ロンゴミアントターボ

ロンゴミアントターボデッキのレシピを紹介!【海外TCGでトップシェア!?】


こんにちはポッターです!

 

昨日の記事の最後に掲載した画像、皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか。

 

SPONSORED LINK

 

米国、カリフォルニア州パサデナで行われたYCSのベスト32のデッキ分布の画像です。

 

引用元:ATCGのFaceBook

 

海外でも結構デッキシェアが分かれており、

 

 

 

 

ナカナカの良環境だわぁ(*´ω`*)

 

 

 

と、ちょっと心が和んだ半面、

 

 

 

 

ちょっと待て!なんだこれは!Σ(・□・;)

 

 

 

 

と驚く内容も入ってました。

 

 

その内容がこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、タイトルにもある通り。

 

”2位でシェア25%の【閃刀姫】”を抑えて【ロンゴミアントターボ】がトップシェアなんですよね。

 

で、

 

どういうデッキか気になったので調べてみました。

 

ロンゴミアントターボのデッキレシピ

 

それではまず、デッキレシピを紹介している動画をご覧ください。

 

作成者様:aznpersuasion2008

 

■メインデッキ 59枚
《終末の騎士》
《V・HERO ヴァイオン》3
ダークグレファー》3
《D-HERO ディアボリックガイ》
亡龍の戦慄ーデストルドー》3
《幻影騎士団サイレントブーツ》
《幻影騎士団ダスティローブ》
《幻影騎士団ラギッドグローブ》
《ジャンク・フォアード》
《切り込み隊長》3
《Danger! Nessie!》3
《Danger!? Tsuchinoko?》2
《Danger!? Jackalope?》1
《タツノオトシオヤ》1
《神剣-フェニックスブレード》
《D・D・R》
《聖剣アロンダイト》
《やりすぎた埋葬》
リビングフォッシル》1
《簡易融合》
《星遺物を継ぐもの》
《墓穴の指名者》
《死者蘇生》
ソウルチャージ》1
《おろかな埋葬》
《ツインツイスター》
《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》
《幻影剣》
《拮抗勝負》

エクストラデッキ
《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》
《聖騎士の追想 イゾルデ》
《アンダークロックテイカー》
《サモン・ソーサレス》
《虚空海竜リヴァイエール》1
《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》
《No.86 H-C ロンゴミアント》
《召喚獣ライディーン》1
《邪竜星-ガイザー》1
《ヴァレルソード・ドラゴン》
《トロイメア・ユニコーン》
《トロイメア・フェニックス》
《ファイアウォール・ドラゴン》
《リンクリボー》
《深淵に潜む者》

サイドデッキ
《浮幽さくら》
《灰流うらら》
《ドロール&ロックバード》
《アーティファクト-ロンギヌス》
《幽鬼うさぎ》

 

■デッキの特徴

 

・展開デッキですがOCGで流行っているエクストラリンクや全ハンデスはせず、最終盤面に《No.86 H-C ロンゴミアント》を置く。

・展開の中核は闇属性・戦士族。

・出張テーマとして【Danger!】【幻影騎士団】を採用。

・デッキ枚数59枚と多め。(《隣の芝刈り》は無し。)

・OCGでは現在使用不可である《サモン・ソーサレス》を使用。

SPONSORED LINK

 

■日本未発売のカード

 

《Danger! Nessie!》ネッシー!

星7/闇属性/水族/攻1600/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
この効果で捨てたカードが「Danger! Nessie!」以外だった場合、手札から「Danger! Nessie!」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「Danger! Nessie!」以外の「Danger!」カード1枚を手札に加える。

→手札が多ければ高確率で自身をSS、さらにはドローができ、自身が手札から捨てられた場合には別のDanger!カードをサーチできるという優れもの。サーチしたDanger!はすぐに使えるので、自身が手札から捨てられてもアドバンテージを失わない。Danger!モンスターは手札のカードを墓地へ送る役割もあるので、後続のDanger!をサーチできるこのカードは特に優秀で3枚採用。

 

《Danger!? Tsuchinoko?》ツチノコ?

