2017.07レギュレーション

遊戯王 2017年7月からの新レギュレーション予想


2017年7月1日からの新レギュレーション予想です。

フラゲ情報やリーク情報なども出回っていますが、そういう情報一切抜きにして予想してみました。

 

sponsored link

それでは早速見ていきましょう!

2017年7月1日からの新レギュレーション予想は以下の通りです!

 

※()内は現在のレギュレーション

 

 

禁止

WW-スノウ・ベル(無制限)

ブリリアント・フュージョン(無制限)

 

 

制限

真竜剣皇マスターP(無制限)
隣の芝刈り(無制限)
ドロール&ロックバード(無制限)
ベビケラサウルス(無制限)
十二獣 ブルホーン(無制限)
光竜星-リフン(無制限)

 

 

準制限

神の警告(制限)
スケープ・ゴート(無制限)
トーチ・ゴーレム(無制限)

 

 

変わりなし

ドラゴニックD
P召喚関連カード各種
シャドール

影霊衣
魔導書

 

 

以上!2017年7月1日からのレギュレーション予想でした!

それでは簡単にコメントしていきたいと思います!

 

禁止予想した理由

遊戯王史上最凶のタマタマが禁止に!

 

WW-スノウ・ベル(無制限)

チューナー・効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 100/守 100
(1):自分フィールドに風属性モンスターが2体以上存在し、
風属性以外のモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードをS素材として風属性SモンスターをS召喚した場合、
そのSモンスターは相手の効果では破壊されない。

 

WW出張と相性のいいカードと対策についてでも解説していますが、手札一枚からS召喚できる効果耐性持ちの《クリスタルウィング・シンクロドラゴン》がとにかく強い!

これに充てる規制として《WW-グラスベル》や《WW-アイスベル》の制限化や禁止化も考えられますが、僕はあえてスノウベルと予想!

なぜかって、WW展開はかなり強いけどそこまで凶悪ってほどではないと思うんですよね。凶悪にしているのはS召喚先のモンスターに効果耐性を持たせるこのカードなのではないでしょうか?と予想しました。いかがでしょう。

 

ブリリアントフュージョン(無制限)

永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に自分のデッキから
「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

ターン1制限のない《ファイアウォール・ドラゴン》などの登場により、このカードを必須とする先行ワンキルルートが以前にも増して多くなりました。
《捕食植物ダーリング・コブラ》等でサーチでき、先行ワンキルの助長ともなっているこのカードはそろそろ禁止化されても良いのではないかと予想しました。(若干今更感もありますが)

 

制限予想した理由

現在環境で暴れているカードたちに軒並み制限がかかると予想しました!

 

真竜剣皇マスターP(無制限)

 

お馴染み過ぎてテキストをみて頂くこともないと思いますのであえて省きます。

後述しますが《ドラゴニックD》は無制限としているため、このカードを制限としました。

巷で流行中の真竜デッキでも驚異的な存在感を示している《真竜剣皇マスターP》ですが、1枚(制限化)してしまえば何とか対処できるレベルにまで落ちると思います。

今回の制限改定で《真竜剣皇マスターP》を禁止化してしまうとアドバンス召喚軸の真竜がほぼ死んでしまうので、1月に登場したテーマを半年後に殺すのはあまりにも無慈悲すぎると思い(よくあるけど)、制限化くらいでちょうどいいのではないかと予想しました。

 

隣の芝刈り(無制限)

通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 

 

《妖精伝姫 シラユキ》のお供であるこのカードは各種60枚デッキのキーカードとなっています。

ここまで能動的にデッキから墓地へカードを送れる効果を持ったカードはいまだかつてあったでしょうか?

いえ、ないでしょう!(あったような気もするが)

デッキから固定で5枚墓地へ送る《針虫の巣窟》でさえ制限カードを経験しているのに、このカードがいつまでも野放しになっているのはどうなのか・・・。

海外でも制限カードとなっていますし、《左腕の代償》からサーチできることを考えても制限化が妥当であると考えました。

 

ドロール&ロックバード(無制限)

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻   0/守   0
相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

 

このカードが制限化すると考えた理由は、何といっても《トリックスター リンカーネーション》との相性でしょう。

《トリックスター リンカーネーション》2枚とこのカードで相手の手札全ハンデスは規制されない方がおかしい。

 

