2018.04 制限改定

2018.04で規制されたカテゴリとノータッチのカテゴリを整理


簡単にですが、規制を受けたカテゴリとノータッチのカテゴリを整理して見ました。

 

 

sponsored link

 

まずは改定内容から...

 

 

2018年4月リミットレギュレーション

 

【禁止】
フェニキシアン・クラスター・アマリリス
BF-朧影のゴウフウ

【制限】
D-HERO ディスクガイ
虹彩の魔術師
覇王眷竜ダークヴルム
トーチ・ゴーレム
ローンファイア・ブロッサム
捕食植物オフリス・スコーピオ
エルシャドール・ミドラーシュ
エルシャドール・ネフィリム
ルドラの魔導書
召喚獣メルカバー

 

【準制限】
灰流うらら
召喚師アレイスター
神の宣告
真竜の継承

【無制限】
同族感染ウィルス
召喚僧サモンプリースト
グリモの魔導書
輪廻天狗
汎神の帝王
貪欲な壺
モンスターゲート

 

sponsored link

以下は、現環境で活躍しているカテゴリ別の規制、緩和状況です。

 

【規制】
‪・植物リンク‬
‪・魔術師‬
‪・召喚獣系‬?

‪【ノータッチ】
‪オルターガイスト‬
‪彼岸‬
‪セフィラ‬
トリックスター‬
オルターガイスト‬
剛鬼‬
青眼‬

【緩和】 ‬
真竜‬
シャドール‬?

 

ですかね。

 

以降で、カテゴリごとの解説をしていきます。

 

植物リンクは規制しすぎ

[改定内容]

フェニキシアン・クラスター・アマリリス→(無制限→禁止)

捕食植物オフリス・スコーピオ(無制限→制限)

ローン・ファイア・ブロッサム(準制限→制限)

BF-朧影のゴウフウ→(制限→禁止)

 

キーパーツが畳み掛けるように規制されるという...

 

正直、オフリスを制限化する理由はわかりません。

アマリリスだけで充分だと思うんですがね、、、純粋な捕食植物を組んでる人が可哀想。

 

魔術師は規制は良調整

[改定内容]

虹彩の魔術師(無制限→制限)

ダークヴルム(無制限→制限)

 

良調整。

 

魔術師は環境でも頭一つ抜けていましたからね。→週刊デッキランキング(ページ下部)

徹底的に規制するわけでもなく、良調整だと思います。

 

虹彩制限によって、エレクトラムで虹彩割って、アストログラフサーチからのSS、そして虹彩サーチができなくなったので、デッキ爆発力は結構低下するはず。

 

召喚獣系は規制?緩和?

[改定内容]

・召喚獣メルカバー(無制限→制限)

・召喚師アレイスター(制限→準制限)

 

際どいところ付いてきましたねf^_^;

 

召喚師使ったことないんですが、《召喚獣メルカバー》制限化はどれほど影響があるのでしょうか?

 

【召喚獣】と戦ったことはあるのですが、《水晶機巧-ハリファイバー》や《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》みたいにポンポン出てくるモンスターっていう印象は無いんですけどね・・・。

 

それに対して、現在制限カードの《召喚師アレイスター》は過労死ってレベルで使い回されますよね。

 

準制限化によって《召喚師アレイスター》一体が墓地に送られてしまった場合にもう一枚をサーチできるようになったのはデカいかと。

 

そう考えると【召喚獣】はヤッパリ緩和だったか・・・?

 

真竜に対するしょっぱすぎる緩和

[改定内容]

・真竜の継承(制限→準制限)

 

現在、【真竜】のパーツで規制を受けているのは以下カード。

 

《真竜拳士ダイナマイトK》→制限

《真竜皇の復活》→制限

《真竜剣皇マスターP》→禁止

《ドラゴニックD》→禁止

 

この規制内容で《真竜の継承》が準制限カードとなったところで何が変わるのでしょうか。

おしえて強い人。

 

 

ネフィリムが待望の緩和! ミドラーシュはその代償か・・・

・エルシャドール・ミドラーシュ(無制限→制限)
・エルシャドール・ネフィリム(禁止→制限)

 

上記にて、緩和カテゴリの一覧にシャドールを入れましたが、この調整は緩和なのだろうか?

 

ミドラーシュ制限化によってむしろ「純シャドール」にとっては向かい風なのでは?

 

ネフィリム緩和の恩恵を受けるのは、ネフィリムと《影依融合》とメインデッキに入るシャドール数枚とのセットでの出張の対象となる【光属性】のような気がします。

 

《影依融合》

通常魔法
「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

 

 

《エルシャドール・ネフィリム》

融合・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2500
「シャドール」モンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。そのモンスターを破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード 1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

任意の【光属性】を墓地へ送れるという強力な動きが可能であり、ネフィリムの緩和は【光属性】には追い風となります。

 

現環境にて光属性が主軸のデッキが少ないのもこのカードが緩和された要因の一つかもしれません。

 

・・・

 

という訳で、新制限についてサクッとまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

 

制限改定に対しては賛否両論あると思うのですが、今回の制限改定はわりと順当であったと思います。

 

 

(僕が使用している【剛鬼】デッキで使っている《神剣ーフェニックスブレード》がトロイメアと混ぜることでエラッタ前の《キラースネーク》バリの動きをするのでワンちゃん禁止あるのでは?と思っていましたが、ノータッチでちょっとほっとしていますw)

 

それでは今日はこの辺で!\(^o^)/

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック