェ

かくいう僕も、自分の【剛鬼】デッキに《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を入れ始めました。

 

というのも、【剛鬼】では手札一枚から《永遠の淑女 ベアトリーチェ》で《虚無空間》や《魔封じの芳香》などを落とした後に、《トロイメア・グリフォン》でセットすると言う動きが可能です。

 

実質、状況に応じた魔法罠をサーチ可能という事ですね。

 

(こちらのコンボは後日公開予定です。)

 

と言う訳で今日は《永遠の淑女 ベアトリーチェ》@エクストラデッキモンスターランキングについての解説でした!

 

それではまた明日お会いできれはと思います!(^.^)

 

【広告:値上がり必至の二十周年記念箱】

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