閃刀姫 カガリ制限 デッキ

閃刀姫 カガリ制限デッキでも環境入り!?@週刊デッキランキング


こんにちはポッターです!

 

お待たせしました!(?)

 

毎週金曜日恒例の今週の週刊デッキランキングです!

 

今週は2019.01レギュレーション1発目」という事で、今期の環境を占う大事な週です!

 

SPONSORED LINK

 

気になる点としては

 

 

・規制を受けなかった【サンダー・ドラゴン】【サブテラー】はトップシェアになれた?

・【転生炎獣】【幻影騎士団】など、新規をもらったテーマは上がってきたのか?

・微妙に規制を受けた【閃刀姫】【オルターガイスト】【魔術師】などはランクインできるのか?

 

といったところでしょうか…。

 

まぁ能書きは良いか。

 

早速見ていきましょう!

 

閃刀姫 カガリ制限でも環境!?

 

 

僕は第一週目からランクインするデッキがばらけると予想していたのですが、ふたを開けてみたらランクインしたのは3種類だけでした。

 

これは意外だったなぁ。(まぁ母数も9デッキと少なめなのでそれほど不自然ではありませんが)

 

では気になる点を見ていきましょう!

 

SPONSORED LINK

 

閃刀姫を抑えて転生炎獣が環境トップ

公認とか出てても「結構使ってる人おおいなぁ~」という印象の【転生炎獣】。

 

使用者の母数も多くポテンシャルも高い為か、1週目からしっかり結果を残してきました。

 

僕も試しに組んでみたのですが、まだカードの効果が覚えきれてない状況ですw(現在は【オルフェゴール】に夢中)

 

閃刀姫がカガリ制限でも環境に!

これは僕の予想が安直だったと言わざるを得ないのですが、【閃刀姫】消えると思ってたら、しっかりシェアの22%を占めてきましたw

 

《閃刀姫-カガリ》制限によって少しはパワーを落としたと思ったのですが、まだ全然いけそうですねw

 

ちなみに今期の【閃刀姫】では墓地に落ちた《閃刀姫-カガリ》を回収するために以下のカードが使われている様でした。

 

《貪欲な壺》

通常魔法
(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

【閃刀姫】は閃刀姫リンクモンスターを次々と入れ替えられる且つ、それらのモンスターは墓地に居てもそんなに意味はないので、このカードが発動しやすいんですね。2018.10以前も普通に採用している人いましたが、今期は《閃刀姫-カガリ》回収手段として活躍の場を広げそうです。

 

(久しぶりに頭が全部あるコイツを見ました。)

 

 

《マグネット・リバース》

速攻魔法
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族または岩石族の通常召喚できないモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

→こちらは墓地や除外ゾーンから直接SS出来るカードです。今回ランクインした【閃刀姫】デッキでは使われていませんでしたが、実際どうなんでしょうね。《閃刀姫-カガリ》はリンク召喚じゃなくてもSSすれば墓地の閃刀魔法を回収できるので相性は良いと思います。除外からもSS出来るのは良いですね。

 

《サイバネット・ユニバース》

フィールド魔法
(1):自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
(3):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。
EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地へ送る。

→3つの効果がありますが、主に使用するのはもちろん(2)。【閃刀姫】では《テラ・フォーミング》を採用している場合が多いので、状況に応じてサーチ対象を変えられるのは利点ですね。入賞したデッキでは《盆回し》《チキンレース》と共にこのカードが採用されていました。

 

《閃刀機構-ハーキュリーベース》

装備魔法
自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):装備モンスターは直接攻撃できず、1度のバトルフェイズ中にモンスターに2回攻撃できる。
(2):自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在し、装備モンスターが攻撃でモンスターを破壊した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):このカードが効果でフィールドから墓地へ送られた場合、
「閃刀機構-ハーキュリーベース」以外の自分の墓地の「閃刀」カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

2018.10環境中盤以降ではこのカードを採用しない構築が多かったのですが、2019.10レギュレーションでは打って変わって、今回ランクインしたすべての閃刀姫デッキにこのカードが採用されていました。(と言っても2デッキですが)

 

モンスターリサイクル効果を持った装備魔法で、効果を発動するにはこのカードが効果によって墓地へ送られる必要がある為、少し工夫が要りますが、閃刀姫専用のカードなので使わない手はないです。

 

魔術師もランクイン!

2019.01制限で《クロノグラフ・マジシャン》と《グローアップ・バルブ》が規制を受け、安定性が削がれたと思われた【魔術師】ですが、さすが息の長いテーマだけあってKona○iさんもこのテーマはなかなか殺そうとしません。

 

ちなみに2018.10レギュレーションでは見かけなかった以下のカードが2019.01レギュレーションの【魔術師】に採用されていました。

 

《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守 600
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「オッドアイズ」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分のPゾーンのカード1枚を選んで破壊し、自分のエクストラデッキから「オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン」以外の表側表示の「オッドアイズ」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPゾーンに「オッドアイズ」カードが存在する場合、
自分フィールドの「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはこのターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

《調律の魔術師》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「調律の魔術師」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分のPゾーンに「魔術師」カードが2枚存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手は400LP回復し、その後自分は400ダメージを受ける。

 

 

まとめ

なかなか面白い結果になった1週目ですが、まだまだサンプル数が少ないので精度はそれほど高くないです(´-ω-`)

 

ただ、

 

【転生炎獣】、【閃刀姫】【魔術師】はやれる!

 

という事はわかったので、それだけでも収穫です(#^^#)

 

 

それではまた次回お会いしましょう(^ー^)ノ~

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