FWD ハリファイバー 禁止

FWDハリファイバーは禁止になる??@週刊エクストラデッキランキング


毎度ありがとうございます。

 

レギュレーション2018.04も残すところあと2週ほどとなりました。

 

比較的良環境と言われた今期ですが、エクストラデッキで最も採用されたのはどのカードなのでしょうか?

 

次回2018.07の制限改定予想するためのネタにもなると思いますので、是非確認してみてください。

 

sponsored link

 

■集計方法
集計方法リンク先参照
■期間(更新分)
2018年5月23日~5月30日
■集計デッキ数
1大会 上位4デッキ

 

 

 

ハリファイバーは禁止になるのか?

1位~4位(かg)は環境デッキランキングでも常に上位いるカテゴリの必須カードですね。

その中でも《水晶機巧-ハリファイバー》はどのデッキに入っていてもおかしくない汎用性とアド力を持ち合わせています。

 

 

sponsored link

 

《水晶機巧-ハリファイバー》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 

個人的にはこのカードの禁止化、もしくは相棒である《ジェット・シンクロン》や《BF-隠れ蓑のスチーム》、《グローアップ・バルブ》辺りが危ないのではないかと思っています。

 

《ジェット・シンクロン》

 

チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/機械族/攻 500/守 0
「ジェット・シンクロン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

《BF-隠れ蓑のスチーム》

 

チューナー・効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/鳥獣族/攻 800/守1200
「BF-隠れ蓑のスチーム」の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドに「スチーム・トークン」(水族・風・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードをS素材とする場合、他のS素材モンスターは全て「BF」モンスターでなければならない。

 

《グローアップ・バルブ》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 100/守 100
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

→そう考えると、純粋な【ジャンド】使い、【BF】使い、【植物族】使いにとっては《水晶機巧-ハリファイバー》は本当に迷惑な存在ですよね・・・。

 なので出来れば《水晶機巧-ハリファイバー》本人が規制されたほうがいいと思っているのですが、10期初の禁止カード化もなかなかハードルが高い。

 そう考えると、2018.07ではまずは制限カード化くらいが順当かなぁと考えています。

 

FWDは禁止になるのか?

次に、ソリティアデッキの温床を作っている第一人者である《ファイアウォール・ドラゴン》ですが、

 

このカードの順位は意外と控えめの13位。

 

平均採用枚数も0.33%となっています。

 

まぁ、いくらソリティア出来ると言っても、現環境の手札誘発の初手率もそれなりに高く、妨害された時に止まってしまいやすいのが《ファイアウォール・ドラゴン》を使った展開のリスクだったりもするので、現環境において極端に強いカードという訳でもないとおもっています。(強いカードであることは間違いないです)

 

また、逆に言うとこのカードでソリティアが捗ることが、《無限泡影》《拮抗勝負》などの面白い効果を持った新規カードが売れることに一役買っていると考えることもできるので、

 

禁止にはならないんじゃないかなぁと予想してました。

 

※主人公補正もありますし・・・。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は環境で使われているexデッキのモンスターから制限改定予想を少しだけしてみました。

 

ここで紹介したのは、あくまで僕の意見なのでご参考までに・・・という事で、よろしければ皆さんの意見を聞かせて頂きたく。

 

Twitterアンケートであなたの予想を聞かせてください。

 

 

※参考(27位以下)

 

制限改定の発表が待ち遠しいですね!

 

以上、週刊エクストラデッキランキングでした!

 

sponsored link

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
サイト内検索
掲示板 フォーラムを検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿
掲示板 最近のトピック