2019年7月 制限改定

2019年7月の環境予想!!【転生・サンドラ・オルフェはどうなる?】


3テーマ同時規制はさすがに環境が変わりすぎるので、引退する人が多くなりそうで怖い。

 

 

マジでそれだけ心配。

 

 

という事で心配事が尽きない遊戯王ですが、(趣味としてどうなの?)

 

本記事は「2019年7月の環境予想!」という事で、

 

SPONSORED LINK

 

 

以下の項目に沿って次期環境について占っていきたいと思います!

 

 

2019年7月の制限改定内容は?

 

まずは、改定内容について観ていきましょう。

禁止化

《トロイメア・マーメイド》(無制限)

《破滅竜ガンドラX》(無制限)

 

制限化

《転生炎獣ガゼル》(無制限)

《レディデバッガー》(無制限)

《超雷龍サンダー・ドラゴン》(無制限)

《雷鳥龍サンダー・ドラゴン》(無制限)

《メタバース》(無制限)

 

準制限カード

《ABCードラゴン・バスター》(制限)★緩和

《ダーク・アームド・ドラゴン》(制限)★緩和

《ダイナレスラー・パンクラトプス》(無制限)

《デビル・フランケン》(制限)★緩和

《魔鍾洞》(無制限)

《SPYRAL-ジーニアス》(制限)★緩和

《ダーク・グレファー》(無制限)

《TG ハイパー・ライブラリアン》(制限)★緩和

《影霊衣の反魂術》(制限)★緩和

《氷結界の龍 トリシューラ》(制限)★緩和

 

制限解除カード

《E・HERO エアーマン》(準制限)★緩和

《真竜拳士ダイナマイトK》(準制限)★緩和

《餅カエル》(準制限)★緩和

《ルドラの魔導書》(準制限)★緩和

《神の宣告》(準制限)★緩和

《停戦協定》(準制限)★緩和

 

今回の改定の内容は大きく以下の5つに分けられると思います。

 

 

・環境TOP3に対する規制

・ガンドラ/魔鍾洞規制

・中堅デッキ、ギミックの緩和

・謎過ぎるパンクラに対する規制

・掛からなかったゴウキンと指名者

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

また、上記の内容はこちらの動画でも語っていますので、本記事と合わせてご覧になって頂けると嬉しいです。

 

2019年7月からの制限改定内容を動画で解説

 

来期以降も「対戦動画」や「コンボ動画」をどんどん上げていく予定なので、ちゃんねる登録を是非ともよろしくお願いいたします(^^)/※必死

 

2019年7月からの制限改定 オルフェゴールに対する規制

《トロイメア・マーメイド》の禁止化(無制限)

《ダーク・グレファー》の準制限化(無制限)

 

まぁ、マーメイドがぶっこわれ過ぎていたという事は認めましょう。

 

しかし、それが唯一と言ってもいい【オルフェゴール】を組む理由だったんですよね。

 

モンスター2体並べるだけで3妨害作れる安定性

 

妨害を作る為にメインデッキにある程度のゴミを入れないといけないこのテーマでは、正直それくらい出来ないと今の環境では戦っていけないと思います。

 

マーメイド禁止によりその安定ムーヴができなくなった今、

 

環境で戦っていくデッキとして【オルフェゴール】を握るモチベーションが無くなってしまったんですよね。

 

動画内でも言っていますが、同じ展開系だったら【ドラゴンリンク】(守護竜)を握った方が丸そうです。

 

「マーメイドが禁止でもこれくらいの最終盤面は作れる」という意見もあると思いますが、やはり安定性の面で環境上位に残るのは難しいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

2019年7月からの制限改定 サラマングレイトに対する規制

《レディデバッガー》制限化(無制限)

《転生炎獣ガゼル》制限化(無制限)

 

初動マイナス4枚は痛い。

 

サラマングレイトの戦い方として、如何に妨害札を引き入れつつ、アドを稼ぎ続けるムーヴに入れるかが肝でしたが、

 

後者の動きの要である初動がー4枚となってしまいました。

 

これは結構な弱体化だと思いますが、今までが強すぎたという事もアリ、少しは環境に残りそうでもあると予想しています。

 

 

2019年7月からの制限改定 サンダードラゴンに対する規制

《超雷龍ーサンダー・ドラゴン》制限化(無制限)

《雷鳥龍ーサンダー・ドラゴン》制限化(無制限)

 

前期3番手だった【サンダー・ドラゴン】

 

前期環境トップと言えど、苦戦を強いられていた状況だったこのテーマにとって、鳥、超雷の制限化は正直痛すぎるように思います。

 

新しい型が開発されたらまだわかりませんが、現状これまでの規制の中でも最も存続が厳しい規制内容だったのではないかと思いました。

 

SPONSORED LINK

 

2019年7月からの制限改定 オルフェ、サラマン、サンドラ続ける?

