オルフェゴール 回し方

オルフェゴールの回し方 【サモソなしでもここまで行ける!!】


こんにちは、ポッターです。

 

最近【オルフェゴール】が各地の大会で好成績を収めているようなので気になって調べてみたんですが、

 

予想以上にツヨい!

 

そして、難しい!

 

そんで、楽しい!

 

それから、エモい!

 

ということがわかったので、今日は【オルフェゴール】にご興味がある方に向けて少しばかり展開例オルフェゴールのここが良い!というポイントについてまとめてみましたので、興味のある方は是非ご覧になっていってください!

 

>>>《終末の騎士》からできるオルフェゴール展開例はこちら

 

(展開例についてはサモソこと《サモン・ソーサレス》は未使用です)

 

 

SPONSORED LINK

 

僕の印象では【オルフェゴール】

 

《サモン・ソーサレス》ありき

 

でやっと安定する印象だったので、2018.10の制限改訂でサモソが禁止になりました。

 

それによりオルフェゴールは相当痛手を受けてしまったと思ったのですが

 

、どうやら新パック(SavageStrike)で強力な新規をもらえたようで、最近では環境でもちらほら見るようになりました。

 

その新規カードというのが以下の2枚。

 

《オルフェゴール・トロイメア》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻 100/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリンクモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「オルフェゴール・トロイメア」以外の機械族・闇属性モンスター1体を墓地へ送る。
対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

→なんともまぁ、変わった性癖を持つ一部の方々に突き刺さる様なビジュアル。そして(2)の墓地落とし効果は、墓地で効果を発動する【オルフェゴール】と相性抜群であることは言うまでもないです。

 

そして、2枚目はこちら。

 

《星遺物-『星杖』》

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 500/守2500
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):通常召喚したこのカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「オルフェゴール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

※すみません。こちら新規じゃありませんでした∑(゚Д゚)

 

→(1)の効果はおまけの様なもの、(2)の効果は発動できたらラッキーくらいに思っておいて、主に使うのは(3)の効果です。

 

なぜなら、オルフェゴールの動きの中心となる下級モンスターは以下の共通効果を持っているので、除外ゾーンにモンスターカードが溜まりやすいんですね。

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。○○○(デッキor墓地or手札)から自身以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

なのでオルフェゴールのリンクモンスターが『除外された機械族をデッキに戻して効果を発動する」という点は下級モンスターの効果と噛み合ってはいたのですが、

 

できることなら除外ゾーンのカードを有効活用したい!

 

というのが本音でした。

 

その願いをかなえる《星遺物-『星杖』》の登場は非常に大きいです。

 

除外ゾーンのカードを特殊召喚しリンク召喚の素材などにすることで再び墓地へ送られるので、下級オルフェゴールの特殊召喚効果を再び使う事が出来るようになります。

 

フィールド(or手札)→墓地(効果発動)→除外→★(星杖)→フィールド→また墓地

 

このループができるようになったのは非常に大きいです。

 

この2枚のカードの登場で《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《オルフェゴール・ロンギルス》という超強力な盤面を安定して敷けるようになったんですね。

 

あ、すみません、話が飛びました。

 

今回、「サモソなしのオルフェゴールの展開」とタイトルにしましたが、その新展開の内容を先に説明しちゃいますね。

 

SPONSORED LINK

オルフェゴールの回し方 サモソなしでトポロジック布陣!

目指すべき最少盤面は以下なります。

 

E2に《トポロジック・ボマードラゴン》。

フィールド魔法《オルフェゴール・バベル》

墓地:《オルフェゴール・ロンギルス》《オルフェゴール・スケルツォン》or《オルフェゴール・ディヴェル》

除外:機械族2枚以上

 

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

 

《オルフェゴール・ロンギルス》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/機械族/攻2500
【リンクマーカー:左上/上/右下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは効果では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻す。その後、リンク状態の相手モンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 

 

 

《オルフェゴール・スケルツォン》

効果モンスター
星3/闇属性/機械族/攻1200/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外し、「オルフェゴール・スケルツォン」以外の自分の墓地の「オルフェゴール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

