コードジェネレータ― 出張

コードジェネレーターは出張できるのか??


みなさんこんにちは。出張という単語にトラウマがあるポッターです。

 

今日はコードジェネレータ―が【】以外のテーマに出張できるのか?についてお話ししたいと思います。

 

 

sponsored link

 

それではまず、効果を確認しましょう。

 

効果モンスター
星3/地属性//攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。

→「フィールドのサイバース族」を「コードトーカーモンスターの素材にする」場合のみ手札のコードジェネレーターをリンク素材にすることができます。

更に、デッキから攻撃力1200以下のサイバース族を墓地へ送ることができるという効果も持っています。

 

手札からリンク素材にできるという事は、実質

 

「召喚権を使わずにフィールドのモンスターを1体増やすことができる」

 

と同義です。

※コード・トーカーモンスターしか特殊召喚できないという条件付きですが。

 

さらにデッキから墓地へモンスターを送ることができるので、この効果を利用すれば、さらなる高み(リンク3以上)へと昇ることもできます。

 

以下はそのイチ例です。

 

 

sponsored link

コードジェネレーターをサイバース族以外に出張

コードジェネレータを使用するうえで満たす必要がある条件は、まずフィールドに【】を置くことです。

 

メインデッキにサイバース族をそれなりに採用しないと、一見難しそうにも思えますが、以下のカードを使用すれば比較的容易に条件を満たすことができます。

 

 

 

リンクリボー

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性//攻 300
【リンクマーカー:下】
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

そう。みんな大好き《リンクリボー》です。

このカードは汎用性が高く、週刊エクストラデッキランキングでも常に上位をキープしています。

 

様々なデッキで採用されているこのカード。実はサイバース族なんですよね。

 

なので、このカードを展開に挟むことで手札のコードジェネレータ―をリンク素材にする条件をクリアすることができます。

 

コードジェネレーターで墓地へ落とすカードは?

「展開する」という意味で墓地へ落として有用なカードは以下の2枚です。

 

 《シーアーカイバー》

効果モンスター
星3/水属性//攻 300/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

《ドットスケーパー》

 

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

 

上記2つの条件より、考えられるコードジェネレータ―を使用した展開例を2つほどご紹介します。

 

 

■ハンド

・《グローアップ・バルブ》1枚

・《》1枚

 

【初動】

1.《グローアップ・バルブ》NS

2.《グローアップ・バルブ》で《リンクリボー》をSS

3.手札の《コード・ジェネレータ―》と《リンクリボー》で《コード・トーカー》SS

4.《》効果で《ドットスケーパー》を墓地へ。《ドットスケーパー》効果で自己蘇生。

5.《コード・トーカー》と《ドットスケーパー》で《サモン・ソーサレス》SS

6.《グローアップ・バルブ》効果で自己蘇生。

7.《リンクリボー》効果で《グローアップ・バルブ》をリリースして自己蘇生。(《サモン・ソーサレス》のリンク先)

8.《サモン・ソーサレス》効果で 《シーアーカイバー》をリクルート。

9.《リンクリボー》と《シーアーカイバー》で 《トロイメア・ゴブリン》をSS

10.《シーアーカイバー》効果で自己蘇生。

11.《シーアーカイバー》と《サモン・ソーサレス》《ファイアウォール・ドラゴン》

 

→このように《水晶機巧-ハリファイバー》を使わずに、《トロイメア・ゴブリン》+《ファイアウォール・ドラゴン》の盤面を作ることが可能です。

 

 

 

【展開途中】

相手の妨害を受け、召喚権使用済みで《ファイアウォール・ドラゴン》+トークンという盤面になってしまった場合、手札に《》と通常召喚可能なモンスター1体があれば…。

 

1.トークンで《リンクリボーSS

2.《リンクリボー》と手札の《》で《コード・トーカー》SS

3.《コード・ジェネレーター》の効果で《ドットスケーパー》を墓地へ。《ドットスケーパー》効果で自己蘇生。

4.《リンクリボー》効果で《ドットスケーパー》をリリースして自己蘇生。

5.《ファイアウォール・ドラゴン》効果で手札のモンスターSS

 

→盤面は《ファイアウォール・ドラゴン》+コード・トーカー+モンスター+《リンクリボー》となります。このように《コード・ジェネレーター》であれば、フィールドにモンスターが存在する状況では効果を活かしにくい《SR-ベイゴマックス》や《ジャンク・フォアード》にはできない動きをやってのけます。

 

まとめ

上記の様に【サイバース族】以外でも活躍が見込める《コード・ジェネレーター》。

 

今後新たなサイバース族モンスターも続々と登場することが予想されるので、買っておいて損はないと思います。

 

それではまた次回です!最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