効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
この効果で捨てたカードが「Danger!? Tsuchinoko?」以外だった場合、手札から「Danger!? Tsuchinoko?」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

→効果がこのカードだけで完結している為、単体での出張も可能。

 

《Danger!? Jackalope?》ジャッカロープ?

効果モンスター
星3/闇属性/獣族/攻 500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。この効果で捨てたカードが「Danger!? Jackalope?」以外だった場合、手札から「Danger!? Jackalope?」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「Danger!? Jackalope?」以外の「Danger!」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

→同名カード以外のDanger!をリクルートできる為、確実にフィールドアドバンテージを増やすことができる。

 

 

《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2100
【リンクマーカー:右/左下/右下】
闇属性モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。デッキから「幻影騎士団」モンスター1体を墓地へ送る。
その後、デッキから「ファントム」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカードのリンク先に闇属性Xモンスターが特殊召喚された場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

【幻影騎士団】モンスターが墓地に存在する状態で、(1)の効果で《幻影騎士団ダスティローブ》を墓地へ送り、《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》をセットできれば、フィールドに《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》【幻影騎士団】モンスターを並べることができます。(《幻影騎士団ダスティローブ》で《幻影剣》を墓地へ送り、《幻影剣》の効果で墓地の【幻影騎士団】モンスターを蘇生)

 

このカードのギミックを使用することで、フィールドにレベル3とレベル4を並べやすくなるので、《No.86 H-C ロンゴミアント》へのアクセスがより簡易になりました。

 

《幻影騎士団ラギッドグローブ》

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1000/守 500
「幻影騎士団ラギッドグローブ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した闇属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
このカードの攻撃力は1000アップする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「幻影騎士団」カードまたは「ファントム」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

 

《幻影剣》

永続罠
フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
幻影剣」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):対象のモンスターの攻撃力は800アップし、戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

はい。

 

という訳で、デッキの紹介をしてみましたが「上記の構築」及び「動画の6:30秒あたりから始まる展開の説明」も

 

 

《サモン・ソーサレス》ありき

 

 

なんですね(*´Д`)

 

 

なので、OCGのレギュレーションで構築する場合は少し手を加える必要があるのですが、

 

上手く構築できれば《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》のギミックは《No.86 H-C ロンゴミアント》展開の補助としてかなり使えそうな予感がしてます!

 

まとめ

今日は【ロンゴミアントターボ】デッキを紹介してみました。

 

このデッキの動きですがロンゴミアントターボというだけあって、メインデッキに採用されているモンスターに統一性があまりないんですよね。

 

ちょっとだけ特徴があるとすれば

 

闇属性が多い

 

という事くらいです。

 

闇属性が多いからといってデッキ名を【闇属性】とするわけにもいかないし…

 

デッキ名って難しいです(;^ω^)

 

 

日本に入ってきたら

 

 

グッドスタッフロンゴミアント(GSロンゴミアント)

 

とでも呼ばれるのかな?(^_^;)

 

 

 

あーなんか全然まとまりませんねwww

 

 

 

 

ちょっと話は戻って、今回デッキ紹介を簡単にしてみておもったのが、

 

 

《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》を使ったコンボ強い!」

 

 

ということです。

 

 

【幻影騎士団】モンスターや罠はリンク登場前でも展開力がありましたので、そこにバルディッシュが追加されたらわりと有能な

 

出張パーツになるのではないか!?

 

と思ってます。

 

という訳で次回(もしくは次々回くらい)は【幻影騎士団】の出張パーツについてお届けしたいと思います!

SPONSORED LINK

 

コメント1件

  1. @パズドラ より:

    https://www.youtube.com/watch?v=0ivLdEf-OT4
    直近の海外YCSでのロンゴミロックデッキの大会動画
    終末の騎士(グレファorヴァイオンでも代替可)と特殊召喚の可能な星3で即座に5ロンゴミはつくれます
    ランク3幻影騎士団デッキをベースに終末nsディアボssイゾルデss終末ssの流れを組み込むだけですのでボチボチ日本でも見かけるかもしれません

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  banshee555のブログ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