《オルフェゴール・バベル》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、元々のカード名に「オルフェゴール」を含む、自分フィールドのリンクモンスター及び自分の墓地のモンスターが発動する効果は、相手ターンでも発動できる効果になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》の効果はご存知の通り、リンク先にモンスターがSSされると、メインモンスターゾーンの全体除去を行います。この効果と《オルフェゴール・バベル》によって相手ターンにも効果を発動できるようになったオルフェゴールモンスターを利用し、メインモンスター全体除去を1ターンに複数回使う事が可能となります。

 

【妨害方法例】

墓地に《オルフェゴール・ディヴェル》がいれば、《オルフェゴール・ディヴェル》効果でデッキから《オルフェゴール・スケルツォン》SS(全体除去1回目)、《オルフェゴール・スケルツォン》効果で自身を除外し《オルフェゴール・ロンギルス》蘇生(全体除去2回目。ロンギルスは自身の効果で破壊されない)。《オルフェゴール・ロンギルス》効果でフリーチェーンの墓地送り。

 

この様に合計3回前後の妨害を構えることができます。

 

《オルフェゴール・ディヴェル》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「オルフェゴール・ディヴェル」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

基礎的な盤面はこのような形になるのですが、気になるのはどうやってこの盤面を敷くのか?という所ですよね。

 

 

オルフェゴールの盤面の敷き方

正直、手順が多すぎて説明が難しいですww

 

 

頑張って説明しますので飽きずに読んで頂けると嬉しいです(笑)

 

それではまず1つ目。

 

ハリファイバーからのアクセス

■手札

《オルフェゴール・カノーネ》以外のオルフェゴールモンスター(or《星遺物-『星杖』》)

 

■フィールド

《水晶機巧-ハリファイバー》

※召喚権使用済みでOK

 

■手順

1.《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚。効果で《オルフェゴール・カノーネ》をリクルート。

2.《オルフェゴール・カノーネ》《リンクリボー》をリンク召喚。

3.《オルフェゴール・カノーネ》墓地効果で自身を除外し、手札のオルフェゴールモンスターをSS

4.オルフェゴールモンスターと《リンクリボー》《オルフェゴール・ガラテア》をリンク召喚。効果で《オルフェゴール・バベル》をセットして発動。

5.《オルフェゴール・ガラテア》《水晶機巧-ハリファイバー》《オルフェゴール・ロンギルス》をリンク召喚。

6.墓地のオルフェゴールモンスター効果で除外or墓地orデッキから《オルフェゴール・ディヴェル》を特殊召喚。

7.《オルフェゴール・ディヴェル》《オルフェゴール・ロンギルス》《トポロジック・ボマー・ドラゴン》をリンク召喚。

 

《オルフェゴール・ガラテア》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 500/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「オルフェゴール・カノーネ」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

《オルフェゴール・カノーネ》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 500/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「オルフェゴール・カノーネ」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

※手札の「オルフェゴールモンスター」が何であるかで手順6の「どこから《オルフェゴール・ディヴェル》を特殊召喚するか」が変わってきます。

※手順6は《オルフェゴール・ディヴェル》でなくても良いですがディヴェルであれば次ターンに全体除去できる回数が増えます。

※ガラテアの効果発動時にコストで除外されている機械族をデッキに戻す必要があります。(次手順でSSするオルフェゴールモンスターを戻さない様に注意)

※フィールドにレベル1モンスターを置いておけばリンクリボー効果でボマーのリンク先にリンクリボーをリンク召喚できるので、全体除去回数が増やせます。

※展開に《オルフェゴール・トロイメア》を絡ませることができれば杖を墓地へ送ることでガラテアの効果で除外してしまったオルフェゴールを帰還させることもできます。

 

トロイメアマーメイドからのアクセス

■手札

・ハンドコスト

《オルフェゴール・ディヴェル》

 

■フィールド

《トロイメア・マーメイド》

※召喚権使用済みでOK

 

■除外ゾーン

《オルフェゴール・カノーネ》

 

 