リンカネーションが規制されるという予想もしましたが、さすがに登場から2か月足らずのでの制限化はないかなぁ~と踏みました。

 

ベビケラサウルス(無制限)

効果モンスター
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

環境で猛威を振るっている先攻制圧型【恐竜真竜皇】の核となるカード。

《魂喰いオヴィラプター》と《プチラノドン》、《真竜皇 リトスアジムD》とセットで採用することで先攻1ターン目から安定して制圧フィールドを敷くことができます。

無制限と予想した《ドラゴニックD》との相性も抜群なので、《ドラゴニックD》が規制されないのであればこちらの規制は避けられないと考えています。

 

《魂喰いオヴィラプター》と《プチラノドン》の規制も考えましたが、登場からそれほど立っていないので、規制されるとしたらこっちかなーと。

 

十二獣 ブルホーン(無制限)

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

 

 

前回の規制で『終わった』と思われた十二獣が未だに環境に食い込んでいるのはこのカード存在あってのことでしょう。

 

sponsored link

 

十二獣カード1枚から安定して盤面を整えられ、後続につなげることができる動きは規制されてもおかしくないと思います。

 

また、2枚以上あることで先行ワンキルルートも増やしてしまっているこのカードは制限化されてしかるべきかと。

 

光竜星-リフン(無制限)

 

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/幻竜族/攻   0/守   0
「光竜星-リフン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「光竜星-リフン」以外の「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「竜星」モンスターが
戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合除外される。

 

 

《ドラゴニックD》が規制されないとしたら【恐竜竜星真竜皇】が強いままなので、何かしらのキーカードが規制されると思います。後述のボウテンコウとかなり迷いましたが、ボウテンコウはデッキに戻して再利用しやすいこともあり、規制されるとしたらこっちかなぁと。

 

このカードは他の竜星からサーチ可能なので、初動速度はそこまで変わらないかもしれませんが、後続につなぎにくくなるので息切れし易くなりデッキのパワーも程よく落ちると考えています。

 

以上!僕が予想した制限カードたちでした。

 

準制限予想した理由

そろそろ緩和されてもいいんじゃないかと思うカードと、リンク召喚の登場で規制ぎみになると予想したカードです。

 

神の警告(制限)

もうほとんど採用されてないし、そろそろ準制限くらいにしておいてもいいんじゃないかなぁ?と。

 

スケープ・ゴート(無制限)

前回も「規制される!」と予想しましたが規制されなかったこのカード。

リンク召喚と相性が良すぎるんですよねー。(若干遅いですが)

このカードを野放しにしておいたらサイバース族や他のリンク召喚サポートカードが売れなくなるのでは?と懸念するはず。

 

最低でも準制限は掛かると思います。

 

トーチ・ゴーレム(無制限)

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300
このカードは通常召喚できない。
このカードを手札から出す場合、自分フィールド上に「トーチトークン」
(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を2体攻撃表示で特殊召喚し、
相手フィールド上にこのカードを特殊召喚しなければならない。
このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚はできない。

 

 

《スケープ・ゴート》と比較して再生できるトークンこそ少ないですが,7月8日に発売するサーキットブレイクで登場するリンクモンスター《アカシック・マジシャン》と非常に相性が良く、同カードで《トーチ・ゴーレム》をバウンスして再利用することも可能です。

この様にリンクモンスターと非常に相性が良く《スケープ・ゴート》と同様の理由で、準制限くらいが妥当なのなのかなぁと。

 

アカシックマジシャンが登場すると聞いて、3枚揃えた人!ドンマイです!\(^o^)/

 

変化なしと予想した理由

次は『変化なし』と判断したカードです。

 

あえて書く必要ないかもしれませんが、まぁ聞いてやって下さい!(笑)

 

ドラゴニックD

フィールド魔法
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、
デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

 

 

このカードが規制されることをみんな予想しているかと思いますが、僕はあえて「規制なし」としました。

 

このカードはサーチカードとしての効果は優秀なのですが、今の高速化した環境下では制限化するほどでもない。

強いのは代表的なサーチ先であるマスピであって、このカード自体はちょうどいい感じの効果だと思っています。

 

このカードを規制すると真竜関連全般に影響するので、環境に与える影響も大きすぎることを懸念したと考え、何もしないと予想しました。

 

