聖剣アロンダイト 使い方 剛鬼

聖剣アロンダイトの使い方【採用した剛鬼が大会で優勝!】


こんにちは、ポッターです!

 

今日は2018.10新制限1発目の

 

「除去妨害カードランキングを発表する」

 

と共に

 

「聖剣アロンダイトの使い方」

 

についてお話していきたいと思います。

 

聖剣アロンダイトは今週行われた大会で優勝した剛鬼デッキにも採用されていたカードなので要チェックですよ!!

 

 

sponsored link

 

聖剣アロンダイトの使い方は?

それではまず効果の確認からどうぞ!

 

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
1ターンに1度、装備モンスターの攻撃力を500ポイントダウンし、
相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊できる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールド上の「聖騎士」と名のついた戦士族モンスター1体を選択してこのカードを装備できる。
」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、「」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

→なるほど。

戦士族に装備させれば実質バック破壊や裏側守備表示のモンスターカード破壊ができる魔法カードとして使用することができるんですね。

 

それにしてもこのカード、イラストアドやべぇな!超カッケー!

 

では次に、このカードがどのくらい使われているのか見ていきましょう

 

 

 

sponsored link

聖剣アロンダイトはランキング何位?

以下はCS上位者が大会で使用した除去妨害カードのランキングです。

 

聖剣アロンダイトは34位に付けております。

 

 

 

聖剣アロンダイトを採用していたデッキは大量展開型の【剛鬼】でした。

 

■メインデッキ 枚数 40
【モンスター】 24
ジャンクフォアード 3
ダイナレスラーパンクラトプス 3
剛鬼スープレックス 3
剛鬼ツイストコブラ 3
剛鬼ヘッドバット 2
剛鬼マンジロック 2
剛鬼ライジングスコーピオ 1
増殖するG 1
夢幻崩界イヴリース 1
灰流うらら 2
SRタケトンボーグ 1
SRベイゴマックス 2

【魔法】14
ソウルチャージ 1
ツインツイスター 2
ハーピィの羽根帚 1
剛鬼再戦 2
墓穴の指名者 1
増援 1
死者蘇生 1
神剣ーフェニックスブレード 1
簡易融合 3
1

【罠】2
無限泡影 2

EXデッキ 枚数 15
MXーセイバーインヴォーカー 1
トロイメアマーメイド 1
リンクリボー 1
トロイメアケルベロス 1
トロイメアゴブリン 1
トロイメアフェニックス 2
聖騎士の追想イゾルデ 2
トライゲートウィザード 1
トロイメアユニコーン 1
星杯戦士ニンギルス 1
ファイアウォールドラゴン 1
ヴァレルソードドラゴン 1
召喚獣ライディーン 1

■サイドデッキ 枚数 15
エフェクトヴェーラー 3
増殖するG 2
墓穴の指名者 2
皆既日蝕の書 1
レッドリブート 3
拮抗勝負 2
激流葬 1
無限泡影 1

 

聖剣アロンダイトを剛鬼で使う

大量展開型の【剛鬼】の動きとしては《聖騎士の追想 イゾルデ》を起点とし、【剛鬼】モンスターを軸にした大量展開を得意とします。

 

しかし、ここで一つ難点なのが《聖騎士の追想 イゾルデ》のリクルート効果を使用するためにデッキに装備魔法を採用する必要があるんですね。

 

そのうちの1種類はほぼ確定で《神剣ーフェニックスブレード》。

 

《神剣ーフェニックスブレード》

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、
自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から手札に加える。

 

このカードは、墓地に戦士族が溜まりやすく【トロイメア】で手札コストを切りやすいという【剛鬼】デッキと非常に相性が良いんですね。バクアドです。

 

で、悩むのがここからです。

 

採用する装備カードが1枚では心細い(デッキに装備カードがなくなっちまう)のであと1枚は採用したい所。

 

なのですが「このカードがメチャクチャ相性が良い!!」というカードはなく、いくつかの候補から選ぶことになります。

 

そこで今回採用されたのが

 

》だった

 

という事ですね。

 

このカードを採用したデッキがランキングに食い込むこと自体が、統計を始めて以来初、だったので結構衝撃的でした。

 

ちなみに今までは、《月鏡の盾》や《自律行動ユニット》が採用されることが多かったですね。

 

《月鏡の盾》

装備魔法
(1):このカードの装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
装備モンスターの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力と守備力の内、高い方の数値+100になる。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
500LPを払って発動する。
このカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

 

 

《自律行動ユニット》

装備魔法
(1):1500LPを払い、相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

 

 

 

 

 

変わったところでは、《やりすぎた埋葬》などを採用している人もいました。

 

《やりすぎた埋葬》

装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札からモンスター1体を捨て、
捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
(2):装備モンスターの効果は無効化される。

 

(→僕です。)

 

■まとめ

というか、《サモン・ソーサレス》が今回の制限改定(2018.10参照)で禁止カードとなり、《ヒーロアライブ》、《トロイメア・ゴブリン》も制限カードとなったので、非常に厳しくなったと思っていた【剛鬼】ですが、なんと新制限1発目にして大規模CSで優勝してしまいました( ゚Д゚)

 

もちろんデッキ使用者様が10年に一度出るか出ないかのデュエルの才能の持ち主であった、というのもあると思いますが、弱体化が懸念された【剛鬼】に光が差し込んだのは確かです。

 

僕もCS等の大会で【剛鬼】を使っていたことがあるというのもあり、今回の剛鬼優勝は非常に喜ばしい事でした!

 

という訳で、今日はここまでとなります!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!( ^∀^)ノ

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

人気の記事
■環境調査ランキング!■
サイト内検索
タグクラウド
(all tags)
プロフィール
科学する遊戯王は今何位?




■知ってほしい情報■
・名前:ポッター
・使用デッキと戦績:こちら

■参考までに...■
・年齢:30代前半
・性別:男
・職業:某企業のSE(将来デュエリスト)
・好きなカード:超古深海王シーラカンス(かっこいい),ゴッドバードアタック(気持ちいい)
相互リンク
最近の投稿