■手順

1.《トロイメア・マーメイド》をリンク召喚。コストで手札を1枚捨て、《オルフェゴール・トロイメア》をリクルート。

2.《トロイメア・マーメイド》《オルフェゴール・トロイメア》《オルフェゴール・ガラテア》をリンク召喚。

3.《オルフェゴール・トロイメア》効果で自身を除外し、《星遺物-『星杖』》を墓地へ落とす。

4.《星遺物-『星杖』》効果で除外されているオルフェゴールモンスターを帰還させる。

5.《オルフェゴール・ガラテア》の効果で《オルフェゴール・バベル》をセットして発動。(《オルフェゴール・トロイメア》をデッキに戻す。

6.《オルフェゴール・ガラテア》とオルフェゴールモンスターで《オルフェゴール・ロンギルス》をリンク召喚。

7.墓地のオルフェゴールモンスター効果で手札or墓地から《オルフェゴール・ディヴェル》を特殊召喚。

8.《オルフェゴール・ディヴェル》《オルフェゴール・ロンギルス》《トポロジック・ボマー・ドラゴン》をリンク召喚。

 

※手順4で都合よく「除外されているオルフェゴールモンスター」と書いておりますが、お察しの通りオルフェゴールモンスターが除外されている必要があります。

※手札、墓地、除外されているモンスターによって手順は変わってきます。

※ここでお伝えしたかったのは除外、墓地の状況さえそろっていれば《トロイメア・マーメイド》から例の布陣を敷くことができるという事です。

 

※上記は最低限の目指したい盤面なのでリソースが潤沢であれば《オルフェゴール・オーケストリオン》まで行ける場合もあります。

 

《オルフェゴール・オーケストリオン》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/機械族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/左下/下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻す。相手フィールドにリンク状態の表側表示モンスターが存在する場合、それらのモンスターは、攻撃力・守備力が0になり、効果は無効化される。

 

 

 

で、結局どのような構築にしたら安定して上記の盤面を敷けるのか?といいますと、

 

 

・フィールド上に2体のモンスターを揃える。

・墓地を肥やす

 

 

この2点を行える構築です

 

・・・

 

 

普通の展開系デッキと変わんねーじゃん(*´Д`)

 

 

と思われますよね。

 

 

 

僕もそう思いました(笑)

 

 

 

『墓地のリソースを利用して展開に繋げる』

 

 

という、この流れは他の展開系と同じです。

 

 

しかし、オルフェゴールの展開が他の展開系と比べてちょっと特殊なのところが3点ほどあります。

 

①除外ゾーンのカードも《星遺物-『星杖』》やオルフェゴールリンクモンスターのおかげで使いまわすことができる

 

 

②妨害を墓地リソースで行う

 

③サポートカードが多い

 

 

 

 

このうち、①②については上記で説明させていただいているので、最後に③について説明したいと思います。

 

 

 

オルフェゴールサポートカード

オルフェゴールのサポートカードについて説明していきます!

 

星遺物の醒存による墓地落としが強い!

先述の展開例を見て頂けると分かる通り、【オルフェゴール】というテーマは墓地リソースが非常に重要です。

そんな墓地リソースを一挙に稼いでくれるカードがこのカード。

 

《星遺物の醒存》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中に「クローラー」モンスターまたは「星遺物」カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

→めくった5枚の中に星遺物カードがあればそれを手札に加えつつ、残りのカードを墓地へ送ることができる爆アドカード。

【オルフェゴール】では先述の《星遺物-『星杖』》や、この後に説明する《星遺物-『星鎧』》、そして汎用性の高い蘇生カードである《星遺物を継ぐもの》等、星遺物カードを採用しやすいので、10枚程度採用しておけば1枚もめくれないという事はめったにないでしょう。

(追記:これが40枚デッキで10枚採用でも捲れないことが結構ある2~3割)なので13、4枚は採用しておいた方がよさそうです。そうなると構築が偏って結果的に事故りやすくなるというジレンマがあるので、そこはデッキビルダーの腕の見せ所です)

 

