やぶ蛇 相性 使い方

やぶ蛇と相性の良いカード【7選!!!】と使い方。


こんにちは、ポッターです。

 

やぶ蛇を使い始めて早1か月・・・。

 

意外や意外、メインから投入してもわりと使い勝手が良かったので、この度記事にしてみました。

 

記事内ではやぶ蛇と相性の良いカードと、使ってみての感想(使い方)も書いてみましたのでよかったら見ていってください!

 

 

sponsored link

 

まずは効果の確認から…。

 

《やぶ蛇》

通常罠
(1):セットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
デッキ・EXデッキからモンスター1体を特殊召喚する。

→遊戯王というカードゲームが生み出されてから20年経ちますが、このカードほど相手に破壊してほしいカードは他に見たことがありません。

僕はこのカードが遊戯王イチの地雷カードだと思っているのですが、その理由はこのカード一枚で勝負を決められることが多々あるからです。

 

「デュエルを優位に進める…」ではなく、「勝負を決める」です。

 

まぁ、勝負を決めるのやぶ蛇自体の効果ではなく、やぶ蛇の効果で特殊召喚したモンスターカードの効果なんですがね…(^_^;)

 

次章では勝負を決めるべく、やぶ蛇で召喚すべきEXデッキのモンスターをご紹介していきます!

 

 

sponsored link

やぶ蛇と相性の良いEXデッキのモンスターたち

 

 

《異星の最終戦士》

融合・効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2350/守2300
「ダーク・ヒーロー ゾンバイア」+「魔力吸収球体」
このカードが特殊召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事はできない。

→除去をフィールド上のモンスター効果に頼る、【インフェルノイド】、【剛鬼】、【リンクユニオン】【サンダー・ドラゴン】に対して非常に有効。特に【インフェルノイド】は通常召喚ができないモンスターが多いので、セットで凌げずそのままゲームエンドまでもっていくことができる。ただ、相手フィールドに《異星の最終戦士》より攻撃力が高いモンスターがすでに存在してしまうと、出してもほぼ無意味となってしまうため、先に出しておきたいところです。

 

 

 

《ナチュル・エクストリオ》

融合・効果モンスター
星10/地属性/獣族/攻2800/守2400
「ナチュル・ビースト」+「ナチュル・パルキオン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):魔法・罠カードが発動した時、自分の墓地のカード1枚を除外し、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、その発動を無効にし破壊する。

→現在環境トップ【閃刀姫】に対して非常に有効。特に【閃刀姫】はバック除去手段も豊富であるため、やぶ蛇が破壊されやすいのも嬉しいポイント。

 

《剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ》

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/戦士族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
「剛鬼」モンスター3体以上
(1):フィールドのこのカードは、戦闘では破壊されず、
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手モンスターの発動した効果を受けない。
(2):フィールドのこのカードまたはこのカードのリンク先のモンスターを
対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にする。
(3):1ターンに1度、このカードの攻撃力が元々の攻撃力と異なる場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

→多くのデッキがこのカードを除去するのに非常に苦労します。(出すと、最低3回は効果テキストを確認されます)

 《激流葬》や《ブラック・ホール》に対しては無力ですが、現在の環境の除去妨害カードの分布をみると、その穴はあまり気にならないです。

 特に【オルターガイスト】や【彼岸】、【真竜】など、除去モンスター効果や戦闘、対象を取る効果に頼っているデッキでは、デッキのカードをすべて引いたとしてもこのカード1枚が除去できないこともあります。ただ、《ヴァレルソード・ドラゴン》の攻撃力ダウン効果は受けてしまうので(《ヴァレルソード・ドラゴン》の攻撃力が上がってから《剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ》の攻撃力が下がる為)、超過ダメージ2000*2は受けてしまう事は覚悟しておきましょう。

 

 

以上が、僕がやぶ蛇の為に採用しているカードになります。

エクストラデッキがキッツキツなので、これ以上の枠は避けませんでした…。

 

エクストラデッキまだ少し空いているよ!という方は以下のカードも採用圏内だと思いますのでご覧になって行って下さい!

