芝刈りライトロード

芝刈りライトロードがランクイン!!【突如環境に出現した刺客】@週刊デッキランキング


こんにちはポッターです。

 

今日は新制限3週目の集計が完了しましたので、その結果を発表していこうと思います。

 

SPONSORED LINK

 

タイトルにもある通り、今日の注目デッキは【芝刈りライトロード】です!!!

 

【閃刀姫】1強と言われつつもチョイチョイこの様な「どちらかと言えばマイナーなテーマ」が顔を覗かせると、

 

なんだか嬉しい気分になりますよね。

 

という訳でまずは、今週のランキング結果から見ていっちゃいましょう!

 

 

 

【閃刀姫】は相変わらず強いですが、今週初ランクインを決めたのが【オルターガイスト】と【芝刈りライトロード】。

 

中でも、【芝刈りライトロード】は全統計期間の中でも初のランクインとなりますので、今日はこのデッキレシピについて確認しておこうと思います。

 

芝刈りライトロードのデッキレシピ

 

以下が、今週入賞を果たした【芝刈りライトロード】のデッキレシピです。

 

 

【モンスター】39
グローアップバルブ    1
エフェクトヴェーラー    2
ジェットシンクロン    1
ドットスケーパー    1
リバイブル    1
ジェスターコンフィ    2
幻獣機オライオン    1
増殖するG    3
トワイライトロードファイターライコウ    1
ライトロードサモナールミナス    2
ライトロードメイデンミネルバ    1
マスマティシャン    1
BFー隠れ蓑のスチーム    1
灰流うらら    2
幽鬼うさぎ    2
トワイライトロードシャーマンルミナス    2
屋敷わらし    2
ライトロードアサシンライデン    2
ライトロードアーチャーフェリス    1
ライトロードビーストウォルフ    2
ライトロードマジシャンライラ    1
妖精伝姫ーシラユキ    1
暗黒竜コラプサーペント    2
輝白竜ワイバースター    2
BFー精鋭のゼピュロス    1
亡龍の戦慄ーデストルドー    1
【魔法】19    
おろかな埋葬    1
ソーラーエクスチェンジ    3
光の援軍    3
死者蘇生    1
隣の芝刈り    3
貪欲な壺    1
墓穴の指名者    3
ツインツイスター    2
緊急テレポート    2
【罠】2    
無限泡影    2

 

【エクストラ】15    
ブラックローズドラゴン    1
シューティングライザードラゴン    2
氷結界の龍トリシューラ    1
励輝士ヴェルズビュート    1
リンクリボー    1
水晶機巧ーハリファイバー    2
トロイメアフェニックス    1
トロイメアゴブリン    1
トロイメアケルベロス    1
ライトロードドミニオンキュリオス    1
サモンソーサレス    1
ヴァレルソードドラゴン    1
ファイアウォールドラゴン    1

【サイドデッキ】15    
ドロール&ロックバード    1
浮幽さくら    2
ハーピィの羽根帚    1
ツインツイスター    1
魔封じの芳香    1
レッドリブート    3
王宮の勅命    1
拮抗勝負    3
無限泡影    1
トロイメアグリフォン    1

 

 

いやぁ、何というか懐かしいカードも多数採用されていて、オリジナリティの高い構築になっていますね。

 

 

以下は芝刈りライトロードのレシピの特徴をまとめてみたものです。

 

 

① 手札誘発系のカードは合計11枚と多め

② 墓地へカードを落とすカードは《隣の芝刈り》に加え、

    《ソーラーエクスチェンジ《光の援軍》等、【ライトロード】系のカードで補うことで、

 墓地リソースを安定して確保することができる。

EXデッキには盤面を返すカードを多数採用。(《励輝士ヴェルズビュート》、《ブラックローズドラゴン》、《氷結界の龍 トリシューラ》)

 

次に、紹介するのが「こんなカード入れるんだ!」と気になったカードです。

他のデッキにも応用が利くかもしれませんので要チェックです!

 

《リバイブル》

SPONSORED LINK
チューナー・効果モンスター
星1/地属性/サイキック族/攻 700/守 300
「リ・バイブル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在し、
自分のエクストラデッキの枚数が相手よりも5枚以上少ない場合、
2000LPを払って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

《緊急テレポート》とも高相性!

 

 

ジェスターコンフィ

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):「ジェスター・コンフィ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):このカードの(2)の方法で特殊召喚した場合、次の相手エンドフェイズに相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。その相手の表側表示モンスターと表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。

→ノーコストで制約も殆どなく手札からSSできるモンスターは何かと重宝します。

 

《ドットスケーパー》

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

このデッキであれば無理なく効果を発動できるでしょう。《サモン・ソーサレス》でリクルートすれば、なにかの素材に2回分の利用することができます。

 

《BF-精鋭のゼピュロス》

効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1600/守1000
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示のカード1枚を持ち主の手札に戻して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚し、自分は400ダメージを受ける。

→レベル4で墓地からの自己蘇生は強力。ほかのレベル4モンスターと合わせて、《励輝士ヴェルズビュート》になったり、レベル3チューナーとで

《ブラックローズ・ドラゴン》になれます。

 

 

 

 

以上で紹介したのはどれも、墓地や手札から特殊召喚することができるカードですね。

これらのカードを使って、《ブラックローズ・ドラゴン》や《励輝士ヴェルズビュート》などで盤面を返したり、

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》ワンキルを決めたりと、柔軟性の高い動きが可能。

 

柔軟性の高さも大事なのですが、このデッキの強みとして挙げられるのは、その貫通性能、すなわち爆発力でしょう。

 

墓地や手札から1ターンに複数回のSSを行う事で、相手の妨害を掻い潜った上で上記の様な巻き返しやワンキルを行うことができます。

 

※うぅん。それにしても《ヴァレルソード・ドラゴン》が登場してからというもの、「1ターン中にSSできる回数=ワンキル性能」みたいになってきてゲームの多様性が失われているような気もするのですが…。

 

この様な爆発力の高いデッキが強いという事実もありますが、一方で【閃刀姫】【オルターガイスト】の様に、ジワジワアドバンテージを稼ぎ、隙あらば大ダメージを与える様なデッキも活躍しているので、

 

見方によってはゲームバランスが取れている環境と考えることも出来るかもしれません。

 

いずれにせよ《隣の芝刈り》を採用したノイド以外のデッキという事で、覚えておいて損はないでしょう。

 

以上、芝刈りライトロードと今週のデッキランキングでした!

SPONSORED LINK

 

コメント1件

  1. 匿名 より:

    ぜひ芝刈りモリンフェンを組んでもらいたい!

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

サイト内検索
人気の記事
専門家のブログ
【カオスMAX】
  History is his story
【彼岸】
  おおかみのブロマガ
【メタビート】
  禁じられたメタビート
【六武衆】
  リークの六武ログ
相互リンク
最近の投稿