また、醒存で醒存がめくれた場合にも手札に加えることができるのは嬉しいですね。

 

《星遺物を継ぐもの》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

 

セイガイとセイジョウの相性が抜群

星遺物の中でもリバースモンスターのテーマである【クローラー】のサポートする役割を持つ《星遺物-『星鎧』》

 

《星遺物-『星鎧』》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

→このカード、先述の《星遺物-『星杖』》と非常に相性が良いんですね。

手札にこのカードがある状態で、《星遺物-『星杖』》を墓地へ送ることができれば、先ほどあまり使わない、といった《星遺物-『星杖』》の(2)効果を使用して手札からこのカードを特殊召喚することができます。このカードがNSSSに成功した場合、なんとデッキから星遺物カードをサーチすることができるんですね。

 

この動きが半端なく強く、《星遺物-『星杖』》はリクルートしやすい《オルフェゴール・トロイメア》の効果で墓地へ送ることができるので、この半端なく強い動きを安定して行う事ができる。

 

《星遺物-『星鎧』》は3積みしておきたいカードだと思っています。

 

ちなみに先述の《星遺物の醒存》《星遺物-『星杖』》《星遺物-『星鎧』》と同時に捲れれば《星遺物の醒存》の効果で《星遺物-『星鎧』》を手札に加え、《星遺物-『星杖』》の効果で《星遺物-『星鎧』》をそのまま特殊召喚。《星遺物-『星鎧』》の効果で任意の星遺物カードをサーチできます。

 

つまり《星遺物の醒存》1枚から

 

・星遺物カードをサーチ

・墓地肥やし(4枚)

・2500打点が立つ(召喚権未使用)

という事ができ得ます。

 

オソロシヤ…(*´Д`)

 

ドローソースが優秀!!

【オルフェゴール】専用のドローソースである《オルフェゴール・プライム》や《闇の誘惑》をドローソースとして採用することができます。

 

《オルフェゴール・プライム》

通常魔法
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「オルフェゴール」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

 

《闇の誘惑》

通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

 

先述の通り【オルフェゴール】は墓地・除外リソースを有効に使う事ができるので、手札から墓地や除外することはメリットになる場面さえあります。

 

イラストアドォォォ!(と実用性を兼ねるカード達)

何といってもこれです。

 

このテーマでは先述の《星遺物の醒存》《星遺物-『星鎧』》の存在から他のテーマと比べても星遺物カードをサーチできるのでピン差しでも機能しやすいんです。

 

なので、従来のテーマではなかなか採用しづらかったイラストアドが高めの星遺物カードを採用できちゃいます。

 

ちなみに僕は、以下のカードを採用しました。

 

《星遺物への抵抗》

通常罠
(1):フィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで、フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

 

《星遺物に響く残叫》

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに相互リンク状態のモンスターが存在し、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

《星遺物が導く果て》

永続魔法
(1):「星遺物が導く果て」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示のリンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「星遺物」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

 

うん…。

 

良いね(ゲス顔)

 

まとめ

オルフェゴールの展開とオルフェゴールの強いところをお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

従来の展開系と一線を画す『盤面』と『リソース管理』。

 

これは、元々展開系を握っていた方でも慣れないと結構難しいと思うのは僕だけでしょうか??

 

というか難しいと思ってるのは僕だけでしょうか?

 

慣れちゃえば簡単というパターンなのでしょうか?

 

オルフェゴール使いの方のご意見をお待ちしております。

 

それでは今日はこの辺で(^^)/

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたー!

SPONSORED LINK

 

コメントは4件です

  1. ななし より:

    星杖は新規じゃありませんよ、新規のオルフェゴールはトロイメアとリリースです

  2. より:

    オルフェゴールは初ターンでハリを出すのが難しい、オルフェゴールの効果使うと闇しか特殊召喚出来なくなるからオルフェゴールの効果を使わずにどうハリを出すかが大事

  3. 匿名 より:

    展開が細く初動止められたら即○なので、召喚権使わない出張を入れてリンク2トロイメア経由で展開出来ると良いと思います。SRとか閃刀あたり?

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