まぁ、遊戯王OCGでは過去に《竜の渓谷》や《霞の谷の神風》を制限化しているので、このカードが規制される可能性は十分にありますが(^^;

 

ドラDはちょうどいい感じがするので&わりと今の環境が良環境だと思ったりしているので、規制しないことを願いたいww

 

P召喚関連カード各種

新種族であるサイバース族やリンク召喚を軸としたテーマのカードを売り出したい来シーズンは重要な時期であると思うので、このタイミングでのペンデュラム召喚関連カードの緩和は無いのかなーと思いました。

 

因みにP関連のカードで規制を受けているのは次のカードたち。

 

竜剣士ラスターP(制限)
マジェスペクター・ユニコーン(制限)     
爆竜剣士イグニスターP(制限)
竜呼相打つ(制限)
Emダメージ・ジャグラー(禁止)     
Emヒグルミ(禁止)     
EMドクロバット・ジョーカー(制限)
EMモンキーボード(禁止)
EMペンデュラム・マジシャン(制限)
慧眼の魔術師(準制限)

 

シャドール

【シャドール】関連のカードで規制を受けているカードは《エンシャドール・フェネリム》(禁止)の1枚のみ。

 

それ以外のカードは《マスマティシャン》も含めて全て制限解除されています。

 

なので、エンシャドールフェネリムをそろそろ戻してもいいんじゃ無いかー?という意見もありますが、このカードは融合モンスターなので、1枚でも戻してしまうと、融合召喚する事でいつでも呼び出せる状態になってしまいます。

 

これはあかん。

 

サイバース族とかリンク召喚関連カードを売りたいタイミングでのシャドールの隆盛はアカン!

 

と、思いました。

 

影霊衣

【影霊衣】関連で規制を受けているのは以外のカードたち。

 

影霊衣の反魂術(制限)

影霊衣の術士 シュリット(制限)

ユニコールの影霊衣(制限)

ブリューナクの影霊衣(制限)

儀式の準備(制限)

 

いゃぁ、改めて見ると規制枚数多いですねw

 

規制枚数からも、当時はどんだけ環境を席巻したのかが伺えます。

 

で、緩和されない理由ですが、【影霊衣】も他と同じ様に、リンク召喚やサイバース族などの新テーマ売り出しの妨害にならないよう、今回は影に身を潜めたままだと思います。

 

特に影霊衣はエクストラデッキから展開したモンスターに対するメタる傾向があるので、上記の【シャドール】や【P関連のカード】と比較しても、緩和される確率は低いのではないかと踏んでいます。

 

魔導書

【魔導書】はコードオブザデュエリストで登場した《ルドラの魔導書》が優秀なドロー効果を持っており、【WW】などと一緒にあらゆるデッキに出張しています。

魔法使い族とセットで出張する事で、より安定して、カード1枚から2ドローが行えるので、『もしかしたらバテルあたりが準制限くらい食らうかも・・・?』とも思ったのですが、デメリット(ルドラ単体でくると腐る)があり、召喚権も使うことがあるので、今回はスルーなんじゃないかなぁと思いました。

 

上述のWWに対する規制(スノウベル禁止)が掛かれば十分。こっちまで規制する必要はないかと。

 

 

・・・

 

 

はい。

 

ここまで能書きをつらつら書いてきましたが、結局どうなるかなんてわかんないんですよね(爆)

 

前回も盛大に外しましたしね(少しは当たった)

 

良かったら皆さんの予想も(一言レベルでいいので)聞かせていただけると幸いです\(^o^)/

 

 

・・・

 

 

[結果]

■禁止化

《十二獣ブルホーン》

 

■制限化

《真竜剣皇マスターP》

《妖精伝姫−シラユキ》

《ドラゴニックD》

 

■準制限化

《EMペンデュラム・マジシャン》
《黒き森のウィッチ》
《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
《レスキューキャット》
《異次元からの埋葬》
《命削りの宝札》
《儀式の準備》
《機殻の生贄》
《テラ・フォーミング》
《ブラック・ホール》
《ユニオン格納庫》
《揺れる眼差し》
《竜の渓谷》
《神の通告》

 

■制限解除

《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》
《慧眼の魔術師》
《ゴヨウ・ガーディアン》
《終末の騎士》
《DDスワラル・スライム》
《爆竜剣士イグニスターP》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《洗脳−ブレインコントロール》

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