 

《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

 

 

《花札衛-五光-》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻5000/守 0
チューナー+チューナー以外のモンスター4体
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(2):自分の「花札衛」モンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。
(3):S召喚したこのカードが戦闘で破壊された場合、または相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。エクストラデッキから「花札衛-五光-」以外の「花札衛」Sモンスター1体を特殊召喚する。

 

 

《RR-アルティメット・ファルコン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/闇属性/鳥獣族/攻3500/守2000
鳥獣族レベル10モンスター×3
(1):このカードは他のカードの効果を受けない。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このターン、相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンし、相手はカードの効果を発動できない。
(3):このカードが「RR」モンスターをX素材としている場合、以下の効果を得る。
●お互いのエンドフェイズ毎に発動できる。相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。相手フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合、相手に1000ダメージを与える。

 

 

《ナチュル・ガイアストライオ》

融合・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻3200/守2100
地属性Sモンスター×2
(1):フィールドのカード1枚のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

 

《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+「レッド・デーモンズ・ドラゴン」
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):このカードは相手の効果では破壊されない。
(3):相手モンスターの攻撃宣言時にその攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
(4):このカードの(3)の効果でこのカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動する。
その効果で除外されているこのカードを特殊召喚する。

→墓地次第ではとんでもない攻撃力になる。

 破壊耐性がついているので、除去を破壊に頼るデッキに対しては脅威。

 

やぶ蛇と相性の良いカード

やぶ蛇で勝負を決めたは良いのですが、マッチ勝負の場合は、2戦目以降、相手は伏せカードを破壊してこなくなります。

 

と見せかけて、破壊してくるのかなー?と思ったりもしたのですが、実際ほとんどの場合破壊してこなくなります。

 

そりゃそうですよね。

 

そのカード1枚破壊しただけで勝負が決まってしまう訳ですから。無理に伏せ除去はせず放って置くが吉です。

 

これを逆手にとって強力な罠カード炸裂させるというのが今回のサイドプランになります。

 

《神風のバリア -エア・フォース-》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主の手札に戻す。

→除去手段が増えた現環境においてはバトルフェイズまで伏せカードが残されることは稀ですが、1戦目でやぶ蛇が決まっていれば、かなりの高確率で相手の攻撃宣言時まで伏せカードを維持できます。特に、大量展開からの総攻撃時にこのカードを発動できれば相手に甚大なダメージを与えることができます。ほかにもいろいろな攻撃反応型の除去カードがありますが、僕は【トロイメア】の耐性を崩せるこのカードを採用しています。

 

《魔法の筒》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、攻撃モンスター1体を対象として発動できる。その攻撃モンスターの攻撃を無効にし、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

→基本的な作用理由は《神風のバリア -エア・フォース-》と同じで、伏せカードを維持したまま、相手のバトルフェイズを迎えられるためです。《神風のバリア -エア・フォース-》より勝っている点としては、相手に確実にダメージを与えられるので、EDETになりそうなデュエルでこのカードを発動できれば相手の思惑を崩すことができます。特に【閃刀姫】等のモンスターをあまり展開しないタイプのデッキでは、1体で殴って、次の相手の動きを妨害するためのカードをセットしてターンエンドという場面が多いので、このカードで本来削られるはずだった自分のライフを守ったうえで、相手のライフを削ることができるこのカードは地雷として悪くないと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

解説しておいて、自分で言うのもアレですが、

 

相当いやらしい効果ですよねw

 

友達無くしそうですが、ガチの大会などでは話は別!w

ガンガン使っていきましょうw

 

以上、やぶ蛇と相性の良いカードと使い方についてでした!

 

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
・使用デッキ:純?剛鬼、パシフィス、Kozmo
最近の投稿