ここまで、オルフェ、サラマン、サンドラについて話してきましたが、巷の意見はどうなっているのでしょうか。

 

以下は僕が制限改定日にTwitterで行ったアンケートです。

 

 

続ける人、意外といますね。

 

僕のフォロワーさんは所謂環境ガチ勢ではなく、環境で戦っていけなくても使い続けるという方も多いので、

 

この比率がそのまま環境を表している訳ではないのですが、それでも続ける方が多くてびっくりしました。

 

やっぱ愛なんだよなぁ。

 

ガンドラ禁止について

正直な感想

 

「今更かよ」

 

と思ってしまうほど、規制されるのが遅かったですよねぇ…。

 

2期くらい前から環境にのさばってたような気がしますが、

 

やはり映画で登場したカードだから規制がかけにくかったのでしょうか。

 

まぁ何はともあれ安心しました。

 

先攻ワンキルは悪。

 

SPONSORED LINK

 

魔鍾洞準制限、メタバース制限

1枚でゲームをひっくり返すことができるカード《魔鍾洞》。

 

特に自分フィールド上のカードをコントロールできる【閃刀姫】【オルターガイスト】【真竜】、【インフェルノイド】などのテーマとは相性が良く、面白いカードなのですが、やはりパワーが高すぎたためか、登場から半年で準制限入りです。

 

後攻2ターン目で奇襲的に《魔鍾洞》を出せる《メタバース》も制限化。

 

この規制によりフィールド魔法を使用するあらゆる中堅テーマがとばっちりを受けた形になります。

 

代用カードとして《終焉の地》が値上がっていますが、こちらのカードは《レッド・リブート》にも強く、来期遭遇することが多くなるカードなんじゃないかなぁと思っています。

 

《終焉の地》

速攻魔法
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚選択して発動する。

 

中堅デッキ、ギミックの緩和

緩和された中堅クラスとのデッキは

 

【真竜】

・【SPYRAL】

・【影霊衣】

【ABC】

・【ガエル】

・【魔導書】

 

となりますが、この中でも特に脅威に感じているのが、【真竜】と【SPYRAL】です。

 

【真竜】は《魔鍾洞》の登場で前期からパワーを上げた印象で、ここに《真竜拳士ダイナマイトK》が帰ってきてさらに強化されるイメージです。

まぁ、《真竜拳士ダイナマイトK》3枚目入れるのか?ってのはちょっと疑問ですが、前期の段階でも対面してて勝ち越せないデッキの1つでした。

 

【SPYRAL】は極めてる人は本当に強いです。(小並感)

 

そして、《SPYRAL-ジーニアス》の緩和は前者とは違い、あからさまな強化になるので、来期ワンチャンあるのではと思っています。

 

SPONSORED LINK

 

謎過ぎるパンクラに対する規制

これほんと謎なんですよね。

 

この先攻ゲー環境に一矢報いる存在である《ダイナレスラー・パンクラトプス》

 

このカードを規制したら先攻ゲー環境を助長することになるので、それはいかがのものかと…。

 

新しい後攻カードでも登場するのかな?

 

掛からなかったゴウキンと指名者

《強欲で金満な壺》《墓穴の指名者》は制限、準制限化カードの筆頭だと思っていたのですが、今回はスルー。

 

前者は今回規制を受けなかった【サブテラー】と【オルターガイスト】、後者は次期環境への躍進が期待される【守護竜】(【ドラゴンリンク】)の安定性を底上げするカードで、より遭遇する機会が多くなると予想されます。

 

2019年7月の環境予想

ここまでの内容を踏まえ、友人たちと考えた結果、

 

次期環境は以下の様になるのではないかと予想しました。

 

 

 

 

※あくまで個人の予想なので、参考までに。

 

あなたは次期環境をどう予想しますか??

SPONSORED LINK

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